<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

展覧会:百職からの贈り物/一月「お茶碗と玄米ご飯」展

f0211463_21561310.jpg


今年最後のご案内は、

百職の新年最初の展示会のお知らせです。

●1/8(土)~1/30(日)
百職からの贈り物/一月「お茶碗と玄米ご飯」展

(最終日1/30は17時まで)

炊きたてご飯を引き立てる、作家さん達による一点ものの

おいしい顔のお茶碗が集まります!

そして

宮崎県・なのはな村さんの、甘みあふれる合鴨農法玄米の

この秋に収穫したとれたての新米も、今回は一緒に販売します!

とっておきのお茶碗を選んで

自然の恵みの、炊きたてほかほかの玄米を盛り付ける。

人の手によって生まれた道具と食べ物、どうぞ併せてご覧ください^^

*参加作家 十場天伸、髙木剛、守崎正洋、奥主悟、津田友子、川口英利奈(敬称略)
*なのはな村合鴨農法玄米1kg 735円


来年2011年の、月替わり展覧会企画「百職からの贈り物」は

百職から皆さんへの贈り物、

そして、

皆さんの大切な方やご自身への贈り物にして頂けるような品々をお届けする

そんな展覧会にしていきたいという願いを込めています。

皆さんの色んな声を、来年もぜひ聞かせて頂けたら嬉しいです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-29 22:10 | 企画展など | Comments(0)

百職だより、1月号発刊しました!

f0211463_20582861.jpgいよいよ年の瀬となり、なんだかまたぐっと寒さが深まったように感じます・・・

大掃除に追われるこの頃ですが、百職だより最新号の1月号を発刊いたしました!

消しゴムはんこ作家・takatommoさんによる表紙扉の1月号イラストは「福助」。

なんとなく浮遊感のある佇まいがちょっと不思議な雰囲気。

手にとってくださる方に、どうか福を招いてくださいますように・・・


1月号特集~年末年始、贈って楽しい、もらって嬉しい手みやげ5選~
ほか、
・新・定番カタログ「奥主悟さんのゆるやかで温かな稜線のお茶碗」
・奥主さんちのおやつの時間「米粉のホットケーキ ホイップと煮リンゴ添え」
・タカトモのツボ「新幹線乗り場のホームがツボ」
・てくてく手しごと「お正月のごちそうと若狭塗の箸」
・季節の贈り物手帖「鏡開き」


■催しのお知らせ
・1/8(土)~1/30(日)百職からの贈り物/一月「お茶碗と玄米ご飯展」
・1/23(日)「あったかスープとむしゃむしゃ食べたい食事パンの店頭マーケット」 などです。



★「百職だより」を置いてくださっているお店さん

●町家ギャラリーricoさん(京都市北区) http://www.machiya-rico.net/ 
イラスト、写真等展示の他、音楽イベントも行う多彩なギャラリー。オーナー・りこさんのセンスも魅力です!

●ズーセス ヴェゲトゥスさん(京都市北区) http://www.sv-baum.com/
ドイツ菓子マイスター・森美香さんの作る、こだわり絶品バウムクーヘンはぜひぜひ味わってください。

●03slow cafeさん(京都市北区) http://03slow-cafe.com/
もっちり香ばしい手作りピザが大好きです。パティシエ出身のオーナーがお作りになるデザートもおすすめ。

●cafe dining nearさん(京都市左京区) http://blow-works.com/near.html
カフェ+ギャラリースタイルで、ゆっくり寛げます。23時まで営業されてますので、お仕事帰りにもどうぞ!

●恵文社一乗寺店さん(京都市左京区) http://www.keibunsha-books.com/
説明不要の恵文社さんです。本、音楽、アート、生活雑貨など独特のセレクトにたくさんのファンの方がいらっしゃいます。憧れの場所です。何時間いても飽きません。

●喫茶 雨林舎さん(京都市中京区) http://www.geocities.jp/urinsya/ 
看板メニューのホットケーキ。ホットケーキ狂の私が頼むのは、常に二段重ねの「ダブル」。至福のひととき到来です。花も恥らう乙女の方には、一段のみの「シングル」もありますよ。

●cafe火裏蓮花さん(京都市中京区) http://karirenge.exblog.jp/
町家の佇まいと、洋の雰囲気を併せ持った、小さいけれど素敵なカフェです。先日頂いたカプチーノとスイーツ。あまりの本格的なおいしさに絶句。丁寧な仕込みを感じました^^

●MOMI CAFEさん(京都市右京区) http://momi-cafe.petit.cc/
嵐山・二尊院のすぐ門前にある、ヨーロッパの田舎家風の建物がとってもお洒落で素敵なカフェです。店内には、MOMI CAFEさんセレクトの素敵な雑貨も販売しています。

その他、置いてくださっているお店さんは

●コーヒーと定食 つばめさん(左京区)
●GALLERIA NORDさん(上京区)
http://nordkyoto.exblog.jp/i2/
●アンティークベルさん(中京区)http://antiquebelle.com/
●SHELFさん(大阪市中央区)http://www.shelf-keybridge.com/
●うつわ 志ZUKIさん(兵庫県三田市)http://www.eonet.ne.jp/~shizuki/

などです。いつも本当にありがとうございます。

先日は、cafe火裏蓮花さんに初めてゆっくりおじゃましました。
とても居心地良くてすっかり寛いでしましました・・・
写真などは、また近々アップしますのでお楽しみに^^

どこのお店さんもとても素敵です!ぜひ足を運んで頂きたいところばかりです。

百職だより1月号も、どうぞゆっくりとお楽しみください^^
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-29 21:08 | テノナル工藝百職 | Comments(2)

年末年始、1月の定休日などのお知らせ

f0211463_17542252.jpg●年末年始のお休み
12/27(月)~1/5(水)

●1月の定休日
1/12(水)、1/19(水)、1/26(水)

●臨時休業・営業時間の変更
1/30(日)11:00~17:00

クリスマスも終わり、リースやツリーを片付けました。

本日で百職も、年内の営業は最終日です。

年の瀬の忙しい中、お越しくださったお客様、本当にありがとうございます。



そして今日は、11月の百職市でお取扱いさせて頂いた、

静岡の「焼き菓子&マーマレード 杜屋」さんのご店主・守屋さんが、旦那さまと一緒にお越しくださいました。

奈良のご親戚にお祝い事があったそうで、ここにもお立ち寄りくださったそうで、

ですが、まさかまさか、静岡からこの京都の北の方までお越しくださなんて!!

嬉しくて嬉しくて、一人舞い上がってしまいました。

(杜屋さん、もしかしたら少し言動がおかしかったかもしれませんが、どうかお許しください・・・)

短い時間でしたが、励みになるお言葉をたくさん頂き、本当に本当にありがとうございました!

その素敵なお人柄どおりの、素材の天然の持ち味が丁寧に引き出された

誠実なおいしさのジャムやマーマレード、焼き菓子をお作りの「杜屋」さん。

基本的には通信販売のみのお取扱いですので、興味のある方はぜひホームページをご覧ください^^

*「焼き菓子&マーマレード 杜屋」 http://moriya.chagasi.com/
 

今年も様々な方々とのたくさんの出会いがあり、様々な方に支えられ助けて頂きました。

ありがとうございます。とてもお礼を書ききれません。


ものづくりする人、そうして作られた品々、そしてお客様。

人と、品々と、思い。

それらを繋ぐ架け橋として、支えになれるように

お店も自分自身も、来年こそはもっともっと成長したいきたいなと思います。

来年の抱負というか、いつもそうありたいという目標ですけど、

なかなか達成するのは難しいものですね・・・^^;

まだまだ未熟ではありますが、どうか皆さま来年もよろしくお願いします。


ブログは年内にあと少し、更新していきますのでどうかお付き合いください!
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-26 18:01 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

夢の国のクリスマス・ツリー

f0211463_18483626.jpg高校時代の先輩が、千葉県浦安市にある、ディズニーシーで撮った写真を送ってくれました。

まるで絵本や物語に出てくるような、見事な円錐形のツリー!

紫がかったオレンジ色の背景もとてもきれいです^^

子どもの頃思い描いていた、理想のツリーはこんな感じでした・・・

今日はクリスマスの前夜祭ですが、当日よりイヴの方がなんとなく街も華やいでいるように見えますね。

どうか皆さま、楽しく素敵な時間をお過ごしください^^
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-24 19:11 | 日々のはなし | Comments(0)

陶器市のもの、あれこれ その3

f0211463_18273783.jpg
奥主悟・作 片口 SALE価格1,200円(税込) 限定1入荷

今日はクリスマス・イヴですね。

お店にお越しのお客様も、今日はお二人で連れたってお見えの方がちらほら。

ゆっくりとうつわをご覧になっていた、20代後半くらいのご夫婦のお客様と一言二言お話をして、

ふと「今日はディナーなどをお召し上がりになるんですか?」とお尋ねすると、

「いえ、いつも仕事が忙しくて外食が多いので、今日ぐらい家でのんびり夕飯を食べようかと・・・」と。

そうですね。忙しく日々流れていきますが、このつかの間にほっと息をつくのも

クリスマスの素敵な過ごし方ですね。

今日載せたこの片口のうつわも、なにも特別な日のうつわというわけではありません。

いつでも使えるシンプルな白色、骨董屋さんで見かけるような昔ながらの形の片口です。
f0211463_18265630.jpg
でも、このアクセントの効いた形はとっても面白味があるので、

いつものお惣菜を盛り付けても、どこかのお料理屋さんのような雰囲気を出してくれます。

普段づかいのうつわですが、食卓に洒落たアクセントを加えてくれる、頼もしいうつわです^^
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-24 18:30 | 奥主 悟 | Comments(0)

営業時間変更のお知らせ

誠に勝手ながら、下記の通り営業時間の一部変更をお知らせします。

*12月23日(木) 13時から営業いたします。
*12月24日(金) 13時から営業いたします。


ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-23 10:57 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

アンティークオルゴールと蓄音機が奏でる、冬の小さな演奏会が終わりました

f0211463_1953935.jpg昨日、冬の晴れた昼下がりに

アンティークのオルゴールと蓄音機の小さな演奏会を行いました。

大阪・箕面に、アンティークオルゴール等の

自動演奏楽器の修復工房「榎屋」さんを構える、修復職人の橋田隆夫さんにお越し頂き、

アンティークのオルゴールと蓄音機の演奏、

そしてオルゴールの構造や歴史などのお話をして頂きました。

f0211463_19542447.jpg
1900年代初めの古い古い蓄音機(ちょうど調整中の時に写真を撮ったので、構造がよく見えるように中を開けている最中でした)と、
f0211463_19544851.jpg
博物館などで目にしたことがある方もいるかもしれませんが、

円盤型のディスクを1曲ごとに取り替える「ディスクオルゴール」(1900年製)。

この写真の「ディスクオルゴール」は、

扉がしまっているとまるで小さな洋服ダンスのようです^^

そして三つ目は、ハンドルをくるくる回し、中の筒が回るタイプの「シリンダーオルゴール」。

この三つの自動演奏楽器たちが、百職にやって来ました。


12月の半ばという忙しい時期だったためか、残念ながらお客様はごくごくわずかでしたが

その代わり、とても近い距離で楽器をご覧頂けたので、

オルゴールを載せたテーブルに触れてもらって、演奏時の振動を直に確かめることができたり、

蓄音機で聴くレコードのリクエストを自由にして頂けたりと、

期せずして、とても贅沢な演奏会になりました。

ディスクオルゴールのかすかにビブラートを帯びた、深い低音が印象的な音色。その余韻。

蓄音機の、心地よく懐かしいノイズが混じったレコードの歌。

それらが、この百職の町家の天井高くまでとても美しく響いていました。

この季節にぴったりのBing Crosbyの「ホワイトクリスマス」などは、もう本当に極上でした・・・。


f0211463_2041827.jpg特に、私は実際蓄音機を聴いたのは初めてでしたが、

不思議なことに、とても穏やかな気持ちになり、本当に何か身体の芯からリラックスできました。

蓄音機や、古い古いオルゴールをこんな間近で聴けることは中々ないと思います。

まだ味わったことのない方は

次回、演奏会を行うことがあれば、ぜひ一度聴いてほしいです^^

また、オルゴールの修理などお困りごとのある方は、

「榎屋」さんまでどうぞ!

京都の大山崎山荘美術館のオルゴールや、六甲のオルゴール博物館などでも

メンテナンスを任されていらっしゃる、その道ではとても有名な工房です。

*「榎屋」http://www.enokiya.com/
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-20 20:14 | 企画展など | Comments(0)

新商品:素朴な卯の香合

f0211463_18124324.jpg「香合 卯」
作 奥主 悟
5,250円 入荷数:1


昨日、ひょっこり陶芸家の奥主悟さんがお店に遊びに来てくださいました。

コーヒーを淹れ「また一段と寒くなりましたねぇ」と、ストーブにあたりながら、しばし小休止。

飄々とした物腰ながら、陶芸の他にも、学校で非常勤のお勤めをしたり、畑をつくったり。

窯をつくるのも、家を修理したりするのも、できることはとりあえずご自分でやってしまう

頼もしい二人の娘さんのお父さんでもあります。

奥主さんがお住まいの、京都北部にあたる南丹市の山の方では、

この寒さで水道管もいよいよ凍ったとか・・・。

来年の個展のお約束や、展覧会のご参加の話などをしばらくしてから、

おもむろに奥主さんは紙袋を取り出し

「これ、ちょっと途中で買ってきたから、良かったら」と手土産をくださいました。

中には、自然素材にこだわったおかき、ココア味の飴、そして珍しい「梨酢」。

おお~と歓声をあげて「ドリンクにしても飲みやすそうでいいですね~」とはしゃいでいると

「あれえ~」と奥主さんがちょっと狼狽したような声を上げました。

「どうました?」と不思議に聞くと、

申し訳なさそうな表情で「このお酢、賞味期限切れてるわ~」と。

確かに、日付は半月くらい前になっていましたが

「まあ、少しくらい賞味期限が過ぎてても、お酢ならきっと大丈夫ですよ」

と、お酢万能説を主張してありがたく頂くことにしました。

f0211463_18153160.jpg冒頭で紹介した、来年の干支「卯」にちなんだ香合は、

奥主さんが持ってきてくださったもうひとつ手土産です。

滋味のある桐箱の箱書も、奥主さん自身が書いたもの。

枯れた味わいの姿かたちのうさぎですので、目上の方や、少し格式ある贈り物としてもよいでしょう。

中に小さなものを入れられるのでアクセサリーケースとしてもいいでしょうし、

相手の方をイメージしたお香を添えて差し上げても喜ばれそうです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-17 18:18 | 奥主 悟 | Comments(0)

陶器市のもの、あれこれ その2

冬の雨が続いていましたが、今日は窓の格子から、少しだけあたたかな陽の光が室内に差し込んでいます。

寒い季節は、こんなかすかなあたたかさだけでも、なんだかほっとしますね。

今日は、その冬の寒さがぬくもるような赤い洒落たカップをご紹介します。

陶器市で出している、気鋭の若手陶芸家・守崎正洋さんの辰砂釉の長杯です。
f0211463_12372834.jpg
守崎正洋・作 辰砂釉の杯 SALE価格1,500円(税込)※通常3,675円前後 限定1入荷


辰砂釉はその鮮やかな赤い色が特徴。古くは中国で作られ、やがて朝鮮、日本と渡り、

特に李朝時代には、それはそれはみごとな辰砂のやきものが作られました。


守崎正洋さんは修業時代に釉薬の試験場にも通い、学ばれたことから、

深いこだわりを持って独自に美しい釉薬を調合し、

作品を生み出すことに心を傾けていらっしゃいます。

辰砂釉のやきものもお得意で、たくさんの素敵な作品をお作りなのですが、

このセール品になっている長杯は、釉薬の色の出方に満足いかなかったそう。

写真ではわかりづらいですが、確かに縁のまわりがほんのり淡く、まばらな色合いになっています・・・f0211463_12394162.jpgf0211463_12405496.jpg













うーん。しかしながら、普段使いとしては充分すぎるほど素敵!

薄く煙ったような柔らかな赤みも、鮮やかな赤さとはまた違った魅力があります。

どこにもない一点物をお探しのお客様がいらっしゃいましたら、どうぞ、ここにありますよ。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-14 12:47 | 守崎 正洋 | Comments(2)

アンティークオルゴールと蓄音機が奏でる、冬の小さな演奏会

f0211463_14432776.jpg
日時:12月19日(日) 14時開演 ※約40分~50分の演奏予定です。
演奏:橋田隆夫さん(「榎屋」アンティークオルゴール修復職人)
入場無料 定員先着15名様


19日の日曜日に、

小さなアンティークのオルゴールと

古い蓄音機から流れるf0211463_14594972.jpg

定番のクリスマスソングや、ウインターソングのミニ演奏会を行います。

1890年に作られた、珍しいドイツ製のアンティークオルゴールと、

1917年にアメリカのビクター社で作られた、アンティークの卓上蓄音機を

オルゴール修復職人の橋田隆夫さんがお持ちくださいます。

古いオルゴールと蓄音機ならではの、美しく稀有で繊細な音色を

ぜひ聴きにいらしてください^^
[PR]
by kougeihyakushoku | 2010-12-11 14:47 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齊藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新の記事

4/27(木)は都合により臨..
at 2017-04-25 01:36
入荷 青森根曲竹細工の楕円椀..
at 2017-04-23 18:50
入荷 叶谷真一郎さんの銅鑼鉢..
at 2017-04-22 23:15
入荷 桐箱作家 尾崎祥太郎さ..
at 2017-04-22 22:49
4/22(土)は山口県からの..
at 2017-04-21 22:15
作家さんからのご案内 はしも..
at 2017-04-21 22:09
入荷 莊司晶さんの落し蓋が各..
at 2017-04-21 01:00

最新のコメント

コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25
こんばんは「旅」ちゃん可..
by ゆきみ at 23:02

検索

画像一覧