「まいにちの台所」展の舞台裏  作家さんご紹介 勢司恵美さん(真竹細工)

■お知らせ
企画展「まいにちの台所」準備のため、次の期間はお休みとなります。
4/19(火)~22(金) 展覧会準備につきお休み ※4/23(土)から営業します
申し訳ありませんがメールへの返信や電話対応もこの間はお休みとさせて頂きます。
お送り頂いたメールは受信されますが、メールチェックは営業再開後となります。
ご返信につきましてはメールを頂きました順に、4/23(土)以降にお返しして参りますのでご了承ください。
ご不便をおかけしますが、皆さまどうかどうかよろしくお願い致します。


f0211463_2059267.jpg
こんばんは。

本日の営業も終え、明日からは企画展「まいにちの台所」の準備が本格的に始まります。

今回は7名のつくり手さんが参加してくださるということで、

並ぶお品物の種類もかなり賑やかになりそうな・・・

展覧会用のお品物たちは、明日着の予定で届くこととなっているのですが

茨城県で真竹細工をされていらっしゃる勢司恵美さんから

ちょっとだけフライング気味でお品物がご到着。

お電話をすると「うわー、日付間違えてました!」とのこと笑

いえいえ、遅れるよりは早いほうがこちらは助かります!

ということで、勢司さんから届いたお品、一足早くご紹介させて頂きますね。


今回、勢司さんには椀籠をメインで、とお願いしておりました。
f0211463_20575573.jpg
f0211463_2058657.jpg
楕円型の大小サイズ。

f0211463_20582058.jpg
f0211463_20583394.jpg
そして丸型の大小サイズ。

すっきりと大きめの六つ目編みが清清しい拵えです。

我が家で使っているのは、勢司さんの椀籠です。

ぬれたままでいる時が多いのでどうしても黒ずんだりしますが、

その度にごしごしとたわしやブラシで洗うのも楽しいものです。

それぞれ2~3点ずつのご用意です。好きな形、サイズをお選びくださいね^^


お次は「味噌漉し」と呼ばれる笊は、
f0211463_20594767.jpg
5寸(およそ15cm)、6寸(およそ18cm)、7寸(およそ21cm)の、三サイズ揃っています。
f0211463_2171959.jpg
入れ子にもなりますよ!

この味噌漉し笊は、大分の竹細工でもよく見られるもの。

茨城県出身の勢司恵美さんですが、竹細工は大分県別府市の竹工芸訓練支援センターで学ばれました。

卒業後は、地元の茨城県に戻られましたが、

大分で学んだ技を生かしながら、

茨城県に伝わる竹細工と大分の竹細工を融合させ、作品を作っていらっしゃいます。

味噌漉し笊はもともとは味噌を漉すためのものでありますが、

そのほかにも切ったお野菜を入れておいたり、食材を入れて洗ったりと、万能な笊。

活躍度の高い台所道具、持ってて間違いなしです。


次は「うどんふり」。麺類を水切りする便利な笊です。
f0211463_210265.jpg
よくラーメン屋さんなどでも見られますが、ああいう道具も昔は竹で作られていたんですよ。
f0211463_21046100.jpg
これから夏に向けて麺類が食卓にのぼることも増えていくと思いますが、

こんな雰囲気のある道具があると、かなり役立ちそうですよね。
f0211463_211263.jpg
柄の部分と笊の部分が、竹釘を使ってつけられています。

修理の際、取り外しやすいようにとの工夫でもあります。


f0211463_2132272.jpg
そしてそして勢司さんの定番とも言える鍋敷きに、

もう一つは初めて送ってくださいましたが、青竹をくるりとリボン結びした箸置きも。
f0211463_2133532.jpg
なんとも愛らしい。


そして最後は「たらし」と呼ばれる籠。
f0211463_2135130.jpg
しっかりと水切りできる底の四つ目編みが整然と美しいです。
f0211463_2141744.jpg
勢司さんによると、大分時代に職人さんに教えてもらった形だそうです。

魚に塩を振って置いておいたり、野菜の水を切ったりするのに使います。
f0211463_2173684.jpg
四角い形で、今の台所道具で言うとバットみたいなものでしょうか。
f0211463_2143483.jpg
f0211463_2145544.jpg
とても通気性が良いので、パンかごとしてお使い頂くお客様も多いですよ、と勢司さん。

今回見て頂きたいのは、さすが竹細工訓練センターで修行を積まれただけある、

勢司さんの仕事ぶりの丁寧さです。

竹を割り、また割って、また割って。材料に合った、手頃な幅にしていきます。

そして、竹をへぎ、ひごの幅、厚みを揃え、角の立っている部分を面取りする。

そしてつくられた「ひご」の一本一本がとても美しいのです。

割るだけだって苦労な作業だろうに、ひご一本一本にまで

こんな細やかな下ごしらえをするなんて・・・できます?私には到底無理だなあ・・・

でもひご一本一本が美しいからこそ、編まれて出来上がった籠や笊たちも際立つますますの美しさ。

年季の入った熟練のおじいちゃんたちの手仕事とはまた一味違った、

勢司さんの手技の冴え、凛とした女性らしさも漂う美しさを、ぜひ見て頂けると嬉しいです。


f0211463_21754100.jpg
勢司さんに初めてお会いしたのは、

宮崎県の伝説的な竹細工職人「廣島一夫」さんの展示が、2012年に近江八幡で行われており、

その展覧会へ出かけた時。

廣島さんを慕う若い竹職人さんが、展示期間中、実演などを行っておられたのですが

その若い竹職人さんの中に、勢司恵美さんがたまたまいらっしゃいました。

そこで販売されていた、彼女の手がけた椀籠は

今まで見たどの椀籠とも違う、柔らかな曲線とすっきりとした佇まいの真竹の椀籠がとっても素敵で、

いたく気に入って自宅用に購入させてもらいました。
f0211463_2181967.jpg
その際に勢司さんとも少しお話させてもらったのですが、

「矛盾のないものづくりをやっていきたいんですよね」と、

さらりと、でも断固とした口調でおっしゃっていた姿が今でも忘れられません。
f0211463_211197.jpg
現状とひたすら闘い続けること。

簡単には行かないことですが、でもそれが未来を切り拓き、

竹細工を未来に繋げる道であると、私も思います。


勢司恵美(せいし・えみ)
略歴
1978年生まれ
2008年 大分県別府市の竹工芸訓練支援センターにて竹工芸を学ぶ
2009年 卒業と同時に独立。別府竹細工は油ぬきという処理をした竹を用いた繊細な花かごや現代の生活に合うクラフトが主流だが、山で伐った竹そのままを用いる昔ながらの荒物を志す
2010年 今失われつつある地元の荒物にも目を向けなければならないという思いから、湖と田畑の広がる地、茨城に戻る
現在、籠つくりの日々を送る

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-04-18 21:24 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

大切なお知らせ ブログからI..
at 2017-08-25 21:40
入荷 近藤康弘さんのマグカップ
at 2017-08-13 16:47
入荷 近藤康弘さんの銅鑼鉢
at 2017-08-12 20:51
入荷 近藤康弘さんの白釉の湯呑み
at 2017-08-12 16:34
入荷 近藤康弘さんのオーバル皿
at 2017-08-11 18:49
臨時休業のお知らせ 8/7(..
at 2017-08-07 11:50
8月WSのお知らせ 「岡悠さ..
at 2017-08-04 11:01

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧