カテゴリ:清水 善満( 6 )

入荷 清水善満さんのござ目と四つ目編みの四角いトレイ

f0211463_1550636.jpg
こんにちは。

今日の土曜日は、今のところゆったりめに時間が流れております。

もちろんお店としては忙しいほうがいいのですが、

でも今年は去年よりもどたばとしていて、

例年ならこなせていた仕事が、今年はいろいろと溜めてしまっていて、

あとどれくらいあるのか、確認するのが怖いほど・・・。

もうすぐ展覧会も始まるので、時間は有効に使わないといけませんね!


さて再入荷しているお品が幾つかあるのですが、今日はとりあえずこちらを。

前回初めて入荷した際に、すぐに売切れてしまった清水善満さんの竹のトレイが再入荷しています。

今回は前回B5サイズだけだったのを、A4サイズも作って頂きました。

f0211463_15503247.jpg
清水善満さんのござ目と四つ目編みの角型トレイ
手前/B5サイズ 4,900円(税別) 
奥/A4サイズ 5,500円(税別)


トレイとして使ったり、パン用のトレイとしてもいいですね。

もちろん整理整頓にもぴったり。
f0211463_15504334.jpg
A4の紙を入れてみると、こんな収まり具合です。

シンプルな形なので用途も広く、どんなシーンでも使って頂きやすいアイテムです。

ただ残念ながら、このトレイを作るのに向いた材料を手に入れるのがかなり難しいそうで、

こちらのトレイは今回入荷分を最後に廃盤にされるとのこと。

気になる方はお早めに見にいらしてくださいね。


見ている側としては名残惜しいですが、

つくり手さんとすると、しばらく作り続けていくと、

「これは長く作り続けていくのは難しい」と

つくり手さん自身が判断せざるを得ないアイテムというのも出てきます。

いろいろな工夫を重ねながらも、いかにロングライフな物を作っていくというのが難しいことか、

上手くいかなった時にもまた、つくり手さんの思いや制作姿勢のこだわりが

そこから伝わってくる瞬間があります。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-10-01 15:55 | 清水 善満 | Comments(0)

入荷 清水善満さんのござ目編みと四つ目編みの四角いトレイ

f0211463_18391675.jpg
こんにちは。

久々の蒸し暑さに、エアコンをつけようかつけまいか迷っているうちに一日が過ぎようとしています。


そんな暑い日にちょっと涼しげな雰囲気を運んでくれそうな、

竹の編組細工のしかくいトレイを今日はご紹介しますね。
f0211463_18425581.jpg
清水善満さんのござ目編みと四つ目編みの角型トレイ 4,900円(税別) 

先日は竹のパン皿でもご紹介した尼崎の竹細工職人 清水善満さんより、

やはりパンつながりということで、今度はもうちょっと多めのパンを盛って頂くのにぴったりの

トレイを作ってくださいました。

ここにこんもりとほかほかのパンを盛り付けて、食卓の真ん中に置いて頂いたら

あっというまに平和な食卓の風景の出来上がりです^^

でもこのようにたたんだクロス類を入れておくのにも使えますし、
f0211463_18505634.jpg
デスク周りの整理整頓などにも。
f0211463_18504442.jpg
f0211463_18423611.jpg
サイズ感の目安に入れたのは、おなじみのB5サイズの大学ノート。

キッチンに置いておくにも、リビングに置いておくにもこれならすっきり置けるのではないでしょうか。

これからの季節なら、ここにお茶やお菓子を載せてお盆のように使ってもらうのも素敵。
f0211463_1851133.jpg



真竹を晒して白くした、晒竹を使っていらっしゃるので、

ここから先は少しずつ日に当たって落ち着いた飴色へと変わっていきます。

底部分は細いひごが整然とした印象のござ目編み、

側面は見た目も涼しげな四つ目編みで、市松模様のようになっているのがきれいです。
f0211463_1851287.jpg
f0211463_18513733.jpg
底の裏側には、しっかり支えの力竹も差し込まれているので、
f0211463_18515215.jpg
重さへの耐久性も考えられています。

こんな風に縁が立ち上がっていてトレイ状になっているの籠はなかなか見かけませんよね。

伝統的な形ではなく、作家さんがオリジナルで考えて作られたものだからです。

すっきりと四角い形は、どんな場所にも収まりやすく重宝しそう。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-06-06 18:54 | 清水 善満 | Comments(0)

入荷 清水善満さんの竹のパン皿

f0211463_1351737.jpg
こんにちは。

今日は降水確率0%の晴れのお天気ですが、過ごしやすく気持ちがいいです。

こんな日は合間を見て、すかさず植物の手入れをします。

今日は、雨が降ると重さのために盛大にお辞儀をしてしまう柏葉紫陽花の群れを

通りを塞がないように棕櫚縄を張って整備しました。

大きな花が見事な柏葉紫陽花ですが、うちの路地は細くて狭いので、

こうしておかないと本当に道を覆ってしまうくらいになってしまうのです。

でも旺盛なのは嬉しいこと。

いつまでも見事な花を咲かせてほしいものです。


さてこのところたまっていたいろいろなお品物の入荷連絡。

まずは今は竹細工の季節ということもあって、

いろいろな地方、そしていろいろなつくり手さんからの竹のお品が目白押しです。

今回ご紹介するのは、いわゆる作家さんものの竹細工。

尼崎にお住まいの竹細工作家の清水善満さんより久しぶりの入荷です。

清水さん得意のパン皿です。
f0211463_1353329.jpg
パン皿 各4,800円(税別) およその寸法(cm)径20

白は真竹、黒いのは黒竹を使っています。

底は六つ目編みで、筏差しと言って、

編み目に幅広の材を、模様が出るように差しています。
f0211463_1354756.jpg
黒竹ははっきりと幾何学模様が出ていますし、白の真竹は清清しい印象ですね。

縁は輪弧編みといって、幾重にも重なる編み目が素敵。
f0211463_13614100.jpg
f0211463_1363472.jpg
直径20cmほどなので、少し大きめのパン皿として使い勝手抜群です。

ほどよく水気を飛ばしてくれるので、焼きたてのパンや、焼き直したパンにはもってこい。

そのほかにも蕎麦笊としてもお使い頂けますし、

ちょっとお店のような雰囲気で天ぷらなどを盛り付けて、お客様に出したら喜ばれそう。

清水さんは、京都で竹細工を学んだ方なので、

男性らしいすっきりした雰囲気の中にも、端正な美しい竹細工をいつもお作りになられます。

凛とした佇まいで、夏の食卓に涼やかさを運んでくれますよ。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-06-02 10:20 | 清水 善満 | Comments(0)

新商品:清水善満さんの白竹のコースター 鉄線編み

f0211463_2035483.jpg
白竹のコースター(鉄線編み) 清水善満・作 1,800円 入荷5

兵庫県尼崎市の竹工作家・清水善満さんから、

この季節にぴったりの鉄線編みの白竹のコースターが届きました。

f0211463_20363392.jpg鉄線は初夏の花。

その美しい風情は、

着物の柄などでもよく用いられます。

中国が原産の花で、茎が細く堅いため、

鉄の線=鉄線という名がつけられたそうです。

この鉄線編みは、

編組の基本の一つ「六つ目編み」の変形とされる編み方。f0211463_20373332.jpgf0211463_2038966.jpg














編み目の模様が鉄線の花の形に似ていることからこの名前が付けられたそうです。

白竹の色は使い続けると、やがて柔らかな飴色へと変わっていきます。

涼やかで品のある雰囲気は、大切な方への夏の贈り物にもぴったりです。
f0211463_20354277.jpg

[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-07-07 20:40 | 清水 善満 | Comments(2)

新商品:清水善満さんの竹細工の盛籠 ござ目

f0211463_16154083.jpg
竹の盛籠(ござ目編み) 清水善満・作 7,000円 限定1入荷

昨日に引き続き、兵庫県尼崎市の竹工作家・清水善満さんの新作の盛籠、

今日は「ござ目編み」の盛籠をご紹介。

ござ目編みは、 ござの目のようになるところからついた呼び名だそうで、ざる目編みとも言われます。

ざるなどの台所用品や農具、漁具 などの日用の竹細工の品に広く使われる基本の編み方ですが

縦横のバランスがとても絶妙で、単純 ながら難しい編み方だそうです。f0211463_16163756.jpg

竹の白さが引き立つすっきりとシンプルな雰囲気。

かつ静かな力強さもあるござ目編みの盛籠は、

幅広い世代の方に、竹細工って素敵だな、と

その美しさを感じて頂ける品だと思います。

縁の部分をよく見ると、薄い竹を幾重にも重ね細い籐で巻いた、

当縁(あてぶち)といわれる仕上げがされています。

しかも、当縁の薄い竹が少しずつ微妙にずらして重ねられており、美しい階層を織りなしています。

果物かごや蕎麦ざるとして、

または涼を感じさせる夏のうつわとして、

ガラスのプレートなどを中に敷けば、サラダなども盛り付けることができます。

普段の生活の中にも、工夫次第で様々な使い方のできる美しい良品です。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-03-31 16:19 | 清水 善満 | Comments(2)

新商品:清水善満さんの竹細工の盛籠 麻の葉

f0211463_167196.jpg
竹の盛籠(麻の葉編み) 清水善満・作 6,500円 限定1入荷

兵庫県尼崎市の竹工作家・清水善満さんから、新作の盛籠が2種類届きました。

それぞれ違う編み方の盛籠で、こちらは「麻の葉編み」。

和小物や着物の紋様としてもおなじみの麻の葉模様を、

竹の編組で表現したのがこの「麻の葉編み」です。

f0211463_164619.jpgそもそも麻の葉の模様は、

(左の画像は原由美子さんのコラム「きものの楽しみ」からお借りしました)

古来から魔よけの力があるとされてきました。

また、麻の葉はすくすくと真っ直ぐに成長し、そしてとても強く丈夫であることから、

麻の葉のように育ってほしいという子供への願いをこめ、使われてきた模様でもあるそうです。

竹で編んだ、この「麻の葉編み」は

三角形ががっちり組み合わさった集合体で、とっても丈夫な編み方。

f0211463_1681724.jpgですから、りんごやバナナ、みかんなど

たっぷりと果物を盛っても、

しなやかに重みに耐えてくれるので大丈夫!

美しい編み目は、蕎麦ざるとしてお客様にお出ししても

きっと喜ばれることと思います^^

美しく普遍的な模様を、ざっくりと大らかに編み上げた、

日々の暮らしにも使いやすい良品です。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-03-30 16:17 | 清水 善満 | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
※1/23(月)-3/27(月)の平日営業時間変更のお知らせ
月、木、金…11:00-16:00で営業
土、日、祝…11:00-18:00で営業
火・水定休
(個展期間中、変更あり)
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
3月26日(日)
「さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」
テーマ 未定

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉/こじか木工室
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齊藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
佐々木 惠介
中田 誠
尾崎 祥太郎
内海 仁美
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新の記事

3/20(月・祝)は、所用の..
at 2017-03-20 01:06
入荷 森谷和輝さんの箸置cu..
at 2017-03-17 21:31
入荷 森谷和輝さんのフォール..
at 2017-03-16 15:59
ワークショップ「竹細工職人 ..
at 2017-03-13 23:00
ワークショップ開催のため、明..
at 2017-03-11 23:12
ガイドブック掲載のお知らせ ..
at 2017-03-10 15:46
3/9(木)、10(金)は休..
at 2017-03-08 12:50

最新のコメント

コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25
こんばんは「旅」ちゃん可..
by ゆきみ at 23:02

検索

画像一覧