企画展「きれいに暮らす」の舞台裏 小塚晋哉さんの工房へ②

f0211463_16292389.jpg
①からの続きです。角皿制作風景。


縁の部分を粗く彫り終わったら、もう少し丁寧に彫っていきます。

この時はぐいぐい刳りとっていくのではなく、手と鑿(のみ)だけで少しずつ彫り進めていきます。
f0211463_16294228.jpg
f0211463_1629563.jpg
f0211463_16301388.jpg
f0211463_16302568.jpg
f0211463_1631176.jpg
f0211463_16311363.jpg
f0211463_16312584.jpg
f0211463_16322839.jpg
f0211463_16324177.jpg
f0211463_16325396.jpg
同じような写真ばかりでごめんなさい・・・。

ただ、このように全体を通して、淡々と地道に進めていく作業が多いので、

根気が必要だなあということをいつも感じます。


だいたい縁が仕上がったら、次は裏返して皿の底と側面の裏側を。

鉋をかけで仕上げています。

側面が4面、底が1面と、鉋がけが必要なのは5箇所ほどです。
f0211463_16354626.jpg
f0211463_1636146.jpg
f0211463_1636147.jpg
f0211463_16362324.jpg


縁の外側と裏面の大まかな工程はだいたい終了しました。
f0211463_16453772.jpg
ここまででおよそ5時間といったところでしょうか。

この後に、皿の中心部分と細かな部分を含めた全体の仕上げ、オイルの刷り込みと続きますので、

やはりあと5時間くらいの作業時間が必要です。

手作業だけの工程はこの大きなLLサイズの角皿で換算する、10時間前後かかるという計算です。

(もちろんつくり手さんによって制作に要する時間は違ってきますよー)


機械で大きな材から小さいサイズにカットしていく作業はまとめていっぺんにできますが

手作業部分は、一枚ずつ作業していかないと制作できません。


なんという労力。

もちろん今回紹介した木の器だけでなくて、

陶器や磁器の作家さんたちの器も同じように、

それぞれのつくり手さんが試行錯誤を重ね、力を注いで、器たちは出来上がっていきます。

「作家さんもののお値段って高くないですか・・・?」と時々尋ねられるのですが、

もちろんこういった手間なども含みながら、お値段というものが決められるのですが・・・。


今回の記事からは話がそれてしまいますが、ちょっとだけ触れておこうと思います。

作家さんものに対する品として挙げられるのは、

一般的に広く販売されている量産品、大量生産品と呼ばれるものだと思います。

民藝の窯元さんのものもこちらに入れるのではないかと思いますが

イメージするのは雑貨メーカーさんや陶器メーカーさんの器などですね。

こういったものは、もともと商品の企画段階から、

どんな客層に向けて作るのか?テーマは?デザインは?などリサーチやマーケティングがあって、

ターゲットのお客さま層のライフスタイルなどに合った価格で作れるよう、材料の素材を選定し、

量産するための工場での生産効率などなど、

たくさんの細かなことを設定した上で生産され、普及しています。


それに対して、作家さんものというのは、

ぞれぞれのつくり手さん、一人一人が「こういう器が作りたい」と考え、

そういった器が出来上がるように目指したものです。

量産品と違うのは、

作家自身が「こんなふうにしたい」と考える器の佇まいや風合い、表情を追い求めて

それを形にするために土や釉薬、木であれば樹種を選んだり探したりします。

もちろんある程度まで効率を考えながら進めていける工程もありますが、

労力を惜しんだり、手間暇を惜しむような制作をベースとはしていない作家さんがほとんだと思います。

昔からの制法にこだわって、敢えて時間がかかるやり方を選ぶ人。

主人のような木工の器ですと、機械でも出来るところを

それぞれの鑿や彫刻刀の道具で彫り、彫り方を工夫してこだわってみたり、

陶芸などでしたら、遠くまで土を彫りに行く人もいますし、それで粘土から作る方もいらっしゃいます。
f0211463_1813730.jpg
f0211463_1814832.jpg
人それぞれのモノづくりに挑んでいるので、

効率を第一に考えたり、たくさん作ったり、たくさん売っていくというところから出発してはいないのです。

量産の品々がモットーにするのは

「いろんな方が手に入れやすい値段で、幅広いお客様に買って頂いて使ってもらおう」というところ。

量産の品々と、作家さんものとでは、その点において違いがあるのだと思います。


作家さんたちが作ったものは、量産品に比べると

「ちょっと高いかな」と感じることもあるかもしれませんが

手間や労力を振り返ってみると、

それに釣り合うような値段で値付けされているものはほとんどないでしょう。

儲けるという言葉からはかなり縁遠い・・・。

(もし手間の通りにつけてしまったら、とても買ってもらえるような値段ではなくなってしまうもののほうが多いと思います。)


ただ、やはりこのように手仕事によってや暮らしの品々を作ることを生業とし、

こだわり続けるつくり手さんたちの思い。

できる限り手に取ってもらえる範囲の中での値段をつけ、

自分の「作品」を選んでほしい。

暮らしの中でできるだけ長く使って頂きたい。


小鉢一つだったり、パン皿一つだったりとだけで見ると「ちょっと高いなあ」と思うかもしれませんが

そこに込められているのは、つくり手たちの思いや心、情熱そのもので、

それに対してのお値段もそこには含まれているのだなあと思って頂けたら嬉しいです。
f0211463_18233977.jpg
(結局長くなってしまった・・・反省です。)
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-04-20 18:00 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 22:06
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 13:42
明日6/18(日)は「京都北..
at 2017-06-17 21:51
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-17 21:46
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-16 21:18
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-15 17:49
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-13 20:57

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧