ありがとうございました、飯島たま個展「ヒカリユラリ」は無事終了いたしました

f0211463_1913132.jpg
f0211463_1915556.jpg
f0211463_19151581.jpg
f0211463_19152855.jpg
f0211463_19153893.jpg
f0211463_19155817.jpg
f0211463_1916976.jpg
f0211463_19161819.jpg
f0211463_19162856.jpg
染織家 飯島たまさんによる個展「ヒカリユラリ」展」。

おかげさまで本日無事終了いたしました。


例年よりも早く、今年は飯島たまさんの個展となりました。

だんだんと涼しくなってきたかなと思っておりましたが、

たまさんの個展期間中は、ちょっぴり残暑の気配が顔を覗かせるようなお天気が続きました。

その気候と比例するように、

ウールも気になるけれど、今だったらオーガニックコットンかなあということで、

そのふわふわの肌触りを楽しまれていくお客様が多い今回の展示でした。


やっぱり染織の展とあってか、実際に染織をされていたり、

そこに近しいお客様も期間中は多く、ついつい色々と話し込むことも。

最終日の今日も色んな方とお会いできた日でした。

ありがとうございました。


飯島たまさんの個展も今年で三年目。

今回は二日目の21日から三日間、

山梨からお越しくださり、お客様をお迎えしてくださいました。

たまさんの柔らかでしなやかな佇まい。でも根っこはしっかりと張っている。

お茶目でチャーミングで誠実なお人柄だからこそ、

初めて会うお客様も構えずに、とっても自然な空気の中で会話が始まるのでしょう。

そして、去年も書きましたが

巻物たちの生みの親であるたまさんが持つ、曇りのない愛情や信念。

作品を産み出した人だけが持っている真実の物語は、

意図しなくても、見るお客様には伝わっているのだと私はまた実感しました。


三回目の個展は、今年の春のはじめに大雪に見舞われた山梨から始まり、

北欧フィンランドの旅によって昇華され、そして研ぎ澄まされ、

その心の隅々まで送り込んだものが作品たちに宿って、京都にやって来ました。

そう私は思っています。

こんなにも心の在り様というか、宮沢賢治の言うところの心象スケッチということかもしれませんが、

それを染織という手法で表現することができるのか、と

本当にもう、届いた作品を初めて箱から出して手にした時、心の震えるような感動を覚えました。

そこには宇宙のような、無限の美しい世界が広がっていたからです。

それは今回タッサーシルクとリネン、そしてウールの巻物に見ることができたと思います。

間違いなく飯島さんは素晴らしい表現者です。

今回、新しい扉をまた一つ開いて次の世界へと進まれている、

そういったターニングポイントの展示となった気がします。

それを今回間近で見ることができて本当に幸せでした。


と同時に、やはりたまさんの美しさや素晴らしさを知って頂くのであれば

紡ぎ染め、そして織りの仕事がいかんなく発揮される巻物、

それを思い切り楽しめる秋から冬の終わりの季節に展示を行いたい、と改めて思った次第です。

来年の開催予定はまだ未定ですが、

また次に再会する時、どれほどの美しい世界で私たちを魅了してくれるのだろうと楽しみで仕方ありません。


それにしてももっともっとたくさんのお客様に触れて頂くには、あっという間の会期でした。

申し訳ありません・・・。

私の写真などでは、たまさんの巻物の素晴らしさはお伝えできるものではなかったです。

ですので、たまさんは、この後地元山梨でも個展を予定されています。

バッグがメインというお話でしたが、巻物もお出しになることと思います。

お近くの方は是非お出かけになってみて頂いて、

どうか実際のお品をその目で見て、触れてくださいね。


今回の展に足を運んでくださったすべての皆さま。

そして飯島たまさん。

本当に本当にありがとうございました。

心から御礼申し上げます。


明日からは展示入れ替えのため、しばらくお休みとなります。

休み明けは常設展示が始まりますが、今月は出張のため営業日がとっても少ないので、

どうかホームページのほうに載せてあります営業予定をご覧になって、

お出かけの予定を立てて頂ければと思います。


◎個展で並んでいたお品につきましては、一部ですが引き続き取り扱わせて頂きます。
◎ご注文、お取り寄せなども可能な限りご相談に乗りますので、まずはお気軽にお尋ねください。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-28 20:21 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

入荷 山梨すず竹細工米砥ぎ笊..
at 2017-05-28 22:47
入荷 小野陽介さんのプレート..
at 2017-05-26 23:48
定休日変更のお知らせ
at 2017-05-24 00:49
平野日奈子、橋本晶子二人展フ..
at 2017-05-24 00:46
入荷 鹿児島白竹細工の平型の..
at 2017-05-24 00:41
5/20(土)は山口県からの..
at 2017-05-20 21:32
入荷 大分白竹細工の大きめの..
at 2017-05-20 12:49

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧