<   2012年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

新入荷:ライフスタイルブランドEBIのEBI CANDLE

f0211463_1984476.jpg
夕方、表に出ると、なんとなく

ほんのりと夕焼けの光が黄色がかっているように見えました。

百職の白い壁も、ほんのり淡いアンバーのような色に。

今日で8月もいよいよ終わり。

惜しむような気持ちが、そんなふうに見せたのでしょうか。


先日はSOAPをご紹介したライフスタイルブランドEBIさんの

今日はキャンドルをお届けします。

f0211463_1911958.jpg
EBI CANDLE 各2,940円
NIPPON、SWEDEN、
NETHERLAND、NEW YORK、 DENMARKの5種類


やはり自然に優しいということをテーマにされているEBIさん。

ソイ(大豆)ワックスで作られたこちらのキャンドルは、

低温でゆっくりと燃えるので、香りを長く楽しめます。

また燃焼時のすすや煙が出にくく、空気清浄効果も。

主に天然の精油を調合し、

体調や気分に合わせて使って頂くのにもぴったりです。


今回は、WORLD TRAVELLER SERIES CANDLEという、

EBIさんたちご自身が旅をした国をイメージして作られたシリーズ。

百職では5種類お取扱しています。

f0211463_19122014.jpg
NIPPON 2,940円
外箱 5.5cm×5.5cm×7.5cm/本体 直径5cm 高さ7cm
クローブと無花果の香り。どこか懐かしい記憶を思い起こさせます。
日の丸をアール・デコ調にアレンジしたパッケージ。


f0211463_19123815.jpg
SWEDEN 2,940円
外箱 5.5cm×5.5cm×7.5cm/本体 直径5cm 高さ7cm
スペアミントとフィグの香り。初春の清々しい空気を思い起こさせます。
集中したいときにおすすめです。


f0211463_19125417.jpg
NETHERLAND 2,940円
外箱 5.5cm×5.5cm×7.5cm/本体 直径5cm 高さ7cm
マージョラム(和名ハナハッカ)の香り。
ハーブ畑にいるような爽やかな気分に。
お掃除の後など、部屋の空気を変えたい時におすすめです。
オランダの建築物やデザイン、チューリップ畑に
インスピレーションを得たパッケージ。


f0211463_19131390.jpg
New York 2,940円
外箱 5.5cm×5.5cm×7.5cm/本体 直径5cm 高さ7cm
ヴァニラとパチュリーの香りが
ナチュラルで落ち着いたムードを演出します。

f0211463_19133055.jpg
DENMARK 2,940円
外箱 5.5cm×5.5cm×7.5cm/本体 直径5cm 高さ7cm
ローズマリーとバジルなどをブレンド。
心落ち着く、森の中にいるかのような香り。
デンマークのナショナルカラーである赤を基調に
古びたお菓子の箱のようなイメージのデザイン。


ひとつひとつ手作りで丁寧に製作されている箱も

レトロで美しく、贈り物にもおすすめです。

まるで旅先にいるように

リラックスした時間を楽しめるキャンドルです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-31 19:17 | EBI | Comments(0)

空調設備故障につき、急遽、本日臨時休業します

今朝になり、空調から水漏れしているのを発見し、

色々応急処置を試みたのですが、どうにもならず・・・。

やむなく、急遽修理の方に入って頂くこととなりましたので、

大変申し訳ありませんが、本日臨時休業することとなりました。


営業日の朝になってのことで

急なお知らせとなりご迷惑をおかけします。


本日、百職にご来店しようと考えてくださっていたお客様や

また、もうすでに向かっているお客様にはお詫び申し上げます・・・。


どうか懲りずに、またのご来店をお待ちしております。

※31日(金)も、水漏れ後片付けのため、14:00から営業します。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-30 10:21 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

10月6日(土)開催の器ワークショップ「本場イタリアの家庭料理を盛り付ける」の参加者募集のお知らせ

f0211463_19543023.jpg
じんわり暑さが続きますが、今月もそろそろ終わりを迎えますね。

あっという間に次の季節に移り変わっていきます。


百職では、9月から11月までの秋は個展シーズンへと突入します。

それに先駆けて、10月開催予定の「齋藤有希子|陶展」の会期中に行う、

10月6日(土)開催のワークショップへの参加者募集(若干名)のお知らせです。

※9月12日現在、定員に達しました。お申し込みありがとうございました。
ご希望のお客様には、キャンセル待ちを受け付けております。

◎「齋藤有希子|陶展」特別イベント
「器ワークショップ-本場イタリアの家庭料理を盛り付ける-」

イタリアに在住していた経歴を持つ、
浅野悦子さん(大阪にて「イタリア料理教室ジョイア」主宰)が
10種類の本格的アンティパスト(おつまみ)とデザートをご用意。
様々な色や形の齋藤有希子さんのうつわを組み合わせて盛り付けて
手作りのうつわとお料理を楽しむワークショップを行います。
スペルト小麦やトリフ塩を使った、他では中々食べられないようなお料理や
イタリア直輸入の珍しいワインとリキュールもご用意します。
この日のために作った多様なうつわと酒器を楽しんでいただけます。

10月6日(土)開催
12:30集合 13:00-15:30ワークショップ
参加費2,000円(要予約)/定員10名
特典:ワークショップで使用したうつわは通常価格より30%引きで販売いたします。

【ご予約受付】
お名前・ご連絡先・参加人数を添えて、
「手しごとの器・道具 テノナル工藝百職」まで
お電話またはE-mailでお申し込みください。

電話075-200-2731(火・水は定休日の為、電話受付はできません)
E-mail:kougeihyakushoku☆maia.eonet.ne.jp(☆を@に変えてください)

※予約が満員になり次第、締め切らせて頂きます。
※ご希望の方には、キャンセル待ちでのご対応もお受けします。
※ご都合により、万が一キャンセルなさる場合は、
イベント開催の1週間前までに店舗まで必ずご連絡をお願いします。


<同時開催>
「イタリア直輸入リキュールをリキュールグラスで試飲」
参加費500円/どなたでもご参加頂けます(リキュールがなくなり次第終了)



DMなどのお知らせを希望していらっしゃるお客様には

一足早く齋藤有希子さんの個展DMを発送させて頂きました。

加えて、京都市内を中心にDMの配布を行いましたので、

お陰様で、早い時期に参加希望のご予約を頂くなど、好評を頂いております。

皆さま、本当にありがとうございます。


DMでの募集を主に行ってきましたが

まだ若干空きがございますので、

ご希望のお客様は、どうぞお早めにお申し込みください。

皆さまのご参加、心よりお待ちしております。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-30 09:00 | 企画展など | Comments(0)

10月開催予定の個展情報をHPにアップしています

f0211463_21441920.jpg
今日は飛行機雲を見ました。

雲がたくさんで、秋を感じます。


さて先日、9月の個展情報をこちらでお知らせしましたが、

10月以降の個展も、どんどん詳細が出来上がってきています。

8月は常設展示をお送りしてきました百職ですが

秋以降は、色々なつくり手さんの個展という形で

各作家さんが作り出す新たな世界を

楽しんで頂けたら、と考えています。


10月以降の個展情報は、一足早くHPのEVENTページのほうに

少しずつアップしていますので

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

百職HPのEVENTページはこちら→
f0211463_21455416.jpg
この時計草も、盛りは夏。

一生懸命、お日様を浴びていました。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-29 21:46 | 企画展など | Comments(0)

9月第3日曜百職市は北区「さざなみベーカリー」さんのパンが届きます

f0211463_3193368.jpg
今日は9月の百職市についてのお知らせです。

まず9月百職市ですが、第3日曜日の

9月16日(日)の開催となります。

従来の第2日曜開催でしたが、秋以降の百職市は、

月によって第3日曜日の開催となりますので、どうかご了承ください。


もう一つのお知らせですが

9月16日(日)の第3日曜百職市で販売させて頂くパンは、

今回、京都市北区で人気のパン屋さんである

さざなみベーカリー」さんにお願いすることになりました。


さざなみベーカリーさんは、

2010年7月に北大路新町の商店街にオープンされた、

比較的新しいパン屋さんです。

現在は、若いご店主の浪越さんと奥様、

そして他2名のスタッフの方で営んでいらっしゃいます。

お店構えは、この碧い扉が目印。
f0211463_319890.jpg
京都は全国でもパン屋さんの数が多い、激戦区。

百職のお客様の中にも、

「パン屋さん巡りが好きです」というお客様が多くいらっしゃいます。

その何人かのお客様からも

「そのお店、知ってますよ~!」と言うのを耳にしていました。


実は以前、北区紫竹で百職を営んでいた頃に、

お知り合いの方から、さざなみさんの食パンを頂き、

そのあまりのおいしさに感激したのがきっかけで、

比較的通える距離だったこともあり、

普通にお客さんとしてパンを買いに行っていました。


仕事以外だと、人に話しかけることがどうも緊張してしまうのですが

ある日、他のお客様がいらっしゃらないのを見計らって

「いつも本当に美味しく食べています!」というようなことを

店主の浪越さんに話しかけたことがありました。

それから、お店の便りを細々とお届けするように。


いつかお店にもパンを出して頂けないか、

思い切って声をかけてみようかな・・・と思いつつも

お店の方もお忙しくされているご様子で

それから割とすぐに百職は、北区から左京区へと移転し、

月日も経ってしまいました。

今回、思い立って、突然お電話でお願いしたにも関わらず、

快く引き受けてくださり、本当に感謝でいっぱいです。
f0211463_320017.jpg
こども食パンという名前の、

この可愛らしいサイズの食パンも、さざなみさんでは定番。

雑誌などによくご紹介されているそう。
f0211463_320985.jpg
「ミルク・クランベリー」
ブリオッシュ生地に自家製ミルククリームとクランベリーをサンド。 少し冷やして頂いても美味しい、とのおすすめです。


お店のお写真を撮らせて頂きに出かけた日も、

比較的空いた時間とは聞いていましたが

さざなみさんに通うお客様が数分置きにお見えになっていました。

そしてまた、

私がお店に着いたと同時に、

毎日、さざなみさんに新聞を配達に来ていらっしゃるご様子の

おじちゃんも偶然、店内へ一緒に入ったのですが

おじちゃんがまた、まるでさざなみさんのスタッフのように

私にドアを開けてくださり「どうぞ」と促してくださいました。

そして、さざなみさんの皆さんと暫くの間、

「もうすぐお店が夏休みだから、しばらく淋しくなるな~」と談笑されて

お店から出て行かれました。


地域の方からも、可愛がられているお店さんなんだなあ、

ということがほんわかと伝わってきた出来事でした。


さて、その9月のメニューですが、

さざなみベーカリーさんにお願いして、

秋の始めの季節をイメージしたパンを考えて頂いています。


詳細は、またわかり次第、こちらのブログ等でご紹介しますので

どうか楽しみにお待ちください。

「9月第3日曜百職市」
2012.9.16(日)
11:00~(売切次第終了です)
テノナル工藝百職にて
さざなみベーカリーさんのパン販売


f0211463_3202915.jpg
さざなみベーカリー
京都市北区小山下初音町52
TEL075-354-6473
8:00~18:30
毎週日曜日定休
※夏季休暇8/29(水)~9/2(日)
http://www.3373bakery.com/

北大路ビブレセンタープラザ西側出口より徒歩7分
碧い扉が目印ですよ
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-29 03:40 | 日曜百職市、フード販売など | Comments(0)

新商品:竹細工職人 勢司恵美さんの買い物籠

f0211463_215960.jpg

前回に続き、竹細工職人の勢司恵美さんの新しいお品、

買い物籠について。

ここに、勢司さんが一緒に同封してくださったお手紙があります。

籠について、とても細やかにご説明してくださっている文章。

伸びやかで明るい勢司さんは、細やかな心遣いの女性でもありました。

お作りになった勢司さんご本人の言葉を

ぜひ皆さんにもお伝えしたいので。



◎勢司さんのお手紙より

「買い物籠は(持ち手につけた飾りの部分以外)全体を磨いています。

『磨く』とは、包丁で少しずつ竹の表皮を削ることです。

手間がかかる分、価格も高くなってしまいますが

色の移り変わりが大変美しいです。
f0211463_2162664.jpg
また針金、接着剤を一切用いておりません。

竹100%です。土に還ります。

釘も、竹釘を打っています。

持ち手もぐるっと下で合わせて竹釘で打っているので

重いものを入れても抜けることはありません。
f0211463_2164219.jpg
壊れても直して使えます。

足の部分、底の部分が

一番地面に当たって壊れやすいかもしれませんが

そこもすぐ取り外して新しいものを差せるようにできています。

でも、まず壊れません。」
f0211463_217058.jpg
買い物籠 勢司恵美 21,000円




勢司さんは大分で竹工芸の修行を積み

現在は茨城県行方市で、地元の真竹を使って、

荒物を中心に、幅広く暮らしの竹のものを作っていらっしゃいます。

自分で山に入って、自分で「これは」という竹を見つけ

伐採し、トラックで持って帰ります。

荒物などを編む方は、大抵自分で山に入って竹を採りますよ、

と答える方が多いのですが

想像するだけでも、並大抵のことではないはずです。

材料と言ったって

スーパーに行って、きゅうりを買ってくるのとはわけが違います。

たくましく、そして手間を惜しまない丁寧な仕事。

シンプルな理由ですが、だからこそ、

まず壊れないないです、と言えるだけの

丈夫で、長く長く働いてくれる健やかなものが出来上がるんだと

改めて気づかされます。
f0211463_2173316.jpg

勢司恵美さんのかご、百職の窓辺で輝いています。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-26 12:55 | 勢司 恵美 | Comments(0)

新商品:竹細工職人 勢司恵美さんの真竹の洗いめご

f0211463_12261864.jpg
常々、窮屈な自分の性格がいやだなあ、とよく思っているからか

伸びやかな人柄の方に会うと、

もう大好きになります。

茨城在住の竹細工職人 勢司恵美さんも、

そんな伸びやかで明るい、素敵なつくり手さんです。

以前このブログでも書きましたが、

滋賀のボーダレス・アートミュージアムNO-MAの展示会で

勢司さんが作られた、洗いめごを購入したことがきっかけで

(目籠と書いてめご。目の粗いかごのことを指します)

そのかごを拝見し、お話をさせて頂くうちに、

ぜひお店でもお付き合いさせてもらえたらとお願いしました。

明るい笑顔でとても快く引き受けてくださり、

楽しみにしていた買い物籠と洗いめごが、今回届きました。

洗いめごは、実際私も毎日使っていますが、
f0211463_20442422.jpg
洗いめご 勢司恵美 直径およそ30cm×深さ7.5cm 8,000円 

器をかごの中に置いた時、

とてもしなやかに受け止めてくれるのが安心です。
f0211463_12195050.jpg
また、かご自体がとても軽いので、

使わない時は吊り下げて風を通してやれば

ある程度かびも防げますし、
f0211463_12205435.jpg
f0211463_1221108.jpg

編目がとても美しいので、見せながらの収納も楽しいですね。

もう一つの新しいお品の買い物籠は

次のページでご紹介します。
f0211463_20441047.jpg

[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-26 12:28 | 勢司 恵美 | Comments(0)

8月24日 スプーンづくりワークショップを行いました

f0211463_14253072.jpg
昨日、以前からご予約頂いておりました、

スプーンづくりワークショップを行いました。

今回のお客様は、ご姉妹でお申し込みしてくださったS様。

講師役の小塚が簡単な説明をしたら

彫刻刀と小刀を手に彫り始めます。
f0211463_14254577.jpg
こちらお姉さん。

実はお仕事でも、何度かこういったワークショップに参加したことがあるそうで

刃物の扱いも手馴れたご様子。
f0211463_14255791.jpg
一方の妹さん。出だしはやや苦戦されておりました。

刃物はまず右手で軽く握り、

左の親指を使って刃を押し出すようにするのですが

どうもその親指の力で押し出すのがうまくいかないとのこと。

ふむふむと話を聞きながら、小塚も色々アドバイスを出してみます。

色々試してみたところ「脇をしめると力が伝わる」という結論に。
f0211463_14261497.jpg
しばらくすると、うまく行き始めたようでちょっと安心。

f0211463_14262692.jpg
小刀で削って、好みの形が出来たら、サンドペーパーで磨きます。

粗いのでやすって、

それから今度はきめの細かい番手のペーパーを使って丹念に。

何度も口にする道具なので、感触を確かめながら念入りに。
f0211463_14264570.jpg


磨き終えたら、布を使って木の粉を丁寧にふき取ります。
f0211463_14265849.jpg


そして仕上げのオイルです。

拾ってきたくるみの実を刻んで、

布でくるんだものぎゅっと絞ると、中からくるみの油が。

油を刷り込むと、木の色がどんどん色が変わっていくので、

目で見ても楽しい作業です。
f0211463_14271265.jpg


さあ、いよいよ完成。

こちらお姉さんのスプーンです。
f0211463_14272233.jpg
そしてこちらは妹さんのスプーン。
f0211463_14273586.jpg


どことなく似ているけれど、やっぱり違う

ご姉妹が作った2本のスプーンです。

両方とも栗の木で彫って頂きました。

お店で流しているBGMに合わせて、

鼻歌を歌いながら手を動かしてくださったり、

木について結構マニアックな質問を頂いたり、

とっても熱心に、

そしてリラックスした楽しい雰囲気でワークショップができました。

素敵な時間をありがとうございました。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-25 15:23 | ワークショップ | Comments(0)

磁器作家の永塚結貴さん「gallery cafe S'n 緑 an.」にて二人展開催中です

作家の皆さんから、たくさん個展のご案内を頂きながら

中々行けずにいる今日この頃です・・・

磁器作家の永塚さんからも、

素敵なお知らせが届いています。

今回は、和紙作家の森田千晶さんとの二人展。

現在大阪で開催中です。
f0211463_17394023.jpg
「白の可能性」 森田千晶(和紙)×永塚結貴(磁器) 二人展
2012.8.18 (土)- 9.2 (日)
場所:gallery cafe S'n 緑 an.
時間:10:00-20:00 ( 土日祝 9:00-19:00)
毎週月曜日、第三火曜日休


異なる素材の「白」が

軽やかな足取りで、観る人に色々な魅力を見せてくれそうです。

期間中、会場となるgallery cafe S'n 緑 an.さんでは

「白」をテーマにしたスイーツとスイーツにもよく合う発泡性のにごり酒を、

用意していらっしゃるそうですよ。

9月2日までですし、行きたいですなあ。

f0211463_17533318.jpg
磁器小鉢  永塚結貴 3,675円

これは春に、静岡でお会いした際、

永塚さんから直接お店用に入れさせて頂いた器。

他にも色々あったのですがもうこちらだけです。

私は実はこれが一番気に入ってたりします。


水を注いで、キャンドルを浮かべてみる。

明かりがその白い肌に透けて、温かな色を宿してくれることでしょう。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-24 17:59 | 永塚結貴 | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ:Hanako no.1025(8/23日発売)に掲載して頂きました

f0211463_1181871.jpg
Hanako no.1025 2012/9/13号
550円
マガジンハウス発刊
8月23日(木)発売
全国有名書店、コンビニで発売



23日(木)に発売したばかりの雑誌「Hanako」さんの

no.1025「なごみの京都。」の号にて

百職を取材及び掲載して頂きました。


「風情を楽しむ、京都さんぽ」という特集内の

「鴨川さんぽ」のコーナーに載せて頂いております。
f0211463_1183533.jpg
f0211463_1184658.jpg


カフェ、イタリアン、雑貨屋さん、

古道具屋さん、カレーショップなどなど

新旧取り混ぜた鴨川ちかくの素敵なお店さんと一緒に

百職も紹介して頂いております。

ありがたい限りです。


「Hanako」さんは、以前は首都圏向けの発売で

関西では、関西版の「Hanako WEST」が発刊されていました。

ちょっと前に、「Hanako」の内容が首都圏だけでなく全国版となり、

関西でも発売されるようになったそう。


私は、てっきり「Hanako」さんは

東京の方でしかまだ発売されてないんだと思っていたので

取材以来の電話があった時、それを知って、

ちょっとびっくりしたり、あたふたしたり。


それこそ十代後半から二十代後半までの東京で暮らしていた頃は

本屋さんでよく「Hanako」を読んで、

特集によっては買って帰ったりしていた、

そんな思い出深い雑誌でしたので

今回はまたなんだかとても嬉しかったのです。

お世話になったライターさん、カメラマンさんもありがとうございました。


歌手の方が、紅白に選ばれて「夢でした!」とよくおっしゃっていますが

私にとっては、そんな気持ちです。(大げさ?)

いや、でも本当に。


京都特集を組まれている今回の内容も

まだぱらぱらとしか拝見できていませんが

さすがと言いますか、

たくさんのショップや知られざるスポットなどかなりの充実ぶり。

ちょっと小一時間、とかでは読破出来ません。

涼しくなってきた晩に、ゆっくりゆっくり楽しんで

京都めぐりをあれこれ想像したい感じです。


京都ファンの方、

この秋、京都旅行を考えていらっしゃる方、

地元京都の新しいスポットをチェックしたい方。

雑誌「Hanako」さんの京都特集号、

書店で見かけたら、ぜひ手にとってご覧になってみてくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2012-08-24 08:30 | 本、雑誌掲載 | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

大切なお知らせ ブログからI..
at 2017-08-25 21:40
入荷 近藤康弘さんのマグカップ
at 2017-08-13 16:47
入荷 近藤康弘さんの銅鑼鉢
at 2017-08-12 20:51
入荷 近藤康弘さんの白釉の湯呑み
at 2017-08-12 16:34
入荷 近藤康弘さんのオーバル皿
at 2017-08-11 18:49
臨時休業のお知らせ 8/7(..
at 2017-08-07 11:50
8月WSのお知らせ 「岡悠さ..
at 2017-08-04 11:01

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧