「小川麻美×叶谷真一郎 陶展」の舞台裏 作家さんご紹介 叶谷真一郎さん 

■お知らせ
「小川麻美×叶谷真一郎 陶展」準備のため、次の期間はお休みとなります。

3/15(火)~18(金) 展覧会準備につきお休み(3/19(土)から営業します)

申し訳ありませんがメールへの返信や電話対応もこの間はお休みとさせて頂きます。
お送り頂いたメールは受信されますが、メールチェックは営業再開後となります。
ご返信につきましては3/19(土)以降、頂きました順にお送りいたしますのでご了承ください。
ご不便をおかけしますが、皆さまどうかどうかよろしくお願い致します。


続いてご紹介するのは、叶谷真一郎さん。

神戸市北区で制作をされていらっしゃいます。
f0211463_1455491.jpg
「流行に追われずに、自分が良いと思う器を。」

シンプルですが、潔い言葉とそして心意気。


叶谷さんとお話ししたり、奥様の尚子さんを通じてメールをやりとりしていると

たびたび「普通の」という言葉が出てきます。

今回も、「幅広く、普通の良いとおもえる器を」ということもおっしゃっていました。

自分が良いと思う器、普通の良いと思える器。

当たり前のことかもしれませんが、たくさんの人がいる分、たくさんの普通があって、

そのたくさんの「普通」に応えようとするって・・・難しいことですよね。

でもそこを大切にしたいというところに、

叶谷さんの潔さ、ごまかしなくとことん誠実にやる姿勢を、静かに感じます。


叶谷さんの器は、本当に飽きが来ないというか、

私自身も毎日の食卓に載せる器では、叶谷さんのものを何かしら手に取っています。

器のシルエット、丁度いいサイズ感、形。

普段のお料理を、ますます魅力的に美味しく見せてくれるのが叶谷さんの器だなあとつくづく。

f0211463_14561952.jpg
・叶谷真一郎さんの定番 鎬シリーズ

今回は、いつもの人気の鎬シリーズも多めに送ってくださっています。

鎬の稜線にすっと浮かび上がる土の表情がたまりませんね。


また、鉄点やひび模様の貫入が古びたような佇まいの灰粉引、つややかで深い飴色が美しい飴釉。

乾いた質感でやはり古い器のような濃い茶色や黄土色が、緑色の食材を鮮やかに見せてくれる来待釉。

どれもやはり普段の定番選手のうつわたちですね。
f0211463_1459587.jpg
・叶谷真一郎さんの定番 来待や灰粉引の鉢や蕎麦猪口、コーヒーカップなど

そして今回は、三島手といって独特の紋様を入れた美しい器が新作です。
f0211463_150583.jpg
三島手は、器の素地に彫文や引花(スタンプ)で模様を入れ、

素地と違う色の土を溝に入れて拭き取ることで、紋様を作る技法のことです。

つくり手さんによって色んなデザインがありますが

叶谷さんの三島は、どこかオリエンタルな雰囲気も漂う紋様に仕上がっています。

器自体も渋く柔らかな灰緑色で、和洋問わずサラダ、煮物、フルーツなどにもおすすめですよ。


久々に叶谷さんとお付き合いが始まった頃の写真を見ていましたら、日付が2012年でした。

もうそんなになるのかと、ちょっとびっくり。

あれから何回もお会いしていますが、初めて工房に寄せてもらった時はこんな感じでした。
f0211463_1512858.jpg
f0211463_1513724.jpg
f0211463_157236.jpg
ああ懐かしいです。

そして行く度に、叶谷家の愛犬ハチの写真ばかり撮ってしまう私。
f0211463_1515034.jpg
きりっとしたお顔も可愛いのよね^^

お二人の日々になくてはならぬハチなのです!


明日の二人展初日の3/19(土)、11時頃から在廊してくださいますよ。

奥様の尚子さんもご一緒にいらしてくださいます^^

お喋りは苦手・・・とおっしゃるお二人ですが、いえいえ。

ふとしたことで色々とお客様と話込んでいるお姿もよくお見掛けします^^

皆さん、ぜひご遠慮なくお話していってくださいね!

「小川麻美×叶谷真一郎 陶展」、いよいよ明日からです。

ああ緊張してきました・・・

どうか皆さんお越し頂けますように・・・!
f0211463_153109.jpg



叶谷 真一郎(かのうや・しんいちろう)
略歴

1971年 京都府長岡京市生まれ
1998年 京都伝統工芸専門校卒業後、丹波立杭焼窯元で修行
2003年 奈良市内で独立
2007年 神戸市北区に自宅兼工房を移築
2010年 イベントに出展し活動開始


---------------------------------------------------------------------------------------------
テノナル工藝百職 早春の企画展
小川麻美×叶谷真一郎 陶展
2016/3/19(土)-28(月)
11:00-18:00 ◎最終日3/28(月)のみ17:00で終了
*作家在店日 3/19(土)
※準備・片付けのため3/15(火)-18(金)、3/29(火)-4/1(金)はお休み
※展示期間中は3/23(水)がお休み

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-18 15:09 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齊藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新の記事

入荷 青森根曲竹細工の楕円椀..
at 2017-04-23 18:50
入荷 叶谷真一郎さんの銅鑼鉢..
at 2017-04-22 23:15
入荷 桐箱作家 尾崎祥太郎さ..
at 2017-04-22 22:49
4/22(土)は山口県からの..
at 2017-04-21 22:15
作家さんからのご案内 はしも..
at 2017-04-21 22:09
入荷 莊司晶さんの落し蓋が各..
at 2017-04-21 01:00
入荷 山梨すず竹細工のうどん..
at 2017-04-20 20:01

最新のコメント

コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25
こんばんは「旅」ちゃん可..
by ゆきみ at 23:02

検索

画像一覧