働くうつわとかご、楽しむうつわとかご展の舞台裏 届いたものをちらりと…その2

◎平野日奈子さん、橋本晶子さんの二人展準備中のため6/9(金)まではお休みです。


ギリギリですが、届いているお品をもう少し紹介しておきますね。
f0211463_220170.jpg
昨日届いた平野さんの荷物を開けると、作品と一緒にお菓子も包まれていました。

彼女の暮らす岐阜の菓子舗「恵那寿や」さんの和菓子‘おかさぎ’。

せっかくなのでひとやすみのお供に。

平野さんのコバルトの蕎麦猪口に、お茶のおかわりは粉引の片口に。

橋本さんの蕎麦笊をトレイに見立てて。
f0211463_2202927.jpg



続いては、これからの夏、冷たい麦茶や水出しのお茶をサーブしておくのに便利。

平野さんの定番の、粉引の蓋つきピッチャー。
f0211463_2212151.jpg
去年11月の個展には出されませんでしたが、この季節に満を持して久々登場。

なんだか堂々として見えます。

良い鉄点も現れていますね。

マグカップ類も、いつものサイズに大サイズ、蓋つきマグなどもずらっと。


そして平野さんからは豆皿もいろいろと。
f0211463_2213660.jpg
正方形、長方形、木瓜、菱形の変形、梅花、楕円。

定番もあれば、新作も並びますよー。

小さなおかず用に。

薬味用に。

菓子皿にも。

何枚持っていても、ついつい手にとってしまう愛すべき存在◎


もちろん橋本晶子さんの作品もご紹介。

筒型の小さなおぼけ。
f0211463_2215964.jpg
壁に掛けてみました。

もともと漢字で書くと「苧桶」。

苧は、麻の種類の一つ「からむし」のこと。

苧の桶…つまり、麻で紡いで出来上がった糸を入れておくための容れ物なのです。

百職でお世話になっている染織作家さんが、

せっかく紡いだ糸を入れておく籠ならこの橋本さんのがほしいと、「おぼけ」を注文してくださっています。

筒型に作られているものは珍しいと思います。

小さめのサイズなので、テーブルや机の上に置きやすくて良いです。

おぼけだけに、糸偏関係の作業…洋裁や編みもの際に、

布や毛糸、やりかけのものなどを仕舞っておいたら絵になりますね。

もちろんどんな用途にも、いい具合のものがあれば収納としてなんでもお使いくださいね。


次は橋本晶子さんの作られた、すず竹の豆腐籠。
f0211463_2221731.jpg
以前橋本さんはブログでも「なり集中力を要するので、あまり数を作ることができない」

と書かれていらっしゃいました。

というのも、この豆腐籠には岩手すず竹細工たくさんの編組技術が組み込まれています。

取っ手と脚の六ツ目編み、胴体はござ目編み、縁にはの矢筈巻、取っ手には籐巻きを。

脚や取っ手をつけるのも技術がいります。

この籠を編むことで職人としての鍛錬にもなるのだそうです。

昔の人はこの籠を持って、豆腐を買いに出たそうです。

脚つきなのは、豆腐の水切りのため。

持ち手もありますから便利ですよね。

今でしたらこうしてカップなどをサーブしておくのにも良さそうです。

今回の豆腐籠は可愛らしいサイズなので、たくさんは置けませんが気にいった物を少しあしらってみては。

蕎麦猪口は、平野日奈子さんのものですよ。

彼女にしてはとても珍しい、御深井の蕎麦猪口。

どっしりとというより、薄手に挽かれているので枯淡な風情の御深井に仕上がっています。

見込みには貫入が現れていて、好みが分かれるかもしれませんが

肩の力の抜け具合の良い蕎麦猪口に仕上がっていると思います。

とても好ましい佇まいです。


前庭の柏葉紫陽花が見頃というか、かなり背高のっぽで咲いていますので、ばさりとやって店内にも。

明日ももちろんご覧になって頂けるはずです。
f0211463_2224750.jpg
最後にご紹介するのは、橋本晶子さんの一本手の手提げ籠。

一尺サイズですので、横幅およそ30cmとなります。

いろいろな色合いのすず竹が使われています。

自然美を、人の手で再構築したとでも言いましょうか。

マチもしっかり取ってありますから、容量もかなりたっぷりで、あれこれ入れて頂けますよ。

この竹たちの色が、いずれゆっくりと時を経て変化していくのも、

この籠と付き合っていく大きな楽しみの一つではないでしょうか。

一点しかありませんが、佳き方とご縁ができれば嬉しいです。

ではあと数時間後、皆さまとお会いできるのを楽しみにしています◎

--------------------------------------------

「働くうつわとかご、楽しむうつわとかご」
陶・平野日奈子 竹・橋本晶子 二人展
2017/6/10(土)-18(日) 作家在廊日⇒平野さん、橋本さんともに6/10(土)
11:00-18:00
◎最終日6/18(日)のみ17:00で終了

※展示期間中は6/14(水)のみお休み
※6/8(木)-9(金)は展示準備のためお休み
※展示片付けのため6/19(月)-23(金)はお休み

[PR]
by kougeihyakushoku | 2017-06-09 22:13 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

<WS開催による臨時休業・夏..
at 2017-08-31 18:00
大切なお知らせ ブログからI..
at 2017-08-25 21:40
入荷 近藤康弘さんのマグカップ
at 2017-08-13 16:47
入荷 近藤康弘さんの銅鑼鉢
at 2017-08-12 20:51
入荷 近藤康弘さんの白釉の湯呑み
at 2017-08-12 16:34
入荷 近藤康弘さんのオーバル皿
at 2017-08-11 18:49
臨時休業のお知らせ 8/7(..
at 2017-08-07 11:50

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧