<   2014年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました、飯島たま個展「ヒカリユラリ」は無事終了いたしました

f0211463_1913132.jpg
f0211463_1915556.jpg
f0211463_19151581.jpg
f0211463_19152855.jpg
f0211463_19153893.jpg
f0211463_19155817.jpg
f0211463_1916976.jpg
f0211463_19161819.jpg
f0211463_19162856.jpg
染織家 飯島たまさんによる個展「ヒカリユラリ」展」。

おかげさまで本日無事終了いたしました。


例年よりも早く、今年は飯島たまさんの個展となりました。

だんだんと涼しくなってきたかなと思っておりましたが、

たまさんの個展期間中は、ちょっぴり残暑の気配が顔を覗かせるようなお天気が続きました。

その気候と比例するように、

ウールも気になるけれど、今だったらオーガニックコットンかなあということで、

そのふわふわの肌触りを楽しまれていくお客様が多い今回の展示でした。


やっぱり染織の展とあってか、実際に染織をされていたり、

そこに近しいお客様も期間中は多く、ついつい色々と話し込むことも。

最終日の今日も色んな方とお会いできた日でした。

ありがとうございました。


飯島たまさんの個展も今年で三年目。

今回は二日目の21日から三日間、

山梨からお越しくださり、お客様をお迎えしてくださいました。

たまさんの柔らかでしなやかな佇まい。でも根っこはしっかりと張っている。

お茶目でチャーミングで誠実なお人柄だからこそ、

初めて会うお客様も構えずに、とっても自然な空気の中で会話が始まるのでしょう。

そして、去年も書きましたが

巻物たちの生みの親であるたまさんが持つ、曇りのない愛情や信念。

作品を産み出した人だけが持っている真実の物語は、

意図しなくても、見るお客様には伝わっているのだと私はまた実感しました。


三回目の個展は、今年の春のはじめに大雪に見舞われた山梨から始まり、

北欧フィンランドの旅によって昇華され、そして研ぎ澄まされ、

その心の隅々まで送り込んだものが作品たちに宿って、京都にやって来ました。

そう私は思っています。

こんなにも心の在り様というか、宮沢賢治の言うところの心象スケッチということかもしれませんが、

それを染織という手法で表現することができるのか、と

本当にもう、届いた作品を初めて箱から出して手にした時、心の震えるような感動を覚えました。

そこには宇宙のような、無限の美しい世界が広がっていたからです。

それは今回タッサーシルクとリネン、そしてウールの巻物に見ることができたと思います。

間違いなく飯島さんは素晴らしい表現者です。

今回、新しい扉をまた一つ開いて次の世界へと進まれている、

そういったターニングポイントの展示となった気がします。

それを今回間近で見ることができて本当に幸せでした。


と同時に、やはりたまさんの美しさや素晴らしさを知って頂くのであれば

紡ぎ染め、そして織りの仕事がいかんなく発揮される巻物、

それを思い切り楽しめる秋から冬の終わりの季節に展示を行いたい、と改めて思った次第です。

来年の開催予定はまだ未定ですが、

また次に再会する時、どれほどの美しい世界で私たちを魅了してくれるのだろうと楽しみで仕方ありません。


それにしてももっともっとたくさんのお客様に触れて頂くには、あっという間の会期でした。

申し訳ありません・・・。

私の写真などでは、たまさんの巻物の素晴らしさはお伝えできるものではなかったです。

ですので、たまさんは、この後地元山梨でも個展を予定されています。

バッグがメインというお話でしたが、巻物もお出しになることと思います。

お近くの方は是非お出かけになってみて頂いて、

どうか実際のお品をその目で見て、触れてくださいね。


今回の展に足を運んでくださったすべての皆さま。

そして飯島たまさん。

本当に本当にありがとうございました。

心から御礼申し上げます。


明日からは展示入れ替えのため、しばらくお休みとなります。

休み明けは常設展示が始まりますが、今月は出張のため営業日がとっても少ないので、

どうかホームページのほうに載せてあります営業予定をご覧になって、

お出かけの予定を立てて頂ければと思います。


◎個展で並んでいたお品につきましては、一部ですが引き続き取り扱わせて頂きます。
◎ご注文、お取り寄せなども可能な限りご相談に乗りますので、まずはお気軽にお尋ねください。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-28 20:21 | 企画展など | Comments(0)

個展終了にともなう、営業時間変更及び休業のお知らせ

f0211463_13532121.jpg
昨日と同じく今日も残暑厳しい日となっていますね。

汗をかきながら来てくださっているお客様もちらほらいらっしゃり、

久しぶりに冷房を入れている百職です。


いよいよ飯島たまさんの個展「ヒカリユラリ」も本日最終日です。

入れかわり立ちかわりお客様もお越しくださっていて、本当にありがとうございます。

少なくはなりましたが、まだ素敵なお品もありますので、ぜひお手にとって頂けると嬉しいです。


さて本日は、個展最終日のため17時までの営業となっておりますのでどうかご了承くださいね。

それと明日9/29(月)~10/1(水)は展示入替のため三日間お休みさせて頂きます。

メールや電話対応もこの間はお休みとさせて頂きますので、ご了承くださいませ。

メールにつきましては受信はできますが、

ご返信につきましては10/2(木)以降、順番にして参りますのでどうかよろしくお願いします。


この展示が始まる前日に生けた藤袴の花の蕾がようやく開き始めました。

蕾は薄紅色ですが、花は小さな白い花。可憐です。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-28 13:56 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

10月と11月の営業カレンダー

f0211463_14191523.jpg
今日は秋晴れの日となっていますね。

写真の真ん中は、百職のある聖護院からも眺められる大文字山(如意ヶ嶽)の「大」の文字。

今日はまたくっきりと臨むことができました。

予報では京都は最高気温30度だそうで、陽射しが暑いくらいです。

明日も同じく30度の予報が出ているようなので、外を出歩かれる方はどうか気をつけてくださいね。


さて、百職のホームページ上の「営業予定」ページに10月と11月のカレンダーを更新しています。

10月は、主人のクラフトイベント出展に帯同させて頂くのと、

企画展示の準備や後片付けなどにより、火・水以外のお休みが

いつもよりも多くなっていますので、

ご来店前には、一度カレンダーをご覧頂いて営業予定をご確認の上お越し頂けますと助かります。

10月末からは高木剛さん、平野日奈子さん、tsuyu.さんによる企画展「白秋」、

11月末からは石原ゆきえさん、須原健夫さん、

只木芳明さん、tsuyu.さんによる企画展「週末食堂にて」を予定しています。

ほかにもさざなみベーカリーさんのパン店頭マーケットと、

山口県からのお取り寄せ便「ユーカリとタイヨウ」さんの焼菓子販売もありますので

秋の百職もどうぞお楽しみに!


10月の営業予定→
11月の営業予定→

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-27 14:36 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

10月の焼菓子販売とパン販売のお知らせ

今日二回目の更新は、

毎月のお楽しみ、百職市の焼菓子とパンの販売の10月のお知らせです。

10月はイベント出展の手伝いや、企画展準備などのため、

百職は臨時休業や営業日の変更があります。

そのためユーカリさんの焼菓子便は10/3(金)~の販売のみとなります。

また、さざなみベーカリーさんのパン販売も

今回はさざなみさんのご都合により第一日曜日の10/5(日)となりますので、

こちらもどうかご了承ください。

10月の営業日等は、また後日アップいたしますので

お出かけのご参考にして頂けますようお願いします。

f0211463_15265065.jpg
山口県長門市からのお取り寄せ便「ユーカリとタイヨウさんの焼菓子販売」
10/3(金) 15時より販売
※売切次第終了となります
※お取置も承ります。入荷予定の詳細は店頭まで
※食品のため販売開始日より三日間以内に店頭までお受け取りにお見えください。

九州の小麦粉とできるだけオーガニックやフェアトレード素材で
食感を大切に作っている焼菓子。
(※ユーカリさんのブログに書かれていらっしゃった焼菓子についてのご説明を引用させて頂きました)
vegan(乳・卵不使用)とbutter(卵不使用・乳使用)の二種類の焼菓子がございます。
※アレルギー対応はしていません

【販売予定メニュー】
・veganのクッキー(バター・卵・乳不使用)
・butterのクッキー(バター使用/卵・牛乳不使用)




f0211463_1527294.jpg
※こちらの写真は昨年のメニューです
10月の日曜百職市
「さざなみベーカリーさんのパン・焼菓子店頭マーケット」
2013/10/5(日)
テーマ:青空の下で食べたくなる秋味のパン
11時〜売切次第終了
場所:テノナル工藝百職店内にて
※準備状況により、開始が遅くなることもあります。ご了承ください。

【販売予定メニュー】
さつまいもと胡麻のパン
渋皮栗のブリオッシュ
プレッツェル
九条ねぎのタルティーヌ

◎北大路で人気のパン屋さん「さざなみベーカリー」のパンを百職にて販売します。
涼しくなるにつれて、秋の実りがだんだんと豊かになる季節。
秋に出回る野菜や果物は、夏に消耗した体力を回復したり、冬場に風邪を引かないようにエネルギーを体内に蓄える効果があると言われています。
その秋の食材を使って、気持ちの良い秋の青空の下でぱくっとかぶりつきたくなるようなパンや焼菓子をさざなみベーカリーさんに届けていただきます。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-26 15:39 | 日曜百職市、フード販売など | Comments(0)

ヒカリユラリ展 六日目 

ちょっと汗ばむような週末を迎えている京都。

ここのところ寒暖の差が激しいためか、ちょっと風邪気味です。

皆さんも朝晩はあたたかくなさってくださいね。


f0211463_14524822.jpg
飯島たまさんの個展も今日で六日目です。

過去二回の個展ではいずれも巻物オンリーでしたが、

今回はブローチも初登場しています。

f0211463_14522969.jpg
草木で彩るブローチ 直径およそ4.8cm 各1,836円

ウールを紡いで、その糸を茜、紫根、藍、マリーゴールド、欅、紅葉、桃を使って染め織り、

芯には、ヒバと国産綿を入れてあります。


織生地の取り方がそれぞれ異なるので、ブローチ一つ一つの模様が違って、

皆さん、いくつかを選んでとっかえひっかえ鏡で合わせながら悩まれています。

ぱっと決めちゃう方もいれば、

真剣な顔つきで吟味してくださる方もいますし、

色んなタイプの方と接するのがとっても楽しいです。

f0211463_14531966.jpg
今回はワンサイズだけですが、今後は大きさや形などのバリエーションを増やしていきたいね、と

たまさんとお話しました。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-26 14:54 | 企画展など | Comments(0)

作家さんからの展示ご案内 沖原紗耶さん、荘司晶さん、叶谷真一郎さん、小塚晋哉さんなど

今朝まで降っていた雨もあがり、少し蒸してきました。

でも空気はもう秋。

しばらく個展の様子を綴っていたこともあって、

百職でお世話になっている作家さんたちから届いていた

各地で様々な催しのお知らせが遅くなってしまいました。

日付が近い順からご紹介します!


山梨の竹のカトラリー作家の沖原紗耶さんは、

京都の「ギャラリーひたむきさん」で三人展にご参加中です!百職からも近いですよ~

ご一緒に展をされている陶の高木浩二さん、ガラスの西山芳浩さんもとても素敵なつくり手さんです。

10/6(月)まで行われておりますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

f0211463_14525538.jpg
優しいひと時 展  沖原紗耶 高木浩二 西山芳浩
2014/9/17(水)-10/6(月) 
11:00-19:00 ※会期中、火曜休
場所 GALLERYひたむき



木工の荘司晶さんご出展の「銀座・手仕事直売所」は本日からスタートしています。

東京・銀座の松屋銀座で行われている名物催事。

松屋銀座さんは昔から、デザインコレクションというセレクトショップを設けたりと

暮らしのデザインの品々には力を入れている百貨店という印象が強いです。

「銀座・手仕事直売所」は、全国の窯元さんや問屋さん、そして作家さんと、

工芸や民芸、クラフト、荒物など日本の幅広い手仕事が見ごたえたっぷりに集います。

荘司さんも今年初めてご出展ということ。今頃どんものが並んでいるのかしら・・・。お近くの方はぜひ!

f0211463_15195339.jpg
銀座・手仕事直売所
2014/9/25(木)-30(火)
10:00-20:00 ※最終日は17:30閉場
松屋銀座8階イベントスクエア



10月になると、ますます各地でのクラフトフェアなどの催しが目白押しになりますね。

千葉県市川市のニッケコルトンプラザで行われる、

galleryらふとさん企画の野外展示「工房からの風」も今回で12回目だそうです。

展示販売&ワークショップのテントがずらりと軒を連ね、ご来場のお客様でかなり賑わいます。

今回の「工房からの風」には、百職でお付き合いの作家さんもたくさんお出になります。

展示販売では、

叶谷真一郎さん(陶磁)、小塚晋哉さん(木)、平野日奈子さん(陶磁)、松本美弥子さん(陶磁)。

ワークショップでは

勢司恵美さん(竹)、吉田慎司さん(箒)。

たくさんいらっしゃるので、誰か忘れていないかちょっと不安になるくらい・・・(本当に大丈夫?)

ちなみに夫の小塚の手伝いで、私も当日は現地で販売のお手伝いをしますので、

(そのため、その前後はお店をお休みさせて頂きます)

お出かけしてみようかな、という方は良かったら覗いていってくださいね!

f0211463_15201446.jpg
第12回 工房からの風
2014/10/18(土)、19(日)
10:00-16:30
ニッケコルトンプラザ屋外会場 詳しくはこちらを→
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-25 15:23 | お出かけのススメ | Comments(0)

ヒカリユラリ展 五日目

f0211463_148316.jpg
秋分が過ぎ、

いつの間にか6時を過ぎると夜の帳がゆっくりと下りてくるようになりましたね。

飯島たまさんの個展も今日から後半に入り、残すところあと三日。あっという間です。

f0211463_131077.jpg
草木で彩るオーガニックコットンのストール 7,020円(税込)
糸/オーガニックコットン
染に使っている草木/桜、空木、桐、たんぽぽ、杉、春菊、マリーゴールド、茶、桃、待宵草、紅葉
f0211463_139555.jpg


たまさんが草木の色の美しさをいかんなく用いた、オーガニックコットンのストールです。

オーガニックコットンを草木で染め、二枚重ねのストールに仕立ててあります。

同色の二枚仕立てのものもあれば、色の違う二色を二枚仕立てにしてあるものもあります。

表情もそれぞれ違うからお好みで巻き方を色々楽しめます。


そうそう、会期中にお越しくださった何人かのお客様から、

また今日も質問された内容があるのですが

「作家さんメイドの草木染めのお品って、もっと高いイメージがあったんですけど、

こちらの作家さんのものは比較的手に取りやすいお値段で、これはどうしてなんですか?」と。

そうですね。

おそらくそういったお品は、染料店で入手した草木染め染料で作られたもので、

草木染め染料自体が高額なものが多く、

そうすると草木染めのお品自体に価格が跳ね返ってきてしまいます。


この草木染めのオーガニックコットンストールのみ、たまさんが紡いで織ったものではなく、

信頼できるところから仕入れたオーガニックコットンをたまさんが草木で染めて仕立てたもので

このほかの巻物たちは、たまさんの手によるいわゆるホームスパンの草木染めの織物です。

たまさんの織りの品々がかなりお手頃なお値段なのは、

たまさんが自分の畑で育てた藍やマリーゴールドなどの草花や、

近隣にお住まいの方から分けてもらった杉や桃の枝だったり、

自然豊かな山梨県勝沼の自然の恵みから分けてもらった草木を使っているからなんだそうです。

たまさんが「だから私は勝沼の自然に感謝しないと、っていつも思うんです」とおっしゃっていました。

染料店で買わない代わりに、たまさんが植物採集に出かけたり

種を蒔いて、水をやり、愛情を込めた草木たちのおかげで

身につける私たちも、その恩恵を受けることができているんですよね。


このオーガニックコットン。

ふわりと空気をはらんでさらりとろりと優しい肌ざわり。

巻いていて暑くなったら、汗を拭いてもいいんですよ、と飯島さんがおっしゃっていました。

ちなみにオーガニックコットンと一般的な綿は何が違うのか?

普通、綿(綿花)を収穫する際は、葉や茎が枯れてから行います。

一般的な綿花を収穫する際の現在のスタンダードな方法としてなされているのは

枯れ葉剤を使って強制的に枯らした上で行うやり方です。

これの方が確実に低コストで収穫可能だからです。

一方、オーガニックコットンは手間や人手はかかりますし、高価にはなってしまいますが

安全ということや自然のままの良さを尊重して、有機肥料を使ったり、

人の手で除草し、刈り取り作業を行っています。

たまさんが

「オーガニックコットンが気持ちいいのは、綿たちも気持ちよくのびのび育ったからなんだと思います」

と仰っていたのが印象的でした。

人も植物もおんなじなんですよね。


最後に、このオーガニックコットンのストールを、

素敵に色々な巻き方で試着してくださっていたお客様がいらっしゃったのでお写真を撮らせて頂きました。

その様子を載せておきますね。
f0211463_1433631.jpg
f0211463_145444.jpg
お色違いの二枚仕立てのものだと、くるくるねじったりして違う色を見せられるのが楽しいですね。

こうやってターバンにして使うのってお洒落。


ちなみにこのお色のストールは

こちらのお客様がご購入してくださいましたので、現在は品切れです。

基本的に一点ものとなっておりますので、ご了承くださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-25 14:12 | 企画展など | Comments(0)

ヒカリユラリ展 四日目

f0211463_121717.jpg
●四日目の風景
f0211463_12173914.jpg
右から
秋の日 21,600円 糸/タッサーシルク、リネン 染/茜、桜、桃、杉、たんぽぽ、にんじん、待宵草
夕映え 21,600円 糸/タッサーシルク、リネン 染/紫根、藍、茜、桜、桃、杉、待宵草
あお空 20,800円 糸/タッサーシルク、リネン 染/タンジー、紫根、藍


f0211463_12175095.jpg
ベリーベリー 20,800円 糸/タッサーシルク 染/紫根、茜、藍

f0211463_12181284.jpg
ヒカリゆらり 21,600円 糸/タッサーシルク、リネン 染/にんじん、杉、よもぎ、タンジー
f0211463_1218217.jpg
ヒカリ 21,600円 糸/タッサーシルク 染/にんじん、杉、よもぎ、タンジー

f0211463_12202596.jpg
右:お抹茶 21,600円 糸/タッサーシルク、リネン 染/マリーゴールド、待宵草、空木
左:お抹茶 縞 21,600円 糸/タッサーシルク、リネン 染/マリーゴールド、待宵草、空木


f0211463_12203545.jpg
あお空 20,800円 糸/タッサーシルク、リネン 染/タンジー、紫根、藍

f0211463_1221167.jpg
あかり 23,760円 糸/メリノ 染/茜、桃、杉、マリーゴールド

f0211463_12211027.jpg
上:ひまわり 21,600円 糸/メリノ、ムガシルク 染/マリーゴールド、杉、藍
下:ほたる 21,600円 糸/メリノ、ムガシルク 染/マリーゴールド、杉、藍
f0211463_12212095.jpg


f0211463_12213738.jpg
霧雨の森 彩 21,600円 糸/メリノ 染/マリーゴールド、茶、藍

f0211463_12215362.jpg
雨上がりの森 深 21,600円 糸/メリノ 染/マリーゴールド、茶、藍
f0211463_1222336.jpg
雨上がりの森 彩 21,600円 糸/メリノ 染/マリーゴールド、茶、藍

f0211463_1222176.jpg
冷えた朝 21,600円 糸/メリノ、ムガシルク 染/藍、待宵草
f0211463_12223240.jpg


f0211463_12224315.jpg
雲がくれ 21,600円 糸/メリノ

f0211463_122389.jpg
ブロック紫 広 21,600円 糸/メリノ 染/紫根
f0211463_12231883.jpg
f0211463_1353277.jpg


--------------------------------------------------------------------------------
飯島たま個展  ヒカリユラリ 光リ 響リ
2014/9/20(土)〜28(日)
11:00−18:00 (最終日のみ17:00で終了)
※期間中は24(水)がお休み
※準備及び片付けのため9/18(木)、19(金)、29(月)~10/2(木)はお休み
※在廊予定日 9/21(日)~23(火・祝)

山梨在住の染織家 飯島たまさんの三回目の個展。
手で糸から紡ぎ、野山畑の草木で糸を染め、そして機を使い、
ゆっくりゆっくりと衣を織り上げていく飯島さん。
今年は新作の巻物に加え、装う小物も並ぶ予定です。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-23 15:19 | 企画展など | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ トルテvol.4に掲載して頂きました

f0211463_13443170.jpg
『雑貨でつむぐ丁寧な暮らし』をテーマに、

昨年創刊されたばかりの雑誌「トルテ」(発行ネコ・パブリッシング)さん。

9月20日発売のvol.4の、「京都発!モノづくりのいま。」特集内の

立ち寄りたいショップコーナーで百職をご紹介して頂きました。

ありがとうございました。


とても丁寧にお話をうかがって頂き、素敵なお写真とともに取材文をまとめて頂いております。

百職のほか、Sferaさんや京都デザインハウスさんがご紹介されています。

京都をこれから担っていこうとしている、

若手世代の現代のモノづくりを中心とした特集です。

雲母唐長さんやSOU・SOUさん、「吉靴房」さんや「ARATA」さんなども誌面に登場なさっています。


トルテvol.4
定価926円+税
ネコ・パブリッシング刊

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-22 13:44 | 本、雑誌掲載 | Comments(0)

ヒカリユラリ展 二日目  ウールを紡ぐワークショップ

f0211463_033495.jpg

●二日目の風景/ウール紡ぎワークショップより
f0211463_045229.jpg
飯島たまさんが教えてくださる、

ウールを紡ぐワークショップの、始まる前の準備中。

今回のワークショップで使うウールのほかにも、参考にということで

綿と、綿を紡ぐ用のスピンドルも持って来てくださいました。

金属でできています。ちなみに羊毛のスピンドルは今回は紫檀の木製です。

羊毛は毛足が長いので初心者の方でも紡ぎやすいのですが、

綿は千切ってみるとわかるのですが繊維も短めなので、紡ぎにくいそうです。

たまさんデモンストレーションしてくださいました。
f0211463_0529.jpg



ワークショップ、始まりました。

右側が飯島さんで、左が今回申し込んでくださったN様です。

最初は飯島さんがお手伝いしながら紡いでみます。
f0211463_051295.jpg
とってもとってもお上手なのでした!すごい!
f0211463_052873.jpg

じゃあ次は、あらかじめ染めておいたウールからお好きな色を絵の具のように混ぜてみましょう。
f0211463_06241.jpg
f0211463_061260.jpg
ハンドカーダーという道具を使って混ぜ合わせていきます。二つ一組で使います。

大きなブラシみたい。

お好みの分量のウールを乗せて。
f0211463_062884.jpg
f0211463_064076.jpg

一方のカーダーを、もう一方の手で持ったカーダーを使って羊毛をこそげ取るように梳いていきます。
f0211463_071841.jpg
f0211463_07293.jpg
何回か繰り返しますと、良い具合に混ざっています。混ざり具合もお好みで良いそうす。


さて、今回ご参加くださったN様が初めてとはとても思えないくらい紡ぐのがお上手で、

最初に紹介した難関の綿を紡ぐのにもトライしてみることに。
f0211463_07698.jpg
出来た!こちらもとってもお上手に紡ぐことが出来ました。すごーい!


二時間頑張った成果がこちら。

最初は太かったり細かったり、その不揃いな感じも可愛らしかったですが

思っていたよりも早く、より均一に近いくらいに紡げるようになっていらっしゃいました。
f0211463_075033.jpg
色んな色を混ぜてみてあって素敵です。
f0211463_08283.jpg
お湯で洗ってひとまずできあがり。

まだぬれているので、あとはおうちに帰ってよーく乾かして頂いたら本当の完成です。

ウールで紡いだ、世界に一つだけの手作りの糸。とっても素敵に作って頂けて本当に良かったです!

お申し込みくださったN様、ありがとうございました!


--------------------------------------------------------------------------------
飯島たま個展  ヒカリユラリ 光リ 響リ
2014/9/20(土)〜28(日)
11:00−18:00 (最終日のみ17:00で終了)
※期間中は24(水)がお休み
※準備及び片付けのため9/18(木)、19(金)、29(月)~10/2(木)はお休み
※在廊予定日 9/21(日)~23(火・祝)

山梨在住の染織家 飯島たまさんの三回目の個展。
手で糸から紡ぎ、野山畑の草木で糸を染め、そして機を使い、
ゆっくりゆっくりと衣を織り上げていく飯島さん。
今年は新作の巻物に加え、装う小物も並ぶ予定です。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2014-09-22 00:51 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」


*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

定休日変更のお知らせ
at 2017-05-24 00:49
平野日奈子、橋本晶子二人展フ..
at 2017-05-24 00:46
入荷 鹿児島白竹細工の平型の..
at 2017-05-24 00:41
5/20(土)は山口県からの..
at 2017-05-20 21:32
入荷 大分白竹細工の大きめの..
at 2017-05-20 12:49
入荷 鹿児島白竹細工の小さな..
at 2017-05-16 00:24
入荷 齋藤有希子さんのマグカ..
at 2017-05-15 00:08

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧