<   2014年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました、前田美絵 森谷和輝二人展「緑を重ねる」は無事終了しました

f0211463_15481988.jpg
●最終日の様子

最終日はガラスの森谷和輝さんが在廊してくださいました。

ほんの一部しか撮れませんでしたが、森谷さんとお客様との和気藹々とした様子をどうぞ。
f0211463_15482811.jpg
f0211463_15483623.jpg
f0211463_15484484.jpg
f0211463_15485376.jpg
f0211463_154925.jpg

陶芸の前田美絵さんと、ガラスの森谷和輝さんによる二人展「緑を重ねる」も

おかげ様で昨日無事終了いたしました。

充電が切れ、昨日は更新できずに終わってしまいましたが、

お預かりしていた作品の荷造りも先ほど終え、無事送り出し、やっとブログ更新にこぎつけました。


最終日は一転して雨。

あらら~と、どうなることかと心配な気持ちで朝を迎えたましたが、

蓋を開けてみれば、在廊してくださった森谷さんに引き寄せられたかのように、

思いのほかお客様が訪れてくださいました。


いつもと変わらず、どんなお客様とでも自然と打ち解ける物腰柔らかな森谷さん。

昨日も、初めてお会いするいろんなお客様とすんなり会話を弾ませていらっしゃいました。

あるお客様からは、

一児のパパであることにびっくりされ、

「まだ高校生でもいけますよ!」なんて言われてました。

喋らないで3mくらい離れれば確実にいける気します。
f0211463_15491198.jpg
ほしかったもの、買いました。前田さんの石ころと森谷さんのマカロニ。


森谷さんとは百職のオープン以来ですから、かれこれ5年目のお付き合い。

いつの間にかお父さんになっちゃって。時は流れていきますね。

本当に長くお付き合いしてくださって、森谷さんにはいつもありがたいなあという思いでいっぱいです。

毎夏、個展という形でお願いしていたのですが、

今年は今までとは少し違うスタイルを取ってみてはどうかな、ということで二人展をお願いし、

森谷さんも「僕も今年はちょっと違うことをやってみたいなって、同じようなことを考えていました」と、

快くOKしてくれました。


二人展で森谷さんと一緒に組んでほしいと頭に浮かんだのが陶芸の前田美絵さんでした。

陶芸とガラスという点での違いはありますが、

直感的に、人間性において似た雰囲気を持っているお二人に感じたのがきっかけです。


天空の城ラピュタという映画がありますね。

映画では城の飛行源である大きな飛行石は、永年の時をかけて数多の蔦や蔓に囲われ守られています。

二人とも、その天空の城のように、

いつも見せる顔は、とても穏やかで朗らかで人をひきつけるような雰囲気なのですが

つくり手としての大切な核の部分は

その若さに似合わず、力強い数多の蔦や蔓で強固にしっかりと守られ、

心の奥深い場所にそっと、揺らがずに据わっているのだろうなと感じさせるところが

お二人は相通じるように思っていました。

事前に展についての打ち合わせなどもしましたが、

それすら及ばないところでの、何か共鳴するものが

今回の展示で少し芽生えているような、予感めいたものを感じました。


一回限りの組み合わせもありますが、またこのお二人との展は

この先も時間をかけて構築していけたらなと楽しみでやみません。


今回の展示にお越しくださったすべてのお客様に、心から御礼申し上げます。


また前田さんは京都での初の展示ということもあり、

「初めて前田美絵さんの名を聞きました」というお客様も多かったです。

すでにご存知だったというお客様も、初めて知って頂いたお客様も

ぜひこれから前田さんの器を楽しみにしてくださると嬉しいです。


前田美絵さん、森谷和輝さん、そしてお料理企画の山上公実さん。

この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。



次回の企画展は、初秋の9月です。

百職では3回目となる、山梨の染織作家 飯島たまさん個展「ヒカリユラリ 光リ響リ」です。

ふわふわウールで糸を紡ぐワークショップも開催予定ですので、こちらもどうぞお楽しみに。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-28 17:19 | 企画展など | Comments(0)

緑を重ねる 七日目 ユーカリとタイヨウさんの焼菓子も並んでいます

f0211463_14231952.jpg
昨日より、ユーカリとタイヨウさんの焼菓子も並んでいます。

前田美絵さんの器に並べて。
f0211463_14232959.jpg
今回入荷しているのは、

veganは花蜜、ナッツナッツ、かりかりシナモン。

butterはココア、黒糖、発酵バターの三種類でしたが、

ココアは残念ながら昨日で売り切れてしまっています。ご了承のほど!
f0211463_14233662.jpg




二人展のほうですが、今日でいよいよ七日目。

でもまだまだご紹介しきれていないものもあってすみません。

駆け足ですが、前田さんの器を少しだけ。
f0211463_14235453.jpg
左/蓋物(高) 3,100円(税別) 右/蓋物(低) 2,900円(税別)
f0211463_1424288.jpg
黄緑の5寸皿 2,400円(税別)
f0211463_14242016.jpg
緑の中鉢 4,200円(税別)

緑の器ではほかにも、6寸の平皿や小さなサイズのボウルもありますよ。


森谷さんのほうは器のほかアクセサリーも並んでいます。新作2種。
f0211463_14243217.jpg
color ring 6,500円(税別)
f0211463_1424401.jpg
緑のブローチ 各10,000円(税別)

このほかにもアクセサリーは数種類ご用意していますのでぜひ手に取ってみてくださいね。



今日もかなりの暑さですが、足を運んでくださっているお客様には本当に感謝です!

ご自宅遣い用のほか、

プレゼントとしてお二人のお品を選んでくださるお客様もいらっしゃり、嬉しいです。

どうか喜んで頂ける贈り物となりますように。。。


さて明日は展も最終日です。いつもそうですが、最後の日が来るのはあっという間です。

ガラスの森谷和輝さんが、明日は在廊してくださる予定ですので、

会ってみたかったという方は、ぜひ明日お越し頂いて、いろいろお話してみてくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-26 17:15 | 企画展など | Comments(0)

お料理載せました

今回の展示期間中、お食事企画を行ったからかもしれませんが

お客様から「料理が載っているところが見られたら・・・」という声がちらほら・・・。

前田さんの緑色のうつわも

森谷さんのパート・ド・ヴェールのガラスのお皿も、ちょっと珍しいので、

使うのを想像するのが難しい方もいらっしゃるのかな、と。

ということで、私の料理で良いのかと躊躇しつつも、

お二人の器に料理を盛り付けてパチリと撮ってみました。
f0211463_1844535.jpg
f0211463_1845485.jpg
献立にひねりがなくてすみません。前田さんの器に夏野菜カレーです。

緑色と、こういったカレーの色合いも意外と合うんですよね。

程よい深さもあるので写真のように一人前の料理はもちろんですが

二、三人前の量も盛りつけられますよ。

f0211463_185256.jpg
f0211463_1851160.jpg
森谷さんの八角皿は珍しい形ですけれど、これも意外となんでも使えます。

いつものトマトとバジルのパスタもなんとなくちょっと良い感じに見えるから不思議です。

こちらも縁の立ち上がりがあるので、やや汁気が出るお料理にも安心です。

カフェ風にデザートを何種類か盛り付けるのもちょっと特別な気分になってテンション上ります!


器と料理の色や質感の組み合わせ・相性など、

あれはどうだろう?これはどうだろう?と、時には失敗もしつつ色々とあれこれ試して

発見するのって楽しいですよね。

他にもこんな風に使ってますよー、というのがあったらぜひ教えてくださーい。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-25 19:51 | 企画展など | Comments(0)

緑を重ねる展 六日目

昨日からの続きです。

今回お問合せの多いアイテムということで、今日は森谷さんの場合ということでしたが

すでに売り切れてしまったものもあり、申し訳ありません。

もっと前に紹介すれば良かったのですが失敗しました・・・。

とりあえずあるだけでも、ということで、

DMにも載せた八角皿は、泣いても笑ってもこの1枚だけです。
f0211463_1539138.jpg
八角皿 8,000円(税別)

枚数がほしい方は数ヶ月お待ちいただくことになりますが、ご注文ということになります。


f0211463_1539918.jpg
左/木もれびグラス 3,500円(税別) 右/木もれびぐい呑み 2,800円(税別)

こちらも減ってきています、緑のグラスたち。

おなじみホウケイ酸ガラスを使用しているので、耐衝撃性に優れています。

割れにくく、そして薄く軽い。

飲み物のお味がより鮮やかに味わえて、美味しさを感じて頂けることでしょう。

きりっと冷えた白ワインかスパークリングワインをこれで飲みたい。


このグラスたちは一つ一つ発色も形も違うので、

その場でご覧頂いて気に入ったものを選んで頂くのがベストです。

型吹きガラスではないので、それこそ同じものは二つとは作れません。すごく難しいです。

展が終わったあとのご注文ですが、受けてくださるかもしれませんが、

色合いや大きさは森谷さんにお任せ頂けるお客様に限らせて頂くかもしれません。

どうかご了承頂けますように・・・。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-25 10:38 | 企画展など | Comments(0)

明日25日(金)は15時からユーカリとタイヨウさんの焼菓子販売の予定です

月初めにもお知らせしましたが、再度ご案内です。

明日25日(金)は、山口県のユーカリとタイヨウさんより焼菓子がやってきます。

到着時間によって時間が前後するかもしれませんが、15時からの販売予定です。

暑さが続いてついつい冷たい物ばかりを採りがちですが、

しっかり焼きこんだ、身体に優しい素材の焼菓子で胃を労わって、健やかな夏のおやつ時間をぜひ。
f0211463_1615734.jpg

「ユーカリとタイヨウさんの焼菓子販売」
7/25(金)15時より販売
※売切次第終了となります
※お取置も承ります。食品のため販売開始日より三日間以内に店頭までお受け取りにお見えください。


menu
・veganのクッキー(バター・卵・乳不使用 ※アレルギー対応はしていません)
花蜜ほか

・butterのクッキー(バター使用/卵・牛乳不使用)
黒糖ほか

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-24 16:07 | 日曜百職市、フード販売など | Comments(0)

緑を重ねる展 五日目

f0211463_14502116.jpg
これはパセリです。

今回の展示ではテーマが緑ということで、何か植物をあしらおうと思っていたのですが、

野菜やハーブに落ち着きました。
f0211463_14503316.jpg
にんじんの葉っぱに
f0211463_14504692.jpg
こちらは空芯菜の新芽。

昨日まで豆苗も活けてたんですが、ちょっと元気がなくなってきたので晩ご飯に食べました。
f0211463_1451125.jpg
クレソンです。葉の形がきれいですよね。
f0211463_14511268.jpg
ハーブのタイム。毎朝水を替える時には本当にいい香りです。

普通にグリーンなどを添えるよりも、良い意味で生活感が加わって器に表情が出る気がしています。

二人展の脇役たちでした。


さて、次は今回お問合せが多いアイテムたち。前田さんの場合。

DMに載せたにも関わらず、ご紹介は今日が初めてでした。

前田さんの緑の平皿。お食事企画でもメインのワンプレート皿とし大活躍。

実際に使って頂くと、使い勝手の良さにとっても人気でした。私ももう一枚ほしいです。
f0211463_14512499.jpg
平皿 径およそ26cm 4,500円(税別)

釉薬の様子はもちろんのこと、径の大きさや縁の立ち上がりなどが

本当に一枚一枚異なるので、よーくよーく見比べて皆さん吟味なさっているのが印象的。


先日ブログで横顔美人と紹介した片口ですが、俯瞰でのお写真も。

釉薬の溜まり具合がなんとも言えずいいです。で、上からも良い形です。

大きいサイズはあと1点となりました。中は残り2点です。
f0211463_14513366.jpg
片口大 3,000円(税別)  片口中 2,500円(税別)

f0211463_14514247.jpg
紺の6寸皿  2,700円(税別)

テーマは緑なんですが、こっそり紺色の器もあります。紺も人気です。

この黒でなく、紺というのが魅力的です。

食卓が引き締まるけれども、コントラストが黒ほど強すぎないというのが使いやすさの理由でしょうか。

紺色の上品さに、シンプルなラインがきれいな器。まるで仕立てのいいワンピースのようです。

和のお食事でも洋のお食事も、しっとりと凛とした雰囲気にしてくれます。私のひそかな推しメンです。

こちらの6寸皿のほか、7寸のリム平皿に、ちょっとリムが立ち上がって深さもある7寸リム皿が人気。

ボウルや豆皿などもありますよ。


f0211463_14515015.jpg
箸置 各300円(税別)

前田さんの器の色を映した、様々な形の箸置たち。

こういう中からお気に入りのを探すのは楽しいですよね。


残り僅かのものもありまして、

展示が終わってしまうと「もう返しちゃった・・・」という場合もありますので、

気になる方はどうかお早めにお問合せくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-24 15:37 | 企画展など | Comments(0)

緑を重ねる展 四日目 森谷和輝さん 

f0211463_14334323.jpg
緑を重ねる展、四日目となりました。
f0211463_14492275.jpg
お品物も少しずつ減っているので、ディスプレイも少しずつですが変化しております。
f0211463_14293349.jpg
こういうのが二人展ならではの並べ方でしょうか。

こんな使い方もぜひして頂きたいです。


世の中では3連休も終わり、平日を迎えていますね。

朝起きたら背中にばりばりと衝撃が走り、痛くて痛くて。明らかに疲労ですよね、これ。

歳をとるってこういうことなんだなと痛感しました。


さて四日目にして遅ればせながら、

やっと緑を重ねる展のもう一人の主役、森谷和輝さんの作品をご紹介です。

私がちんたらしている間にも、森谷さんの器たちは次々と旅立っているので本当にもうすみません。

お昼はシリアルを森谷さんのリム鉢で頂きました。
f0211463_14342144.jpg
リム鉢 5,400円(税別)

初めて見た時は、帽子を逆さにしたような器だと(すみません)思ったものですが、

かれこれ3年位使っていると さすがに使いやすさに気がつきます。

ね、こうしてシリアルとかにもいいですし、冷たいスープとかにも合うんですよ。

フルーツを盛るには問答無用でぴったりです。

昔は小さいのも作ってたんだけどな。もう作らないのかな。今度聞いておきますね。

f0211463_14345141.jpg
左/木もれびぐい呑み 2,800円(税別) 右/木もれびグラス 3,500円(税別)
f0211463_14441333.jpg
草はらグラス 3,500円(税別)

このグラスたちは、今回の緑を重ねる展の「緑」に合わせて作ってくださったもの。

淡く降り注ぐ木洩れ日の緑に、夏の草原を覆う濃い鮮やかな緑。

夏の中のさまざまな緑の色を、映しとってくれた特別なグラスには

見えている色以上に、情景や物語を感じることができると思います。

f0211463_1445159.jpg
bell(前田×森谷コラボ) 3,000円(税別)

いつもの森谷さんのbellに、前田さんの土のモチーフが風受けに。

風受けの裏側には「ふれるとゆれる」と刻印が。

風に揺れるだけじゃなくて、手で触れて鳴らしてもらう愉しみ方の一つの提案。

音が鳴るのを待つだけじゃなくて、触れて、鳴らしてみてくださいね。


新しい、ちっちゃいものシリーズ。
f0211463_14453570.jpg
choi 1,200円(税別)

文句なく可愛い、片口の形して、でてのひらに載るサイズです。

大きいものが多いので、あまり目立たないかもしれませんが

ハマる人にはきゅんとくるはずです。

choiという感覚的な名前もいいなと。可愛いというよりももはや愛おしいです。

f0211463_14475970.jpg
bar 1,000円(税別)

ご無沙汰しています、の箸置きです。展示でも本当に久しぶりに並べました。

森谷さんの箸置きはcucuというのがとても人気なのですが、結構このbarが私は好きです。

和菓子の琥珀みたい。テーブルセッティングをクールにカッコよくまとめたい時もいい。
f0211463_14483682.jpg
paperweight 7,000円(税別)

ゆらゆら揺れる形のペーパーウェイト。

起き上がり小法師を思い出すのは私だけでしょうか。

f0211463_14485322.jpg
sei L 5,000円(税別)

f0211463_1449448.jpg
macaroni 7,000円(税別)

新作ネックレス。

透明チューブみたいな、でももちろんガラスです。中がさやえんどうみたいに節っぽくなってます。

半透明な管状ガラスがゆるやかにほんのりとカーブしています。

マカロニと言ったほうがキャッチーですが私の中では透明チューブで決定です。

どこか理科的な、独特の雰囲気を彷彿とさせます。参りました。ほしい物リスト入りです。


 
うつわのパレード。
f0211463_1447184.jpg
クリア皿LL 12,000円(税別)  クリア皿L 6,000円(税別)  クリア皿S 3,800円(税別)
f0211463_14471024.jpg
八角皿 8,000円
f0211463_14472270.jpg
リム大鉢 10,000円(税別)
f0211463_14473719.jpg
フォールグラス 5,200円(税別)
f0211463_14482061.jpg
六角皿 3,000円(税別)

売り切れてしまった器もあって本当にすみません。

今回は器へのお問合せが非常に多いです。

わざわざ遠くからお越しくださった方もいらっしゃり、心から感謝します。

今回で森谷さんの展示は、個展、二人展合わせて通算で5回目になりますが

来てくださるお客様は誰一人として、器の値段について「高い」とおっしゃる方がいないのです。
(もちろん心の中では思った方もおられるのかもしれませんけれど・・・)

ガラスは原料だったりその製法の点から、

やきものの同じ大きさの器と比べると高くならざるを得ず、

更に言うと森谷さんの採っているパート・ド・ヴェールでの作り方だとますます手間がかかりますから、

百職で森谷さんの個展を行った初回や二回目は「お高い」と言われることがとても多かったのです。

それが昨年の展示では減り、今年はその声はまだ聞かれておらず本当に嬉しいなと・・・

研究熱心な森谷さん。器の出来具合も年々、回を重ねるごとに完成度が高くなっているなあと

素人の私でも毎年見ていると感じるところは多いです。

それが使い手のお客様にまで見て伝わるかと言えば話は別なわけで。

苦労して作っていても「高いね」と言われてしまうことはよくあります。

でもそれは仕方がないことでもあります。

お客様からの反応は真摯に受け止めつつ、とは言えやはり切ないものです。

実際に作ったわけでもない私ですらシュンとします。

しかし今年は、手に取ってくださった方に

「このお値段でもほしい」と恐らく感じて頂けたのかなと、

そう判断してくださる方が増えてきたのかなと、今までやってきて本当に良かったなと思っています。


まるで展示終了後のまとめコメントのようなことを書いてしまいました。

でも本当に嬉しくて、やはり今日の時点でお礼を述べておきたくなったのです。

連れて帰ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。


さて明日の水曜日は休廊。合間に一日だけお休み頂きます。お間違いないように。

まだまだ展示は後半へと続きます。

良い物もご用意していますので、ぜひぜひ展示後半も遊びにお越しくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-22 17:55 | 企画展など | Comments(0)

緑を重ねる展 三日目 お食事企画/山上公実さんによる、夏を乗り切る薬膳ランチ

f0211463_20213828.jpg
緑を重ねる展も三日目が終了しました。

本日は、前田さんと森谷さんの器を楽しむお食事企画の日。
f0211463_20215191.jpg
お料理を担当してくださったのはこちらの山上公実さん。
f0211463_2022052.jpg

某人気飲食店での調理担当をされていた経験があり、ファンも多い山上さんのお料理ということで、

ご予約の受付開始から即満席となりました。
f0211463_20221443.jpg
こちらは鶏肉の烏龍茶蒸し。
f0211463_20222777.jpg
先日出かけたという台湾で買ってきてくださった上質な白きくらげをたっぷり使った中華風の炒め物。
f0211463_20223754.jpg
メインを盛り付けていくところです。

今回のメニューのテーマは薬膳。

たくさん汗をかくこの時期、スタミナ不足になりがちですが、

夏野菜で適度に身体を冷やし、汗で奪われた水分を補い、香辛料・香味野菜・酸味のある食材などを使い、

食欲があがるような献立を考えてくださいました。

器の打ち合わせも事前に何回も重ね、当日使う器と料理との色や形の組み合わせや

その日の気候に適したメニューのパターンをいくつも考えてくださったそうです。


本日お出ししてくださったメニューはこちら。

ウェルカムティー/
ゆっくりと抽出した水出しのジャスミン茶 森谷さんの木漏れ日グラスを前田さんの紺の豆皿に載せて

スープ/
冷製とうもろこしスープ 森谷さんのフォールグラスに盛り付け

メインの六種盛り/
トマト、オクラ、そうめんの寒天寄せ
モロッコいんげんと白きくらげとクコの実の中華風炒め
鶏肉の烏龍茶蒸し ピーナッツだれ
海老と紫蘇のベトナム生春巻き 自家製コチュジャンだれ
蒸しかぼちゃと枝豆と松の実のココナッツ風味
雑穀ご飯
 前田美絵さんの緑の平皿に盛り付けて

揚げ物/
はもの天ぷら 辛子酢味噌だれ 森谷さんのパート・ド・ヴェールの小さな丸皿に

デザート/
自家製台湾風パイナップルケーキと蓮の実と棗 森谷さんのパート・ド・ヴェールの六角皿に
 
食後のお茶/
あたたかい菊花茶 前田美絵さんの緑の筒型湯飲みで


今日は私もお運び係でしたので、あまりお写真は撮れなかったのでごめんなさい。。。

お料理の写真、少しだけ。

こちらは、冷製とうもろこしスープを森谷さんのグラスに盛り付けています。
f0211463_21252840.jpg
こちらは前田さんの緑の平皿に六種盛りのワンプレート使いで。
f0211463_20244475.jpg


こちらは午前の回のお客様とご歓談中。
f0211463_20231889.jpg


午後の会のお客様方、メインのお料理をお楽しみ中の写真。

※準備の都合で午前3名、午後5名という構成になりました。
f0211463_2023291.jpg


お二人が心を込めて作ってくださった器たちに、美味しい心づくしのお料理が実際に盛り付けられて。

あるお客様からは「やっぱり実際にお料理が載ると器が一段といきいきしますね」と。

座卓を囲んでの寛いだ雰囲気に心和むひとときとなりました。

ご参加くださったお客様の皆様、本当に本当にありがとうございました。

そして最後の写真はこちら。
f0211463_21473786.jpg
山上さんが私に用意してくださったまかないメニュー。やはり前田さんの平皿にて。

「多めに作ったので」と、お客様に召し上がって頂いたものをまかないとして!はも!

嬉しくて涙がちょちょぎれそうになりました。

合間を見計らって写真を撮って、あとでゆっくり美味しく頂きました。

入念な準備をして今日に臨んでくださり、素晴らしいお料理を披露してくださった山上さん、

本当にありがとうございました!

山上さんには今年の秋ごろの企画で再度腕をふるって頂ければと検討中ですので、

どうぞ皆さん、楽しみにお待ちくださいね。


明日火曜日は、通常定休日ですが、本展期間中は営業しておりますよ。

火曜日しかお出かけできないという方は、明日はぜひとも。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-21 21:50 | 企画展など | Comments(0)

緑を重ねる展 二日目 前田美絵さん

f0211463_16421953.jpg
現在の拠点の埼玉から、来月には栃木県の茂木町へと移り住むという前田美絵さん。

初めて会った時は「なんて小顔でお洒落な陶芸家の女の子なのだろう」と思いました。

でも今年の冬に会った時「スマホはやめて、ガラケーに戻したんです」とか

昨日の在廊日には「スマホ、なくなっちゃえばいいのになという私の願望」発言とか、

知り合っていく内に、どうやら意外と中身は結構いかついぞ、というのが分かってきました笑

彼女の作る器をみればそれも納得してもらえるでしょう。

一言で表すのなら「硬派」。

ごまかしのない、シンプルで潔い形。

淡々と、そして凛々しくて、でも冷たい印象でないのは

一つ一つ異なる緑を基調とした釉薬に豊かで深い表情があるから。

作る人の人柄を映しているかのよう。

色にこだわり、徹底して普段の暮らしの中での使い良さにもこだわっているのが、

前田さんのカワイイダケジャナイ、硬派で良い意味での頑固さが垣間見えるところだと思います。

f0211463_16413418.jpg
左/豆皿 1,500円(税別) 右/豆鉢 1,200円(税別)


貧相な料理をお見せしてすみません(涙)

おからの煮物と梅干を盛り付けた器は私物ですが、

今回の展示にも同じものが並んでいます。

こういった豆皿や豆鉢はいくつあっても助かります。

おかずをちょっとずつ載せた器が並んでいると、それだけで楽しくなりますね。


f0211463_1642281.jpg
f0211463_16433142.jpg
ボウル中 3,100円(税別)

小どんぶりくらいのサイズ。

ちょっと深めのたっぷりのおかずの盛鉢にも。
f0211463_16433932.jpg
フルーツボウルとしても。

今の季節は特に涼やかに使って頂けるし、フルーツとの色あわせを考えるのも楽しい。

f0211463_16434859.jpg
ゆのみ小 2,300円(税別)

こちらはボウルをそのまま小さくしたようなサイズ感。

下に森谷さんのクリア皿を敷くと、涼やかさが更に加わりました。

アイスクリームなんかを盛り付けても良さそうです。

f0211463_1644414.jpg
片口大 3,000円(税別)

横顔美人と、私はそう呼んどります。

本当は器の内側もきれいなんですけど。写真を取り損ねてしまったので、また後日。

今の季節ならば、色鮮やかなお漬物とか、冷たくした茄子の煮浸しとか、

万願寺のじゃこ煮とか、ねぎ塩やっことか、和食が似合うかなあとか

アクセントで洋風のお料理を盛り付けても良さそうだとか、見ているといろいろ浮かんできちゃいます。


小さな仲間たち。
f0211463_16441959.jpg
おちょこ 1,000円(税別)
f0211463_16443295.jpg
ミルクピッチャー 1,500円(税別)

こういうのにちょこんとおつまみとか、いいなと思います。
f0211463_16444199.jpg
小さな植物を活けても可愛らしかったです。

f0211463_20554339.jpg
花器 2,400円(税別)
f0211463_20555246.jpg
花器小 2,000円(税別)

両方とも小さいですけれどオブジェみたいな存在感があります。


f0211463_16445976.jpg
石ころ 1,800円(税別)
f0211463_16451089.jpg
石ころって!と私のツボにはまりました。

本当の本当に石っぽい。でもすごくきれい。

小さい頃に出会ってたらきっと宝物にしたいと、母にねだっただろうなあと。

こういうのを見ると、前田さんはただの硬派ではないなと思います。

お茶目で素朴な硬派なのだ、と。

芯の強い素敵な作り手さんというのが、

じっくりじっくり時間をかけて見て頂くと、きっと伝わるはず。

---------------------------------------------------------------------------------------------

前田美絵 森谷和輝 二人展 「緑を重ねる」
2014/7/19(土)-27(日)
11:00-18:00 ※7/21(月・祝)のみ15:30-18:00営業となります
◎準備及び片付けのため、7/15(火)、16(水)、17(木)、18(金)、28(月)はお休み
◎期間中は7/23(水)のみお休み
◎前田さんは7/19(土)、森谷さんは7/19(土)、27(日)にそれぞれ在廊予定

前田美絵さんの柔らかな緑の陶の器、森谷和輝さんのほのかな緑の硝子の器。
お二人がつくる、さまざまな表情の緑が重なり合い、
清清しい心地良さを、私たちに運んでくれます。
普段の暮らしに使いやすい種類の器を中心に、新作も含めお届けします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-20 21:09 | 企画展など | Comments(0)

本日より前田美絵 森谷和輝 二人展 「緑を重ねる」が始まりました

●初日の風景
f0211463_20591556.jpg
f0211463_20593583.jpg
f0211463_20595466.jpg
f0211463_210516.jpg
f0211463_2103656.jpg
f0211463_2104877.jpg
f0211463_2111927.jpg
f0211463_2114740.jpg
f0211463_2115411.jpg
f0211463_212512.jpg
f0211463_2122886.jpg
f0211463_2124023.jpg
f0211463_2125022.jpg
今日は不安定なお天気にも関わらず足を運んでくださったお客様の皆さま、

本当にありがとうございます。

前田美絵さんと森谷和輝さんの二人展「緑を重ねる」本日初日を迎えました。

初日ということで、前田さん・森谷さんの両作家さんも今日は在廊してくださって

本当にありがとうございました。

京都では初の展示となった美絵さんの知人の方も駆けつけてくださったり、

またはお花を届けてくださったお客様もいてくださり、とても嬉しい出来事でした。

作り手さんご本人が、お客様と直接対面して

作品などについてお話したり、一緒に選んでくださっているのを傍で見ていると

すごくわかりやすく伝わってくるし、

この特別感は、お品への愛着を深めてくれるものだなあ、と改めて感じました。

途中雷雨があり、お客様にはご不便をおかけしましたが

今日はゆっくりと作品をご覧になっていってくださる方が多く、

おかげさまで和やかな雰囲気での初日となりました。

本当にありがとうございました。

それと、DMにも載せておりました森谷和輝さんの八角皿ですが残り1となっております。

複数枚ご注文ご希望のお客様は、どうぞお申し付けください。

明日からは店主の私のみとなりますが、どうか皆さまぜひぜひお越し頂けるようお待ちしています!

---------------------------------------------------------------------------------------------

前田美絵 森谷和輝 二人展 「緑を重ねる」
2014/7/19(土)-27(日)
11:00-18:00 ※7/21(月・祝)のみ15:30-18:00営業となります
◎準備及び片付けのため、7/15(火)、16(水)、17(木)、18(金)、28(月)はお休み
◎期間中は7/23(水)のみお休み
◎前田さんと森谷さんは7/19(土)に在廊予定

前田美絵さんの柔らかな緑の陶の器、森谷和輝さんのほのかな緑の硝子の器。
お二人がつくる、さまざまな表情の緑が重なり合い、
清清しい心地良さを、私たちに運んでくれます。
普段の暮らしに使いやすい種類の器を中心に、新作も含めお届けします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-07-19 21:49 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新の記事

再入荷 吉田慎司さんの手箒、..
at 2017-06-26 14:58
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 22:06
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 13:42
明日6/18(日)は「京都北..
at 2017-06-17 21:51
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-17 21:46
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-16 21:18
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-15 17:49

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧