カテゴリ:奥主 悟( 8 )

陶芸家 奥主悟さんのものあれこれ その4

f0211463_18434549.jpg
酒杯 作・奥主悟 2,000円

なんだか俄に暑くなってきたこの頃。

日中外を歩くと汗が止まりません。

かと思えば台風も近づいているそうで、まだまだ不安定なお天気が続きますね。

明日の日曜の第4日曜百職市では、

現在個展開催中の陶芸家・奥主悟さんのお宅で採れた旬の梅を使った

「梅ジャムの米粉タルト」を限定販売します。

爽やかな酸味が、暑いこの季節にはぴったりです。

そして梅といえばやっぱり梅酒。

f0211463_18451843.jpg今日みたいな日には、梅酒もうつわも

冷たーくして飲むのは気持ちがいいものです^^

そして、奥主さんのこちらの酒杯ですが

例によって、それぞれ様々な形のものばかり。

手に持った時の馴染み方や、

口当たりの薄さなども微妙に違いますので、

それぞれのお好みで「これ!」というとっておきの一つを探してみてください。

口当たりなどを実際試したいという方は、もちろん大丈夫ですので遠慮なく声をかけてくださいね!
[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-06-25 19:06 | 奥主 悟 | Comments(0)

陶芸家 奥主悟さんのものあれこれ その3

f0211463_18593165.jpg
茶碗 作・奥主悟 陶器 2,000円

奥主悟さんのつくるうつわは、

一見してわかるほど、みんな本当にありとあらゆる姿かたちをしています。

特に、今回はこの茶碗類は

比較的直線的なラインのものもあれば、

その時々の様々なゆがみのラインのもの、

釉薬の色の出具合などなど、実に多彩です。
f0211463_18574873.jpgf0211463_18581344.jpg










f0211463_18583661.jpgf0211463_1859515.jpg











土のやきものですから、

f0211463_1901383.jpg磁器に慣れた方にとっては

多少の重みを感じるかもしれません。

しかしその触り心地や、凹凸の感触、

自分の手になじむ形を見つけることが出来た時は、

その使い心地の良さを実感していただけると思います。

様々な形、色、触感など、このたくさんの中から

ご自分の感覚に合う形を、見つけて頂けたら嬉しいです^^

自由自在で奔放な形の楽しい茶碗たち。

なんとなく「自分っぽい」とか「あの人の雰囲気に似ているかも」なんて、

様々なインスピレーションが湧いてきそうです。

f0211463_1904112.jpgf0211463_1905542.jpg
[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-06-20 19:13 | 奥主 悟 | Comments(0)

陶芸家 奥主悟さんのものあれこれ その2

f0211463_2329257.jpg
花留め 作・奥主悟 陶器 1,500円 

まるで不思議なオブジェ。

華道などで使う用具で、花が動かないように支える「花留め」というものです。

写真のように水を張ったうつわに立てたり、花瓶の中に入れたりして

f0211463_23352692.jpg穴の中に花や枝物を挿して使います。

調べてみると目立たない形のものも多いようで、

一方、奥主さんの陶器の花留めは本当にユーモラスな形。

1軒置いたお隣さんの、「町家ギャラリーrico」の

ご店主・りこさんも買って行ってくださったのですが、

透明なガラスの花瓶に、この花留めをぽちゃんと沈めて

花を生けてらっしゃるのがとても素敵でした^^

形はこちらの2種類です。f0211463_23441965.jpgf0211463_23492237.jpg
[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-06-18 23:58 | 奥主 悟 | Comments(0)

陶芸家 奥主悟さんのもの、あれこれ その1

f0211463_17195548.jpg
円窓花入レ 作・奥主悟 陶器 3,000円 

白い円い枠と、

水を入れる小さなうつわから成る、

奥主悟さんの不思議な雰囲気の花器です。

茶室の円い窓のような、と

奥主さん自身、以前何かの時に話してくださいました。

花を活けてみると、器と枠の隙間から覗く向う側の景色も、

この花と花器の造形の中の一つとして見えます。

本当に窓の前に立って、景色を眺めているかのようです。

f0211463_1721151.jpgまた、円というこの形ももとは帯状の板形ですが、

くるりと円くなることで、端と端がつながって

人と人との縁が結びつくようなイメージも、

どこからか湧いてきます^^

穏やかな円みのナチュラルな乳白色の花器は、

あまり年代も問わず、

和洋のどんなインテリアの中にも馴染んでくれると思います。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-06-14 17:25 | 奥主 悟 | Comments(0)

奥主悟さんのはなし

f0211463_16541977.jpg
6月11日(土)~26日(日)まで「奥主悟 陶展-茶道具と器-」の個展をしてくださる

陶芸家・奥主悟さん。

奥主さんは、京都府南丹市の園部町にある農家だった古民家で

家族4人プラス2匹で暮らしていらっしゃいます。

奥様の菜美子さんは、米粉や安全な食材を使ったお菓子やパンを焼いて、

移動カフェや地域のイベントなどに出店されたりしています。

そして二人のお嬢さん。

犬のコクと、ぶち猫のアゲ。

敷地の中に生える梅の木と柚子の木からはたくさんの果実が獲れるそう。

その果実で作った野趣あふれるおいしいジャムは以前いただいてからすっかりお気に入りに。

すぐ隣では、借りた畑を耕して作物を育てるなど、

器作りも農業も、全てが日々の営みの一部。

そんな奥主さんのつくる器は、地面に染み込む水のように

生活の中にすっと溶け込むものばかり。

奇をてらった斬新なものはないですが、どれもごく当たり前の用途の使いやすい器たちです。

ご自身でも茶道をたしなむ奥主さんが、今回テーマにした「茶道具と器」。

お作法で使う水指や抹茶碗などもありますが、ちょっと目線を変えて見てみると

日々の生活の中に違う使い方で取り入れてみても、とても素敵なものばかりです。

「奥主悟 陶展」。お時間ありましたら、ぜひ遊びにいらしてください。

奥様の菜美子さんのブログ「わびすけ堂日記」→http://wabisukedou.blog36.fc2.com/

悟さんについての文章も時折載っています^^

奥主悟 略歴
1975年 茨城県生まれ
1997年 愛媛大学農学部 卒業
2005年 京都伝統工芸専門学校(現・大学校)卒業
2005年 京都府南丹市園部町にて独立 現在に至る


百職からの贈り物/六月
「奥主悟 陶展-茶道具と器-」
2011年6月11日(土)~6月26(日)
11時~19時(最終日は17時まで) 
入場無料
期間中水曜休

[PR]
by kougeihyakushoku | 2011-06-08 17:01 | 奥主 悟 | Comments(0)

陶器市のもの、あれこれ その3

f0211463_18273783.jpg
奥主悟・作 片口 SALE価格1,200円(税込) 限定1入荷

今日はクリスマス・イヴですね。

お店にお越しのお客様も、今日はお二人で連れたってお見えの方がちらほら。

ゆっくりとうつわをご覧になっていた、20代後半くらいのご夫婦のお客様と一言二言お話をして、

ふと「今日はディナーなどをお召し上がりになるんですか?」とお尋ねすると、

「いえ、いつも仕事が忙しくて外食が多いので、今日ぐらい家でのんびり夕飯を食べようかと・・・」と。

そうですね。忙しく日々流れていきますが、このつかの間にほっと息をつくのも

クリスマスの素敵な過ごし方ですね。

今日載せたこの片口のうつわも、なにも特別な日のうつわというわけではありません。

いつでも使えるシンプルな白色、骨董屋さんで見かけるような昔ながらの形の片口です。
f0211463_18265630.jpg
でも、このアクセントの効いた形はとっても面白味があるので、

いつものお惣菜を盛り付けても、どこかのお料理屋さんのような雰囲気を出してくれます。

普段づかいのうつわですが、食卓に洒落たアクセントを加えてくれる、頼もしいうつわです^^
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-24 18:30 | 奥主 悟 | Comments(0)

新商品:素朴な卯の香合

f0211463_18124324.jpg「香合 卯」
作 奥主 悟
5,250円 入荷数:1


昨日、ひょっこり陶芸家の奥主悟さんがお店に遊びに来てくださいました。

コーヒーを淹れ「また一段と寒くなりましたねぇ」と、ストーブにあたりながら、しばし小休止。

飄々とした物腰ながら、陶芸の他にも、学校で非常勤のお勤めをしたり、畑をつくったり。

窯をつくるのも、家を修理したりするのも、できることはとりあえずご自分でやってしまう

頼もしい二人の娘さんのお父さんでもあります。

奥主さんがお住まいの、京都北部にあたる南丹市の山の方では、

この寒さで水道管もいよいよ凍ったとか・・・。

来年の個展のお約束や、展覧会のご参加の話などをしばらくしてから、

おもむろに奥主さんは紙袋を取り出し

「これ、ちょっと途中で買ってきたから、良かったら」と手土産をくださいました。

中には、自然素材にこだわったおかき、ココア味の飴、そして珍しい「梨酢」。

おお~と歓声をあげて「ドリンクにしても飲みやすそうでいいですね~」とはしゃいでいると

「あれえ~」と奥主さんがちょっと狼狽したような声を上げました。

「どうました?」と不思議に聞くと、

申し訳なさそうな表情で「このお酢、賞味期限切れてるわ~」と。

確かに、日付は半月くらい前になっていましたが

「まあ、少しくらい賞味期限が過ぎてても、お酢ならきっと大丈夫ですよ」

と、お酢万能説を主張してありがたく頂くことにしました。

f0211463_18153160.jpg冒頭で紹介した、来年の干支「卯」にちなんだ香合は、

奥主さんが持ってきてくださったもうひとつ手土産です。

滋味のある桐箱の箱書も、奥主さん自身が書いたもの。

枯れた味わいの姿かたちのうさぎですので、目上の方や、少し格式ある贈り物としてもよいでしょう。

中に小さなものを入れられるのでアクセサリーケースとしてもいいでしょうし、

相手の方をイメージしたお香を添えて差し上げても喜ばれそうです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-17 18:18 | 奥主 悟 | Comments(0)

陶器市のもの、あれこれ その1

木曜日から始まった陶器市。

だいぶ寒くなってきたこの頃、

「お客様が誰も来なかったらどうしよう・・・」と小心な私は少し不安でしたが

初日から来てくださったお客様、ありがとうございました!

今日は、最初の土日ですが朝から雨降りで、お店も静かです。

写真は、陶器市のために届いた、奥主悟さんのうつわです。

f0211463_14224222.jpg
奥主悟・作 蕎麦猪口 色:白のみ SALE価格800円(税込) 限定1入荷


奥主悟さんは京都府南丹市の園部という、古い宿場町と山里が残る土地で

奥さんと二人の娘さんの、四人家族でお住まいです。

半農半陶の暮らしを送りながら、生活に必要な食べ物や品物はなるべくご自分たちで作り、

うつわもまた、その暮らしから必然的に生まれたものです。

この蕎麦ちょこも、手びねりの温かい雰囲気がゆったりとしていて

蕎麦ちょこ以外の用途でも自由に使えそうです。

今の季節なら、おしるこなどのあったかいデザートのうつわにどうでしょう。

(豆乳に白玉を浮かべ、最後にきな粉をまぶした「白玉の豆乳きな粉」。お手軽なおやつです^^)

夏なら断然、アイスクリームを盛りたいなぁ。なんて。

こうして、いろいろと使い方の想像を巡らすのも楽しみのひとつですね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-11 14:26 | 奥主 悟 | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齊藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新の記事

入荷 青森根曲竹細工の楕円椀..
at 2017-04-23 18:50
入荷 叶谷真一郎さんの銅鑼鉢..
at 2017-04-22 23:15
入荷 桐箱作家 尾崎祥太郎さ..
at 2017-04-22 22:49
4/22(土)は山口県からの..
at 2017-04-21 22:15
作家さんからのご案内 はしも..
at 2017-04-21 22:09
入荷 莊司晶さんの落し蓋が各..
at 2017-04-21 01:00
入荷 山梨すず竹細工のうどん..
at 2017-04-20 20:01

最新のコメント

コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25
こんばんは「旅」ちゃん可..
by ゆきみ at 23:02

検索

画像一覧