<   2013年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

本日から通常営業再開しています/6月展食事企画について

長野から京都へと帰ってきましたら、梅雨になっていました。

あいにくのお天気ですが、本日から通常営業になっております。
f0211463_14222292.jpg
出かける前に蕾が開きかかっていた柏葉紫陽花も、小さな花をたくさん咲かせて、

重そうに頭を垂らしています。


さて、6月展の食事企画についてのお知らせです。

坂田焼菓子店さんの、お菓子で喫茶の会ですが満席となりました。

ご予約頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

尚、リンデンバームさんによるスープの会につきましては、

6/15(土)、23(日)ともに、1~2名様でしたらご予約お受けできます。

気になっていらしゃる方は、どうぞお急ぎください!

●6月企画「リンデンバームさんによるスープの会」の詳細やご予約についてはこちら
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-30 14:30 | テノナル工藝百職 | Comments(0)

introduction

f0211463_12303456.jpg
長野県松本市のあがたの森公園で行われた、クラフトフェアまつもと2013。

今年は来場者としてではなく、出展者の主人の手伝いとして参加してきました。

これ以上ないくらいの晴れやかな青空のお天気と、

これ以上ないくらいのたくさんのたくさんのお客様の賑わいに囲まれ、

めいいっぱいの感謝で満ちた二日間でした。

f0211463_12331825.jpg
自分のところの写真も、普段お世話になっているほかの作家さんのブースの写真も
たくさん記録しておこうと意気込んでいましたけれど、中々タイミングがなく終わりました・・・。

f0211463_12333064.jpg
彼が制作していたアイテムが今回は器メインだったので、庭カフェ風な雰囲気になるようにと什器を準備しました。

出展する主人としては、初めてのまつもと。

初めてのロケーション。

初めてのお客さま。


夢のような嬉しい舞台だけれど、

反して、「もし並べたものを誰も手にとってくださらなかったら、どうしよう」という

物凄いネガティヴなことも、初日の朝まで想像していましたが、

いよいよテントを立て終え品物を出し始めると、早くもお客様が集まり始め、

楽しそうに見てくださるお客様の体温を近くにして、

やっとふわふわした夢心地と緊張から醒めました。

そして、目の前のお客様の皆さんと、いろいろな対話をさせてもらって、

本当にこのまつもとの二日間はたくさんの収穫を頂きました。
f0211463_12334376.jpg



後日。

まつもとを終えた明くる月曜日。

もう一度、会場だったあがたの森公園へ。

二日間、お世話になった芝生。
f0211463_1234143.jpg
クラフトフェアが終わり、至るところで芝の手入れや地ならしなどメンテナンスが静かに行われていました。
f0211463_12341518.jpg
充実した二日間でした。

つくり手としても、一人の人間としても、

彼はまだまだ始まったばかり。もちろん私も。ここからまた次の地点を目指して。
f0211463_12342743.jpg
立ち寄ってくださった皆さま、

同じく出展者の皆さま、

クラフトフェアまつもとの実行委員の皆さま、

普段から支えてくださっている皆さま、ありがとうございました。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-30 12:43 | 日々のはなし | Comments(2)

松本出張のため、5/21(火)~29(水)までをお休みします

f0211463_1831982.jpg
もうすぐ6月。

庭では、どこからかやってきた常盤露草が、可憐な三角形の花をつけています。

去年植えた柏葉紫陽花もたくさんの小さな蕾を開こうとしています。


さて、4月の静岡に続き、主人である小塚がクラフトフェアまつもとに出展するため、

私も帯同する都合により、しばらくお店は少し長いお休みに入ります。


◎5/21(火)-22(水) 定休日
◎5/23(木)-27(月) 松本遠征のため、お休み
◎5/28(火)-29(水) 定休日


メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、

通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。

お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。


まつもとは、事前にブースの場所が決まっていないため、

当日の朝に「よーいどん!」で出展場所を取ります。

いったいどの辺にテントを出せるかまだ皆目わかりませんが、

もしクラフトフェアまつもとに遊びに行かれる方がいらっしゃいましたら、

見かけたらぜひぜひ寄っていってくださいね。


※リンデンバームさんによるスープの会と、坂田焼菓子店さんのお菓子で喫茶の会のご予約ですが
こちらもお休み中の対応はできかねますのでご了承ください。
メールでのご予約は、日時が早いお客さまからお受けする形となりますので、
同じく30日(木)以降に予約確認の対応をさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-20 18:08 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

6月企画展/お菓子で喫茶の会 坂田焼菓子店さんからの試作のお菓子たち

f0211463_20151856.jpg
6月のお菓子で喫茶の会の催しに向けて、

長崎の坂田焼菓子店さんは、これまでにも何度かお菓子の試作たちを届けてくださっていたのですが

いよいよ最後の試作がやってきました。
f0211463_20153278.jpg
この時は、わかりやすいようにプリンを型から外したのですが、

坂田さんが使っていらっしゃる、大切な人より譲って頂いたという、

アンティークのアルミのプリンカップがとても素敵なので、

当日は、あえて型に入れたままの姿でお出ししようと思っています。

冷蔵庫でよーく冷やしてひんやりしたアルミカップも、

涼しさを感じられてとても良かったということもあって。


そしてそして、いつもの坂田さんのたっぷりしたボリューム感とはちょっと違うサイズ感?

と感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、

でも、このメニューをすべてを食べ終えた後、

丁度良い満腹感が来るようにと、サイズについては本当に吟味してくださいました。

その甲斐あって、絶妙な食べ応えの素敵な盛り合わせになっています!


本当に、この会一度だけの特別なメニュー。


ご予約は、あと1名様のみお受けできます。→満席となりました。
気になっていらしゃる方は、どうぞお急ぎください!

●6月企画「坂田焼菓子店さんによるお菓子で喫茶の会」の詳細やご予約についてはこちら

◎お知らせ
5/23(木)-27(月)は、松本出張のためお休みします。
28(火)、29(水)は定休日となります。
メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、
通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-20 17:15 | 企画展など | Comments(0)

オイル仕上げの木の器にカレーを盛った、そのあと

f0211463_1622042.jpg
長野県松本市で毎年行われる、クラフトフェアまつもと

主人の小塚も今年は出展が決まり、制作の最後の追い込みに入っています。


さて、先日の百職で行った主人の個展に並んだ栗のオーバルリム皿

「これでカレーライスやパスタを食べると、使った後のお皿ってどんな感じになりますか?」

と、お客様から尋ねられました。

要は、食べた後のソース染みってどれくらいの感じでつくのかな?ということですよね。


確かに料理を盛り付けた写真などはよく見ますが、

使ったあとはどんな感じになるかという写真ってあまり見かけません。


というわけで、4日ほど前、我が家の晩ご飯の献立に登場したのが、

最初の写真のカレーライス。

すいません、トッピングも何もない、洒落っ気のないカレーライス。。。

もっと色々するんだったと思っても後の祭り。

とにかくこの日はカレーライスを平らげ、その翌日。


早速、どんな感じになっているのかな、とリム皿の写真を撮りました。
f0211463_1703935.jpg
全体的にうっすら黄色っぽい。
f0211463_1705627.jpg
こんな風に、カレーソースの色はつきます。



それからまた4日後の今日。変化はあるのでしょうか?

ということでこちらの写真です。
f0211463_1712231.jpg
上から見ると、半分はほとんど元の木の色に戻ったように見え、

もう半分がまだ少し黄色いようです。

f0211463_172553.jpg
カレーの色は、翌日の様子よりも更に薄まった印象です。


私の未熟な撮影技術のせいがほとんどですが、

撮影した時間帯や天候などの違いもあり、100%お伝えするのは難しかったですけれど

我が家での実験結果はおおむねこのような感じでした。


オイル仕上げの木の器は、色の濃い食べ物(カレーライスやトマトソースなど)を載せると

しみがつくのは確かなことです。

ただ、時間の経過とともに、少しずつ薄まっていくのも、また確かなことです。


それらを踏まえた上で、木の器を食事の器として取り入れるかどうかを

使ってみたい方ご自身で考えてみて頂けたらいいかなあ、と。


「だんだん薄まっていくとはいえ、汚れるのはやっぱり気になるなあ」という方もいらっしゃるでしょうし、

「こんな感じだったら、だんだん“味”になっていくと思える」という方もいらっしゃると思います。


陶磁器に比べ、木の器はやや値の張る傾向もありますし、

それだけに、使う方それぞれの無理のない範囲で取り入れて頂くのが一番かと思います。

食事の器でなくても、菓子皿やお盆でオイル仕上げのものを使ってみる、

というのでも素敵だと思います。


ちなみに、今回カレーを盛り付けた器は、やや白っぽい色が特徴の栗材で作られています。

どちらかと言えば、ついたばかりのしみは目立ちやすいかも。

汚れがそれほど目立たないものとしては、

赤みのある桜や胡桃、チーク、

そして焦茶色が特徴のブラックウォールナットなどが挙げられますので、

そういったことも、選ぶ上では役に立つかもしれません。


私自身は、基本的に経年変化していく様子がとても好きなので、

そういったものを少しずつ身の回りに置いて、楽しんでいます。


何はともあれ、自分好みの品を楽しんで使うことができるというのが一番かなと思います。

好みの品々を使いながら、毎日を楽しい暮らしに。


◎お知らせ
5/23(木)-27(月)は、松本出張のためお休みします。
28(火)、29(水)は定休日となります。
メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、
通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-20 17:13 | 小塚 晋哉 | Comments(0)

6月企画展/スープの会 東山丸太町のリンデンバームさんのこと

f0211463_17161971.jpg
今度の6月企画展「週末食堂にて」期間中に行う、スープの会

百職のご近所、東山丸太町の「リンデンバーム」さんにお願いしました。

リンデンバームさんは、美味しいものに目がない方の間では、もうすでによく知られたお店さん。

色んなメディアや口コミでもご紹介されていますし、

食通でもない私があれこれ語るなんて本当に恐縮なのですが、

県外の方や、京都にはあまり明るくないよー、というお客様にぜひ知って頂きたく、さらりとご紹介します。


リンデンバームさんは、「アルザス地方のシャルキュトリー」をテーマにした

自家製ソーセージ、ハム、テリーヌ、お惣菜が楽しめるテイクアウトのお店。
f0211463_17171855.jpg
ちなみに「シャルキュトリー」というのは、リンデンバームさんのホームページによると

「フランスにおける自家製のソーセージ、ハム、テリーヌなどの
豚肉加工製品及びテイクアウトのお惣菜を扱う店の総称」


を指すのだそうです。

オーナーの吉田さんは、

京都の老舗ホテルでお勤め後、単身ヨーロッパへ渡り、フランス、スイスでコックの修行後、

またまたソーセージの修行のためフランス、ドイツ、オランダなど

各国で技術を磨かれたという経歴をお持ちです。

帰国後しばらくして、寺町今出川にレストラン「リンデンバーム」を開店。

2009年にレストランをたたんで、現在のシャルキュトリー「リンデンバーム」を始められたそうで、

「レストランから、新しく現在のリンデンバームのお店にしようと思ったのは何故ですか?」

と尋ねたことがありました。すると、

レストランの厨房や内装設備というのはだいたい10年前後でくたびれてくるそうで、

そのリニューアルをするのには、新しい店を始めるのと同じくらい費用がかかるということがあって、

それならば、今までの物を守るより、いっそ新しいことを始めたほうがしんどいけど楽しいかも、と思い

決めたんだ、とおっしゃっていました。

飄々とした佇まいの吉田さんですが、新しいメニューや新しい試みにいつも挑戦されていて、

そこにあるのは攻めの姿勢からなんだ、と感じました。

かっこいい。参ってしまいます。
f0211463_17173664.jpg
美味しいパンチェッタ。生パンチェッタもあります。
f0211463_17174968.jpg
ニシンのスモーク オイルマリネ。美味しそう。でも肉党の主人を思うと、いつも後回しになってしまう。

f0211463_17175998.jpg
季節のキッシュなんかも充実しています。

f0211463_17181068.jpg
オリーブの緑と、吉田さんが買い集めているという、たくさんの本の背表紙の色の取り合わせがきれい。

お店の調度や、キャプション、ラッピング。細かいところも洒落ています。

吉田さん曰く「こうしたところはお店のスタッフの女の子たちがいてこそ!」だとか^^

皆さん素敵で、いつも笑顔。チームワーク、ですね。
f0211463_17182113.jpg
小さな石臼はスパイスなどを挽くのに使われていたのかな。
f0211463_17183074.jpg
よく見ると、鳥の形をしているがわかりますか?ソーセージの型なんだそう!
f0211463_17184868.jpg
いつもどなたが書いているのかな、と思って聞きそびれる看板のメニューにいる豚ちゃん。


先日も、スープの会の相談にお店に伺った時、

新ショウガのソーセージがショーケースに並んでいるのを見て、

そういえばと、新ショウガでのジンジャーシロップが思ったようにできないんですよね、と話すと

新ショウガだったらこうした方が美味しく作れると思う、とか

煮る方法だったら、通年出回ってるひねショウガが向いてるとか

専門外かな、と思ったことでもパッと出てくるお話。

食に関してのたくさんの知識の蓄積。

また、年に何回か海外などにも出かけ、美味しいものをつくる勉強にも余念がない吉田さん。

それがまた楽しそうなのがいいなと思う。
f0211463_17202261.jpg
こんな素敵なオーナー吉田さんと、素敵なスタッフの皆さんで切り盛りされている

東山丸太町のリンデンバームさん。

今回のスープの会のケータリングを引き受けて頂いて、本当に幸せです。

スープの会、必食です。空席わずかとなりましたので気になる方はお早めにご予約くださいね。

●6月企画「リンデンバームさんによる夏のスープとサラダと焼きたてパンの遅い朝ごはん」の
詳細やご予約についてはこちら




百職からお帰りの際には(ご来店前でも!)

どうぞリンデンバームさんにも、ぜひお立ち寄りください。
f0211463_17203312.jpg
LINDENBAUM -リンデンバーム-
京都市左京区丸太町通り川端東入る東丸太町41-6
TEL/FAX:075-751-0786
ホームページ http://www.linden-baum.jp/index.html
営業時間:11:00-19:00
定休日:なし(不定休あり)
京阪電鉄鴨東線「神宮丸太町」駅より徒歩7分
京都市バス「熊野神社前」下車すぐ


◎お知らせ
5/23(木)-27(月)は、松本出張のためお休みします。
28(火)、29(水)は定休日となります。
メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、
通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-19 19:11 | 企画展など | Comments(0)

本日は坂田焼菓子店さんの焼菓子を販売しています

f0211463_15263771.jpg
今日は14時から、長崎県は佐世保から届けて頂いた

坂田焼菓子店さんの焼菓子の販売をしています。


今回のスペシャルなメニューの「キャロットケーキ」。

あっという間に1個だけに。
f0211463_15273335.jpg
こちらもこの後完売しました。

ありがとうございました。


そしてもう一つのスペシャルはメニューは「オレンジ&ペッパースコーン」。
f0211463_15274442.jpg
小さく刻まれたほんのり甘いオレンジピールが混ぜ込まれており、

優しい甘さの中にブラックペッパーのアクセントが効いています。


定番の焼菓子もいつもの美味しさです。
f0211463_1527330.jpg
f0211463_1527135.jpg
f0211463_15272355.jpg
ちょっと汗ばむようになってきたお天気ですが、

お散歩がてら覗きにいらしてくださいね。

坂田焼菓子店さんの次回の販売は、6/16(日)と22(土)です。

どうぞお楽しみに。


◎お知らせ
5/23(木)-27(月)は、松本出張のためお休みします。
28(火)、29(水)は定休日となります。
メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、
通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-18 16:03 | 坂田焼菓子店 | Comments(0)

リンデンバームさんのスープの会、坂田焼菓子店さんのお菓子で喫茶の会のご予約お受けします

6月企画展「週末食堂にて」期間中に行う、食べ物企画は、

あらかじめこちらで用意しておいた5人の作家のスプーンの中から、

お客さまのお好みのものを一点選んで頂き、

そのスプーンを使って、実際にお食事を召し上がって頂くワークショップ。

使い終わったスプーンは、おみやげとしてお持ち帰り頂けます!


リンデンバームさんによるスープの会と、

坂田焼菓子店さんによるお菓子で喫茶の会のご予約を、本日よりお受けします。


■特別企画:作り手の匙を楽しむ、美味しいひととき 「週末食堂」 ※要予約
2013/6/15(土)、16(日)、22(土)、23(日)
場所 手しごとの器・道具 テノナル工藝百職


--------------------------------------------------------------------------------------------

①「リンデンバームさんによる夏のスープとサラダと焼きたてパンの遅い朝ごはん」
f0211463_1757893.jpg
6/15(土)、23(日)
各日 9:30-11:30 各回定員4名様まで
参加費3,200円/*作家によるスープスプーンのお土産つき


【メニュー】 

●スープ
※スープは下記のメニューを、各日1食ずつのみのご提供となります。ご予約頂いた先着順で下記よりお好きなメニューをお選び頂けます。品切の場合はご容赦ください。

Minestra di verdura 夏野菜のミネストローネ(イタリア)
Cock-a-leekie チキンと洋ネギのスープ(アイルランド)
Potageda Stgermain au menthe グリーンピースとクレソンのポタージュ ミント風味(フランス)
Himmel und erde リンゴとじゃがいもの空と大地のクリームスープ(ドイツ)


●特製ミニサラダ
●さざなみベーカリーさんより焼きたてパン各種


◎希望日、お名前、希望メニュー、人数をお電話(075-200-2731)かメールにてご予約ください。
※キャンセルはできる限りご遠慮いただいておりますので、ご協力お願いいたします。
※メールでお申し込みされたお客様は、ご予約確認メールをこちらからご返信した時点で
ご予約完了となりますのでご注意ください。
※ご予約頂いたお客さまは9:30から入店頂けます。イベント終了30分前の11:00までにお越しの上、オーダー後、お食事をお召し上がりください。

--------------------------------------------------------------------------------------------

②「坂田焼菓子店さんによるプリンとチーズケーキとスコーンの3種盛プレート」
※予約は満席となりました。ありがとうございます。
f0211463_17573999.jpg
6/16(日)、22(土)
各日 14:00-16:00 各回定員4名様まで
参加費2,300円/*作家によるデザートスプーンのお土産つき

【メニュー】

●特製 ジンジャーとオレンジのカスタードプリン
●特製 レアチーズケーキ
●全粒粉スコーン(長野県産マーマレードなどのトッピングつき)

□お飲み物として、一保堂さんの焙じ茶、Harny&Sonsの紅茶もご用意する予定です。


◎希望日、お名前、人数をお電話(075-200-2731)かメールにてご予約ください。
※キャンセルはできる限りご遠慮いただいておりますので、ご協力お願いいたします。
※メールでお申し込みされたお客様は、ご予約確認メールをこちらからご返信した時点で
ご予約完了となりますのでご注意ください。
※ご予約頂いたお客さまは、14:00-15:30までの間にご入店の上、喫茶をお楽しみください。




今回の企画をリンデンバームさんと坂田焼菓子店さんに依頼したのは、

去年の秋の終わりくらいから。


ご近所のリンデンバームさんには、たまにお買い物させて頂くこともあり、

何かの時に、リンデンバームのご主人である吉田さんから

「ギャラリーの依頼で、アーティストさんのイメージに合わせたメニューを考えて

ケータリングすることもやりますし。なんでもやれますよ」

と聞き、事も無げにさらりとおっしゃる吉田さんのプロフェッショナルさに感銘を受けて、

いつかぜひともお願いしたいと考えていたのを、今回はとうとう実現して頂けることになりました。


一方、デザートの会はもちろん坂田焼菓子店さんこと坂田保子さんにとご相談しました。

まずはじめにお願いしたのは、焼菓子以外の「プリン」というメニュー。

・・・そして、ワンプレートでプリンのほか、あと2種類ほどのデザートも盛りたい。

・・・かつスプーンを使って食べるお菓子であってほしい。


そんな店主の無理難題に、たくさんの知恵を絞ってくださった坂田さん。

電話、FAX、メールのほか、往復書簡のような手紙をやりとりしたこともありました。

お蔵入りとなったメニューの中には惜しいほどの美味しそうなものもあったり・・・
(いつか実現してくださることを願いながら)


定番の全粒粉のスコーンでは、マーマレードをスプーンで塗って頬張ってくださいね。

そしてこれまた初お目見えのレアチーズケーキは、

そもそもは坂田さんの「母の味」。

メニューについて電話でお話している時に、ふと坂田さんが

「母がそう言えば小さい頃から作ってくれてた、柔らかいチーズケーキがあるんですけど、

あれならスプーンで食べられかも・・・」

とおっしゃったことから、試行錯誤して頂いて、新たに形にしてくださったケーキ。

これはもう、「見逃せない」ならぬ、「食べ逃せない」会です。


極めつけは、この食事の会用に、5人の作家さんたちに

スープスプーンとデザートスプーンをそれぞれ特別に用意してもらっています。

どんなスプーンが届くのかはお楽しみ。私もまだ知りません!

お食事の前に、5人のつくり手のスプーンの中から、

気に入ったスプーンを選んで頂いて、そのスプーンで実際にお食事。

お食事が終わりましたら、そのスプーンはお土産としてお持ち帰り頂けます。


これはもう、何はなくともぜひぜひ食べ逃しなきよう。

皆さまのご予約をお待ちしています。


◎お知らせ
5/23(木)-27(月)は、松本出張のためお休みします。
28(火)、29(水)は定休日となります。
メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、
通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-17 18:00 | 企画展など | Comments(0)

新入荷 飯島たまさんの綿と絹の巻物

照りつける陽射しが熱を帯びるようになってきました。

軒先に吊るした森谷和輝さんのウインドベルも、時折吹く強い風に揺れながら

「暑い暑い」とでも言ってるかのように、大きな音を鳴らしています。


今日のような陽射しを避けたり、ちょっと肌寒くなった時だったりに便利な巻物。

私好みの、綿と絹を合わせたものが、

山梨の染織家の飯島たまさんから届いて、お店に並んでいます。


f0211463_1256352.jpg
巻物 練乳いちご 14,000円 幅およそ30cm×長さおよそ170cm
f0211463_15161892.jpg

和綿とシルクの巻物。肩掛けにもなります。

和綿を紡ぎ、落花生で染めたものと素のままの糸、

栴檀草で染めた絹糸で織られています。

落花生で染められた淡い鴇鼠色と、素の和綿の白のコンビがきれいです。

栴檀層で染められた渋みのある黄色のシルク糸がアクセントになっています。
f0211463_12571025.jpg



そしてこちらは肩掛けです。
f0211463_12532037.jpg
きなりの肩掛け14,000円 幅およそ33cm×長さおよそ176cm
f0211463_12533990.jpg
こちらは和綿とタッサーシルクを組み合わせたもの。

以前にも書きましたが、タッサーシルクは

インドの野生の蚕(野蚕)から取れる、とても貴重なシルク。

繭の色はクリーム色~褐色の色味で、糸も味わいのある色した、強く美しいシルクで、

和綿との組み合わせで、上品かつ爽やかな肌触りです。

半幅にしてくるんと巻いてストールに。高瀬貝のボタンを留めて肩掛けに。

気候や装いに合わせてお使いいただけるように、と飯島さん。
f0211463_1254322.jpg
ぜひお店で、実際の肌触りや柔らかなお色を確かめてみてくださいね。

◎お知らせ
5/23(木)-27(月)は、松本出張のためお休みします。
28(火)、29(水)は定休日となります。
メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、
通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-17 15:43 | 飯島 たま | Comments(0)

6月の企画展のお知らせ「週末食堂にて-4人の男と1人の女と、匙やすくう道具たち-」

5月も半ばに差し掛かりました。
明るい木漏れ日が、窓の外からきらりと強く差し込んで、瑞々しい葉や、新しい芽が伸びてきています。
清清しい空気の中で楽しんで頂きたい、次回の6月の展示のお知らせを。


f0211463_237069.jpg
6月の展は、
4人の男と1人の女という顔触れの作り手たちによる企画展。

素材、形、使い勝手へのこだわりもそれぞれの、豊かな表情と佇まいをもった匙や、
しゃもじ、調理べら、サーバーなどの、毎日の料理や食事で様々に働いてくれる道具たちが主役。

ほかにも、味のある布で作られたクロスやエプロン、
食堂で使われていたような古道具のスツールなどをご用意してお待ちしています。
また、期間中の週末は、2時間だけオープンする小さな食堂が店内に登場します。


「週末食堂にて-4人の男と1人の女と、匙やすくう道具たち-」
2013/6/8(土)-30(日)※期間中は火・水曜休
11:00-18:00(最終日は17:00まで)
◎準備のため、6/6(木)、7(金)、7/1(月)は休業


沖原紗耶、金城貴史、小塚晋哉、須原健夫、只木芳明/匙、調理べら、しゃもじ、サーバーなど

tsuyu./クロス、マット、小さな鍋つかみや鍋敷き、エプロンなど
古いもの/スツール、小さな椅子など

------------------------------------------------------------------------------------

■特別企画:作り手の匙を楽しむ、美味しいひととき 「週末食堂」
2013/6/15(土)、16(日)、22(土)、23(日) 
場所 手しごとの器・道具 テノナル工藝百職
※要予約


企画展期間中の、ある日の週末だけ百職に2時間だけオープンする小さな食堂。
つくり手たちのスプーンを実際に使いながら、
ブランチやおやつなどを召しがって頂く特別ワークショップです。

6/15(土)、23(日)
「リンデンバームさんによる夏のスープとサラダと焼きたてパンの遅い朝ごはん」
参加費3,200円/作家によるスープスプーンのお土産つき

6/16(日)、22(土)
「坂田焼菓子店さんによるプリンとチーズケーキとスコーンの3種盛プレート」
参加費2,300円/作家によるデザートスプーンのお土産つき


☆詳しい内容やご予約についてはこちらからどうぞ。


◎お知らせ
5/23(木)-27(月)は、松本出張のためお休みします。
28(火)、29(水)は定休日となります。
メールへの返信、お電話での問い合わせなどの対応は、
通常営業を再開する5/30(木)以降となりますので、あらかじめご了承ください。
お客様にはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2013-05-16 15:00 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

定休日変更のお知らせ
at 2017-05-24 00:49
平野日奈子、橋本晶子二人展フ..
at 2017-05-24 00:46
入荷 鹿児島白竹細工の平型の..
at 2017-05-24 00:41
5/20(土)は山口県からの..
at 2017-05-20 21:32
入荷 大分白竹細工の大きめの..
at 2017-05-20 12:49
入荷 鹿児島白竹細工の小さな..
at 2017-05-16 00:24
入荷 齋藤有希子さんのマグカ..
at 2017-05-15 00:08

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧