<   2014年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2月のさざなみベーカリーさんのパン店頭マーケット

f0211463_1251728.jpg
今日は毎月お楽しみのパン店頭マーケットのお知らせです。

次回は2/9(日)、北区のさざなみベーカリーさんから2月限定のおいしいパンや焼菓子が届きます。


2月の日曜百職市
「さざなみベーカリーさんのパン・焼菓子店頭マーケット」
2014/2/9(日) テーマ:ココアが香るビターな色のパン
11時〜売切次第終了
場所:テノナル工藝百職店内にて
※準備状況により、開始が遅くなることもあります。ご了承ください。
※取置のご予約承ります。(こちらのパンの取置期間は販売当日内に限ります)


北大路で人気のパン屋さん「さざなみベーカリー」のパンを百職にて販売します。
2月はバレンタインにちなんで、ココアが香るパンはいかがでしょう。
女性から男性にはもちろん、お友達やご自分用にもプレゼントにもぜひ。
チョコレートが苦手な方にも喜んで頂けるように
さりげなくチョコレートを忍ばせたものや、
チョコレート風のルックスをしたビターな色のパンなど、大人の味をお届けできればと思います。


◎販売予定メニュー
f0211463_12512149.jpg
ココアバケット
バケットの生地にココアを混ぜました。ココアの風味がしっかり味わえる、でも甘くない仕上がりです。
原材料/小麦粉 ココア 塩 イースト


f0211463_12513312.jpg
ビーフシチュー
ココアバケットの生地を四角い型にしいてビーフシチューをいれました。味のアクセントにローズマリーを少しのせています。
原材料/小麦粉 玉ねぎ にんじん 牛肉 ジャガイモ トマトソース ココア 塩 イースト


f0211463_12514253.jpg
チョコレート&マスカルポーネブリオッシュ
ココア生地のブリオッシュに、マスカルポーネチーズを混ぜ込んだチョコレートをのせて爽やかなオレンジピールをトッピング。チョコレートが濃厚です。
原材料/小麦粉 砂糖 チョコレート マスカルポーネ バター オレンジピール 加糖卵黄 卵 脱脂粉乳 塩 イースト


f0211463_12515153.jpg
ココアラズベリー
ココア風味の食パン生地でラズベリージャムを巻き込み、型に入れて焼きました。細長い形なのでお好みでスライスして頂くのも良し、ちぎって食べるのも良し。
原材料/小麦粉 ラズベリー 砂糖 ヨーグルト バター ショートニング ココア 塩 イースト

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-31 14:28 | 日曜百職市、フード販売など | Comments(0)

作家さんからの展示ご案内/金城貴史さん、平野日奈子さん、森谷和輝さん、工房いろ絵やさん

冬の雨はさすがに冷える今日のお天気ですね。

年もあけたばかり、と思っていましたが早くも1月が終わろうとしています。

さて百職でもお世話になっているつくり手さんから、展示のお葉書が届いています。

すでに始まってしまっているものもありますが、ぜひお近くの方はお出かけください!


まず始めは、去年の6月展でもお世話になった木工の金城貴史さんからのお知らせ。

今回は金城さんと、奥様で同じ木工家でもある千紗登さんとの二人展。堺で開催中です。

お箸も作るお二人ですが、今回は匙ばかりの展示になっているそうですよ。

見ごたえありそう。
f0211463_1321785.jpg
金城貴史・金城千紗登「木の匙展」
2014年1月15日(水)~2月1日(土)
11:00-17:00 

場所
ama gallery 詳しくはこちら→
月・火・日休
 

年末に工房をお訪ねしたばかりの陶芸家の平野日奈子さんからは

奈良のFIELD NOTEさんでの4人展のご案内が届きました。

平野さんと同じく陶芸を学ばれた同期のつくり手さんや、

共同工房時代に一緒に過ごしていたつくり手さんとの展示だそうです。

四者四様の賑やかな展示になりそうですと、お手紙に書いてありました。
f0211463_1322676.jpg
冬の器展
出展 茨木伸恵 中囿義光 平野日奈子 本郷里奈
2014年1月25日(土)~2月9日(日)
10:00-18:00(※最終日は17:00まで)
作家在廊日:2月9日(日)

場所
FIELD NOTE 詳しくはこちら→
月休



続きましては、ガラス造形の森谷和輝さんからは東京の赤坂での展示のお知らせ。

もともと東京出身の森谷さん。ホームグラウンドでの展示と言えるのかもしれませんね。

普段の森谷さんは、とてもニュートラルというか、ごくごく普通の優しくて気さくなお人柄ですが

作る物には、見る人をハッとさせ心をつかむ不思議なものを備えていらっしゃいます。

森谷さんとのお仕事はいつも楽しい時間ばかりです。
f0211463_1323478.jpg
冬の光 森谷和輝/liir ガラス展
2014年1月28日(火)~2月8日(土)
12:00-19:00(※最終日は17:00まで)

場所
Gallery×Cafe Jalona 詳しくはこちら→
会期中 日・月休



最後は、いつも本当にお世話になっています、工房いろ絵さんのお二人からの展示のご案内です。

高島屋京都店の工芸サロンという、ちょっとフォーマルな場所での展示です。

でも自然体のお二人は、いつものように清らかな自然の草花やいきものを描いた器が素敵です。

蝶やタンポポなどの素朴な優しさに溢れる、新しい春のモチーフが並ぶようです。
f0211463_1417413.jpg
「工房いろ絵や 黒宮大輔・愛 展」
2014年2月5日(水)~11日(水)
10:00-20:00(※最終日は16:00まで)

高島屋京都店 6階美術工芸サロン 詳しくはこちら→

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-30 14:28 | お出かけのススメ | Comments(0)

明日1/27(月)は仕入れのため、お休みします

f0211463_17171492.jpg
先日からお知らせしておりましたが

明日の1/27(月)は仕入れのため、お休みとなります。

お出かけの予定に入れていらっしゃいました方には大変申し訳ありません。

ご不便をおかけしますがどうかご了承くださいますようお願いします。



一輪だけ咲いていたクリスマスローズが、いつの間にか双子になっていました。

寄り添って咲いているのは寒いからでしょうか。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-26 17:18 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

新入荷 髙木剛さんのポットと急須

髙木剛さんといえばポットや急須、と思い浮かべる方も多いかと思います。

私も、髙木さんに初めて出会った頃から

使いやすく美しい均整のポットや急須を手がけていらっしゃることに、強い印象を覚えました。


f0211463_1530031.jpg
錆粉引ポット 7,350円
直径約90mm×幅約110mm(持ち手含まず)×高さ約900mm 約200CC(八分目までの容量)
f0211463_15302047.jpg
f0211463_15303956.jpg
錆粉引という言葉はあまり聞き慣れないかと思いますが、

髙木さんのうつわではちょこちょこ登場しています。

3年前の百職での個展の際も、この錆粉引でマグカップなどを制作してくださいました。

おなじみの粉引の上から鉄釉を掛け流してあり、景色が浮かび上がっています。

使えば使うほど色合いが深まります。



f0211463_14501451.jpg
灰粉引急須 中 6,510円
直径約95mm×幅約110mm(持ち手含まず)×高さ約75mm 約150CC(八分目までの容量)


今回、急須は2点入荷しています。

ちょっと小ぶりのほう。
f0211463_14502757.jpg
やや大きめのほう。
f0211463_14503530.jpg
お湯の容量はどちらもあまり変わりません。

ざらりとした質感に侘びた風情を感じます。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-25 15:42 | 髙木 剛 | Comments(0)

新入荷 髙木剛さんの粉引小鉢

f0211463_14193842.jpg
昨日に引き続き、新しく入荷した髙木剛さんのうつわの様子をご紹介。
f0211463_14191519.jpg
粉引小鉢 1,680円 およそ直径10.5cm×高さ4.5cm
f0211463_1421202.jpg
f0211463_14213184.jpg
f0211463_14214140.jpg
f0211463_14215082.jpg
f0211463_14215822.jpg
一つだけ自宅用で使っていますが、

鍋物に入れようと、この小鉢に生卵を割り入れてみたら大層きれいでした。

黄身の山吹色と、粉引の白とその中にうっすら見える仄かな青緑。

絶妙な色合いでした。

もう一度やってみようと冷蔵庫を開けましたが、

そういえば卵は昨夜で切れてしまっていました。残念。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-25 14:30 | 髙木 剛 | Comments(0)

新入荷 髙木剛さんの粉引と刷毛目の鉢

先日、陶芸家の髙木剛さんが「年始の挨拶に」とひょっこりお店に足を運んでくださいました。

ちょうどお客様が切れた時間だったので

秋の企画展についてのお話や、今年及びこれからの展望だったり、制作に対する思いなど

思いつくまま、結構長い時間話し込んでいました。


帰りしな、たまたま持っていらっしゃった器を見せて頂き、

新しい粉引の器などがとても素敵だったので、少し分けて頂きました。

ということで、僅かですが思いがけなく髙木さんの器が入荷しています。

皆どれも定番の釉薬使いで、シンプルかつ使い良いサイズ。

うつわの風合いも時と共に変化し、成長していく楽しみをもてます。
f0211463_201528.jpg
6寸刷毛目鉢 4,200円 およそ直径18.5cm×高さ5.5cm
f0211463_2012136.jpg
刷毛目が潔い縞模様となって現れ、美しい勢いと躍動感があります。

刷毛目の縁取りはお料理の色を引き立てます。

f0211463_201339.jpg
6寸粉引鉢 4,200円 およそ直径19cm×高さ5~5.5cm

粉引は、以前にも増して素朴かつ表情豊かな佇まいに変化しており、

古い時代の趣さえも感じさせるような、滋味深い姿です。


他のうつわも明日以降少しずつアップしていきますね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-24 20:05 | 髙木 剛 | Comments(0)

2月企画展ワークショップその2 藁の鍋敷き作りと藁作家の川上ゆりさん

f0211463_1543829.jpg
2月の企画展のワークショップの二つ目は

京都にお住まいの藁作家である川上ゆりさんにお願いして

藁の鍋敷き作りのワークショップを行います。

ワークショップをどう進めていこうか、内容の打ち合わせを何回か重ね、

試作なども行って頂いたのですが

サイズについては、今回は初心者の方用にミニサイズにしようということになりました。
f0211463_15213172.jpg
ご存知、月兎印のスリムポット0.7リットルサイズに敷くと丁度良いサイズ。

小さなミルクパンや、大ぶりな急須の下などにも敷いて頂けるでしょう。

それと時間の都合上、芯の部分もあらかじめ川上さんが用意してくれたものを使いますので、

今回のワークショップでは、外側の部分を編んでいきます。


ある程度の長さまで稲藁で細い縄を綯(な)ってから、外側を編み始めます。
f0211463_155810100.jpg
f0211463_1558273.jpg
f0211463_15584455.jpg
縄が短くなってきたら、稲藁を足して縄を綯い、また編みの部分をする。

淡々としながらも、自分のリズムで出来てくると黙々と没頭する作業工程です。

所要時間3時間と長丁場となるので、途中お茶とおやつをお出ししますので

休憩をはさんでリフレッシュして頂きながら作業を進めていきましょう。


■ワークショップ2「川上ゆりさんと編む、藁(わら)のミニ鍋敷き」※要予約
f0211463_16142367.jpg
①3/8(土)11:00~14:00 ②3/8(土)15:00~18:00
各回定員3名様 受講料2,625円(おやつ付/税込) 
◎稲藁が衣類に着きますので、汚れても良い服装でお越しください。

3/8(土)の百職は、朝から夕方まで「藁編みの日」です。この日は藁を素材に制作を行っている
京都在住の藁作家 川上ゆりさんが教える鍋敷き作りワークショップを開催。
京都のお米農家さんから分けてもらった稲藁を使い、直径12cm程度のティーポットサイズの
小さな藁の鍋敷きを川上さんに教わりながら編みましょう。
途中、おやつ休憩をはさんでの3時間コースです。編み上がった鍋敷きはお持ち帰り頂けますよ。

----------------------------------------------------------------------------------------

12月の半ばには、川上さんの工房にもお邪魔してきました。

工房は藁の素朴な香りでいっぱいでした。
f0211463_1531462.jpg
f0211463_15311718.jpg
今までの試作のものや、これからに向けてのものがあちこちに。
f0211463_15275970.jpg
f0211463_15281548.jpg
f0211463_15293664.jpg
f0211463_15304790.jpg
天井を見上げるとそこにも。
f0211463_15263561.jpg
これは卵づと。

納豆づとなら今でもまだ聞きますよね。

川上さんのオリジナルではなく、

昔実際に行われていた包装(今で言うギフトラッピングですね)の様式を本で見た彼女が、

勉強のために見よう見まねで作ったのだそうです。

卵を贈答品にする際、藁で拵えたパッケージ。素朴であたたかい時代の空気を感じることができます。

f0211463_15284234.jpg
和を感じさせるアイテムに混じって、

フィンランドのクリスマス装飾としても知られる「ヒンメリ」も天井から下がっていました。

麦藁でなく、川上さんなのんでもちろん稲藁製。稲藁は麦のそれよりもちょっと細いのです。


隅には材料の藁が積まれていました。
f0211463_1532106.jpg
f0211463_15322180.jpg
普通の白米の藁と、黒米の藁が混じっていました。

黒米は、稲の原種である野生稲の特徴を受け継いでいると言われます。

藁も、白米の藁よりも黒米の藁のほうがコシがあって強いそうで、

今まで試作してみて得た作り方としては、黒米の藁で芯を作り、

外側の編んである部分は白米の藁を使うようにするのが良いかなと思っているそうです。

研究熱心な川上さんなので、これからも試行錯誤を重ねて、

より良い物を作っていくんだろうな。
f0211463_15354853.jpg



机の上には普段使っている道具や、作業中のお供でしょうか、小さなラジオも。
f0211463_15324939.jpg
f0211463_15364831.jpg
f0211463_15342717.jpg


f0211463_15371626.jpg
稲藁の穂先を使って、小さな箒も編んでおられます。
f0211463_15373052.jpg
これから箒になる穂先たち。束ねておいてストック。
f0211463_15374668.jpg
箒用の糸は焦茶色。

こちらは鍋敷きの中に入れられている芯の部分。
f0211463_15443897.jpg
左のように藁を束ねながらタコ糸でくくり巻いていきます。

ある程度の太さになったら、右のようにまた藁でぐるぐると補強。

この右側の状態の芯を、ワークショップ時に川上さんがあらかじめ用意してくれるので、

ご参加の皆さんにはこの芯を使って頂いて、外側部分を編んでもらうことになります。

f0211463_15565453.jpg
藁作家の川上ゆりさん。

いつもとても聡明な雰囲気の彼女。

優しく教えてくださると思います。
f0211463_15571427.jpg


f0211463_15573034.jpg
毎度おなじみ、この日も一緒について来てくれた主人の小塚が

川上さんに習って藁綯(な)い体験。
f0211463_15574442.jpg
手先が器用な彼もこの日ばかりは「あれー?」と言いながら悪戦苦闘しているように見えましたが、

川上さん曰く「やっぱりものづくりしているだけあって上手くできてますね」と。

褒め上手で教え上手な川上さんだな、と思いました。

ワークショップ当日も、はじめの時間は少し藁綯いを練習し、

それから鍋敷き作りに移行していく予定ですのでどうかご安心くださいね。

中々お目にかかれないワークショップだと思いますので、

ご興味のある方はどうぞお早めにお申し込みください。


※2月のワークショップのお申し込みについての記事はこちら→
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-20 19:02 | 企画展など | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

本日、1/20(月)は通常営業の予定でしたが、

急遽、所要のため臨時休業とさせていただきます。

ご不便をおかけして申し訳ありませんが、

よろしくお願い致します。

明日1/21(火)、明後日1/22(水)は定休日とさせて頂いております。

次の営業は1/23(木)14:00からです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-20 10:53 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

雪を知る

f0211463_1728166.jpg
年が明けて、京都市内の街中に雪らしい雪が降ったのは今日が初めてでしょうか?

目を覚ました頃にはこの聖護院界隈ではもうすでに、雪化粧はうっすらとしか残っていませんでしたが。
f0211463_17281116.jpg



どんな反応をするかと思って

我が家のもう一匹の家族・白猫の旅を、まだ雪が残っていたベランダに連れて行きました。

彼にとっては初めての雪。
f0211463_17282222.jpg


抱っこされて遠くの景色を眺めた後、

ベランダの手すりに積もった雪に鼻を近づけました。
f0211463_1730334.jpg
この後、予想以上の雪の冷たさにびっくりして

抱っこしていた主人の手を振りほどき、毛を逆立てながらベランダを駆けずり回ることに。

あまりの慌てぶりにちょっと笑ってしまいました。

身体のほとんどは白い毛皮に覆われていますが、ピンクの鼻や肉球は地肌。

そりゃびっくりしますよね。


雪は冷たいということを知った日。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-19 17:35 | 日々のはなし | Comments(0)

2月の展のお知らせ きれいに暮らす-春の道具展-/ワークショップ予約受付のご案内

1月も半ばに差し掛かりました。
そろそろ暦も大寒を迎え、寒さもさらに厳しくなると言われます。
ぽかぽかした春の陽射しや、花や若草の匂いが待ち遠しいなあと思いながら
一足早いですが、2月下旬からはじまる展と、期間中に行うワークショップのご予約開始のご案内です。

皆さん、今年の企画展もぜひお運び頂けますように。



f0211463_21565954.jpg
きれいに暮らす-春の道具展-
2014/2/20(木)-3/9(日)

11:00-18:00
※3/1(土)、2(日)の営業時間は13:00-18:00となります
※3/9(日)の営業時間は11:00-17:00となります

◎企画展準備のため2/17(月)-19(水)がお休み、片づけのため3/10(月)がお休みとなります
◎企画展期間中のお休みは2/26(水)、3/5(水)、3/8(土)です

石原ゆきえ(陶)/整頓しやすい食器や一輪差しなど
川上ゆり(藁)/京都産の稲藁で編んだ鍋敷き
小塚晋哉(木)/重ねられる木のトレイやカトラリー、ちりとり、花器など
たま茶(ハーブティー)/オリジナルブレンドハーブティー
tsuyu.(布)/収納に便利な布ものやクロス、マットなど
吉田慎司(箒)/卓上サイズの箒や手箒など
・・・そのほか日本各地のかごやざるなど


■ワークショップ1「あなただけのお茶に彩りを-オリジナルブレンドハーブティー講座-」※要予約
f0211463_223134.jpg
①3/1(土)10:00~12:00※満席となりました ②3/2(日)10:00~12:00※満席となりました
各回定員4名様 受講料3,000円(税込)/おみやげつき

西陣のハーブティーとアートのお店「たま茶」さんによる、
自分だけのお味のオリジナルブレンドハーブティーづくりのワークショップ。
ハーブにまつわるお話をはじめ、実際にブレンドして頂き、お味の変化とバラエティを楽しんでもらいます。
当日ブレンドしたハーブはおみやげとしてお持ち帰り頂くことができます。(50g程度)


■ワークショップ2「川上ゆりさんと編む、藁(わら)のミニ鍋敷き」※要予約
f0211463_2234026.jpg
①3/8(土)11:00~14:00※満席となりました ②3/8(土)15:00~18:00※満席となりました
各回定員3名様 受講料2,625円(おやつ付/税込) 
◎稲藁が衣類に着きますので、汚れても良い服装でお越しください。

3/8(土)の百職は、朝から夕方まで「藁編みの日」です。この日は藁を素材に制作を行っている
京都在住の藁作家 川上ゆりさんが教える鍋敷き作りワークショップを開催。
京都のお米農家さんから分けてもらった稲藁を使い、直径12cm程度のティーポットサイズの
小さな藁の鍋敷きを川上さんに教わりながら編みましょう。
途中、おやつ休憩をはさんでの3時間コースです。編み上がった鍋敷きはお持ち帰り頂けますよ。


【ご予約方法】
お名前・お電話番号・参加人数を添えて、「手しごとの器・道具 テノナル工藝百職」まで
お電話またはE-mailにてお申し込みください。
※予約が満員になり次第、締め切らせて頂きます。
※予約後のキャンセルは準備の都合上お受けしかねます。
※メールでお申し込みの場合は、
 予約受付完了の確認メールが届き次第ご予約完了となりますのでご注意ください。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-01-18 18:00 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新の記事

再入荷 吉田慎司さんの手箒、..
at 2017-06-26 14:58
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 22:06
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 13:42
明日6/18(日)は「京都北..
at 2017-06-17 21:51
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-17 21:46
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-16 21:18
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-15 17:49

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧