<   2013年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました、白から春へ展が終了いたしました

f0211463_23478.jpg
「白から春へ展」が本日無事終了いたしました。

冬から春へと移り変わっていく、端境の季節の雰囲気をテーマにお届けした今回の展。


二つの季節を行きつ戻りつ、揺れ動きながらも少しずつ変わっていく冬から春へのひととき。

漠然としたイメージがテーマの展でしたが、

それに応えて、つくり手の皆さんがそれぞれに感じたものを表現してくださったものを、

お越しくださったお客さまも、それぞれに自由な感性で受け止め、

楽しんでくださっている表情を、傍でたくさん見て取れたことは本当に嬉しいことでした。


磁器作家の松本美弥子さんは、

白、銀、黒のモノトーンと限られた色での展開でありながら、

つやめく質感と、対してのつやをもたない質感を用いて、

自由でとても幅広い季節の移ろいを見せてくださいました。


パート・ド・ヴェールの波多野裕子さんは、

パート・ド・ヴェールのガラス自体が持つ、柔らかみあふれる質感を活かしながら、

彼女独特の淡く美しい、繊細な色彩世界で、見る人、手に取る人は時間を忘れているようでした。


染織の飯島たまさんは、

身の周りにある、冬の素材、春の素材を優しいまなざしで見つめながら、

紡ぎ、染め、織りをそれぞれに似合ったように施して、

さりげない日々の暮らしを包み込んでくれるものを、温かな心とともに届けてくださいました。


同じく染織のHandworks Blanketこと室屋清美さんは、

春展のテーマに寄り添いながら、ものづくりのきっかけが芽生えるような

心ときめくワークショップを提案し、教えてくださいました。


今回の春展は、偶然にも女性のつくり手さんばかりにお願いしていたので、

黒一点(?)だったガラス造形の森谷和輝さん。

彼らしい繊細な薄さと、凛とした芯が見え隠れするアクセサリーは、

冬の澄んだ光や、春の晴れやかな光を感じさせてくれました。


百職も、4月の末でここ聖護院に移転してきてから一年を迎えます。

ようやく一歳というわけです。


新しい場所に移り、時折顔を出す不安と臆病な気持ちをかき消しながらの船出でしたが、

こうして春の展を行うことができ、あたたかいお客さまとの出会いが日に日に増していったことは

私にとって何物にも代えられない宝物です。

ありがとうございました。

お越しくださったすべてのお客さま、

ご出展くださったつくり手の皆さま、その周りで支えてくださっている皆さま、

心からの感謝を申し上げます。


これからも一歩一歩踏みしめながら。

どうか皆さま、よろしくお願いいたします。


◎お知らせ
明日4月1日(月)は展示替えのため、お休みです。
2(火)、3(水)は定休日となり、4(木)から通常営業となります。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-31 20:42 | 企画展など | Comments(0)

続々 気になる

昨日よりも更に顔を出してきました。

ぐっと顔を突き出してる感じです。
f0211463_13274780.jpg
ますますピーマンみたいに見えます。


正体不明の葉っぱ、そろそろ何なのか判明するでしょうか。。。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-31 13:31 | 日々のはなし | Comments(0)

本日31日(日)は営業時間が17時までです/4月のカレンダーなど

●本日は、白から春へ展の最終日のため17時までの営業となっています。

どうかお気をつけくお越しください。


●百職のホームページの「CALENDAR」のページに

4月の営業日などを掲載したカレンダーをアップしました。

4月カレンダーはこちらから→

4月と5月は、主人のクラフトフェア出展に帯同するため、定休日の他にも臨時休業が多くなっています。

ご迷惑をおかけしますが、お越しの際はあらかじめ営業日をチェックしてからご来店頂けますと助かります。


どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-31 13:20 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

白から春へ展 スピンドルの糸紡ぎワークショップ その2

f0211463_1231090.jpg
春展期間中のお楽しみ企画ということで、

30日(土)も、スピンドルを使った糸紡ぎのワークショップを行いました。


春展のテーマにちなんだ、

コットン、ウール、シルク、モヘア、麻など、

それぞれ異なった質感を持った「白」の素材を、自由に組み合わせながらの

スピンドルで糸紡ぎを教わるという内容。


教えてくださったのは、

前回に引き続き、糸を紡ぐお仕事を中心に、染織や編み物など幅広く活動なさっている

作家のHandworks Blanketこと室屋清美さん。


本日は16時から開催し、ゆったりとした穏やかな雰囲気の中進んでいきました。


f0211463_1227717.jpg
まずは一通りの流れの説明を聞いて、しっかり練習しながら。

今回ご参加くださったお客さまと室屋さん、

お話する中で、偶然にもいくつか共通点があるのがわかり、

すっかり打ち解けながらの時間。
f0211463_12282433.jpg
リズム良い手つきで、とってもお上手なお客様でした。
f0211463_1227438.jpg
やっぱり今日も、予定時間の2時間はあっという間に。


工程の一つ一つはとても静かで、

ただしリズムを刻み、淡々とした中で起こる僅かな感覚に気をつけながらの作業は、

初めての方にはとても集中力が必要なよう。


今回もとても濃密な時間が流れていました。
f0211463_12291670.jpg
お申し込みくださったお客様の皆さま、

そして教えてくださったHandworks Blanket室屋さん、

この度も本当にありがとうございました。

また機会を設けて、紡ぎや編みの日企画を加えて参りますので

どうか楽しみにお待ちくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-31 01:18 | 企画展など | Comments(0)

番組出演 MBS毎日放送「ぶらンチ」にて紹介されます

先日、MBS毎日放送「ぶらンチ」の皆さまが百職へ取材をしにお越しくださいました。

カフェやフードスポット、サロン、雑貨店、体験スポットなどなど

主に女性に向けた、気になる情報、お休みの日に行ってみたくなるポットを紹介されているミニ番組。

今度の4月より、毎週火・木の午前10:50~に放送時間が変わるそうです。
f0211463_12204787.jpg
こちらの吉田慎司さんの「ななめ小箒」を番組内でおすすめしました。

今回はこの春の季節。

桜の名所である岡崎エリアにも程近い場所に位置するということで、百職を取り上げてくださったようです。

オンエア自体は1分くらいと短いそうですが、

その他の店内や品物の撮影などにも時間と手間をかけていらっしゃって、

やはり丁寧に作っていらっしゃるんだなあ、と初めて知りました。


普段こうして接客をさせてもらったりしてる割には、人前に出るのは本当はあまり好きではないので、

依頼を頂いた電話口で「テレビ・・・どうしよう・・・」と迷ったのですが、

こんな機会もそうそうないし、

一人でも多くの方に、つくり手の皆さんの品を手にとって頂くきっかけになればと。


レポーターの河島あみるさんや、スタッフの皆さんと

わいわいお喋りしながらのフランクな雰囲気での撮影でしたが

肝心のお品の紹介や良さを、ちゃんとお話できてるのだろうか・・・?と甚だ不安です。

こわい・・・


4月2日の火曜日、4チャンネルにて放送されますので関西にお住まいの方は、

気が向いたらどうぞご覧になってみてください。


MBS毎日放送
「ぶらンチ」
4月2日(火)10時50分~
出演者:河島あみる

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-30 12:43 | 本、雑誌掲載 | Comments(0)

続・気になる

引き続き、苔から顔を覗かせている何かの植物。
f0211463_11312940.jpg
昨日より心持ち表に出てきたようです。

なんとなくピーマンみたいです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-30 11:32 | 日々のはなし | Comments(0)

気になる

お店の植物たちがぐんぐん成長しているこの頃。

ちょうどこの春展の初日に、さるお客様がプレゼントしてくださったこのスミレの鉢植え。

頂いた頃はこんなに小さかったのに、
f0211463_14442465.jpg


二週間が経とうとしている今日には、すくすく大きくなって今にも蕾が開きそうです。
f0211463_1444372.jpg

愛らしい。



さて、こちらも1年前の移転オープンの際に、

お客さまがプレゼントしてくださった、八角蓮と苔の寄せ植え鉢。

蓮の葉は冬に枯れてしまいましたが、

それからも苔は適度に湿らせるようにしていました。

今朝もいつものように、他の鉢に水遣りをしながら蓮の鉢を見ると

ん?
f0211463_14444821.jpg
何か小さくて青々したものが出てきています。
f0211463_14445917.jpg
なんでしょう?

もしかして新しい蓮の葉っぱ?

それとも?

しばらく観察しなければ。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-29 16:28 | 日々のはなし | Comments(0)

白から春へ展 飯島たまさんの巻物

f0211463_12113528.jpg
染織家の飯島たまさんより届いた春展のお品物がもう一点あります。

三河木綿と絹の巻物です。
f0211463_1212061.jpg
f0211463_12121054.jpg
三河木綿と絹の巻物 12,000円 幅およそ35cm×長さおよそ166cm
f0211463_12122939.jpg
三河木綿と絹を紡ぎ、ユーカリと金木犀で染め、織られています。

ちなみに三河木綿の「三河」とは愛知県東部を指し、

この地方では1500年代から綿織物業が始まったとされています。

江戸時代になると江戸っ子にも愛され、明治時代に「三河木綿」という名前が確立されたそうです。


飯島さんが織る、この春の木綿と絹の巻物が私は大好きです。

適度な太さに紡いだ糸で織ってあり、しっかりとした風合いですがごわついた感じはなく、

木綿のきっぱりさっぱりした質感と、柔らかい絹が程よい触り心地です。


時折冷たい風の吹く春先、この素朴な質感が身体を優しく包み込んでくれます。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-29 13:45 | 飯島 たま | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ:リンネル+InRed特別編集 とっておきの京都 2013/2014に掲載して頂きました

f0211463_189492.jpg
四季折々の季節の風物、景色。

どれもが美しい京都ですが、観光シーズンといえば、やはり春と秋でしょうか。

京都めぐりのガイドブックの新しいものも、そろそろ発売され始めているようです。

今回、宝島社さんの雑誌「リンネル」と「InRed」がおすすめする

京都の観光スポットを集めたガイドブックに、百職も掲載して頂いております。


“かわいい”と“おいしい”をめぐる旅、

というテーマに沿って取材された素敵なお店がぎゅっと詰まっていて、

こちらに住んでいるのに「ああ、こんなお店もあるんだなあ」というところも多く。いやはや。


本屋さんで見かけましたら、ぜひ手にとってご覧になってみてくださいね。


リンネル+InRed特別編集 とっておきの京都 2013/2014
定価:880円(税込)
宝島社・刊
2013年3月28日発売

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-28 18:11 | 本、雑誌掲載 | Comments(0)

白から春へ展 飯島たまさんの草木染め手織りの布小物

昨日の夕方から降り出した春の雨は、今日も庭の土を優しく湿らせています。

春の色も日増しに濃くなっていきますね。


春展のご紹介で、まだまだ紹介しきれていないものがたくさんあります。

染織の飯島たまさんの布ものを今朝、写真に収めました。


f0211463_14124458.jpg
水筒袋 長女 薄桜  3,200円

リネンと綿、ウールの織物を使った水筒袋。

市販の手紡ぎ亜麻(リネン)を経に、

緯には、甲府の綿を紡いで素のままの糸と落花生で染めた糸、

羊毛スウォルデール、チェビオットを紡いだものと、亜麻(リネン)を用いたそうです。


f0211463_14125223.jpg
左・水筒袋 次男 雪どけ  3,200円
経:市販の手紡ぎ亜麻、
緯:甲府の綿、羊毛スウォルデール、チェビオット、亜麻(リネン)

右・水筒袋 長男 ジャコブ  3,200円
経:市販の手紡ぎ亜麻、
緯:羊毛スウォルデール、ジャコブ、チェビオット、亜麻(リネン)

飯島さんが春展に際して作ってくださった水筒袋は全部で4つだったのですが、

この4つを4兄弟に見立てて、一つ一つに名前がつけてありました。

作ったものに寄せる飯島さんの愛情と茶目っ気を感じられて、

手に取ると、それぞれの水筒袋が本当に長女は長女らしく見えてきて、なんだか楽しくなりました。

f0211463_1413337.jpg
お弁当袋 4,500円
経:市販の手紡ぎ亜麻、
緯:羊毛スウォルデール、チェビオット、ムガシルク、亜麻(リネン)
f0211463_14131591.jpg


f0211463_14132796.jpg
お弁当袋 小 4,200円
経:市販の手紡ぎ亜麻、
緯:羊毛スウォルデール、ジャコブ、ムガシルク、亜麻(リネン)
f0211463_14133669.jpg
f0211463_14134663.jpg


f0211463_14122651.jpg
敷物 里の春  1,200円

和綿と擬麻(絹)の織物。

擬麻(絹)を梅と落花生で染めた糸を経に、甲府の綿を紡いだ糸と、

シルクを紡ぎ梅で染めた糸を緯に織られています。落花生は八街産。中綿は甲府の和綿。


f0211463_14123536.jpg
敷物 絆  2,400円

リネンとウールの織物。

経は、亜麻(リネン)を落花生で染めたものと、絹糸を栴檀草で染めたものを使い、

緯糸は羊毛チェビオットを紡ぎ、八街産の落花生で染めたもの。中綿は甲府の和綿。

f0211463_14121428.jpg
葛の敷物 5,200円

優しげなベージュから、夜が明ける時の空の色である「曙色」のような色調に移り変わっていく

穏やかな縞模様がきれいな、ランチョンマット。

経糸は、三河の茶綿と甲府の綿を紡いで、落花生、茶、百日紅で染めた糸と、

タッサーシルクを紡いで、紫とよもぎで染めた糸が使われています。

緯糸は甲州の葛で。

この葛の糸は、飯島さんのルーツの一つとも言える、

さる大切な方から譲り受けた葛の繊維を使ったのだそうです。

たった一枚の敷布の中にもいろんな由来の素材が使われていて

しかも、その素材の出自をすべて辿ることができます。

ごまかしなく、それぞれが責任と自信を持って作られた素材で織られた敷布。

小さな敷布の中に、たくさんの人の手が詰まっています。

ぜひ実物に触れて、その質感をしみじみ楽しんでもらえたら嬉しいです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-03-28 15:34 | 飯島 たま | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

定休日変更のお知らせ
at 2017-05-24 00:49
平野日奈子、橋本晶子二人展フ..
at 2017-05-24 00:46
入荷 鹿児島白竹細工の平型の..
at 2017-05-24 00:41
5/20(土)は山口県からの..
at 2017-05-20 21:32
入荷 大分白竹細工の大きめの..
at 2017-05-20 12:49
入荷 鹿児島白竹細工の小さな..
at 2017-05-16 00:24
入荷 齋藤有希子さんのマグカ..
at 2017-05-15 00:08

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧