<   2015年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いただきもの 芦屋 田中金盛堂さんのABCカステラ

f0211463_1842472.jpg
今日も雪は降らないだろうな、と思っていましたら、

いつの間にか静かに降っていましたね。

降ったりやんだりです。

積もるほどではありませんでしたけれど、

すごい時はきりなく降って、周りの音を吸い込んでしまうみたいに静か。

東京と埼玉で生まれ育った私は、数えられるほどしか雪に遭遇したことはありませんが

たまに雪が降ってくる時に聞こえる、すごくすごくかすかな音に、

(さっ、さっ、とか、そ、そ、そ、みたいな)

子供の頃はとても不思議な気持ちで聞き耳をたてていましたっけ。

それともあれは気のせいだったのでしょうか。



そうそう、子供のころと言えば、ついこの間、懐かしくなってしまうおやつを頂きました。

「芦屋 田中金盛堂」さんのABCカステラ。
f0211463_1844451.jpg
小麦粉と卵と砂糖が混ざった、優しくてうきうきする匂い。

舌鼓を打つほどの美味!というのとはまた違うけれど

「また食べたいなあ」と思い出すようなほっとする美味しさがいいです。

アルファベットというモチーフがまた、どこかレトロな感じで

「ハイカラ」という言葉がぼんやりと頭に浮かんできました。

年々こういう味が好きになります。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-31 18:06 | 日々のはなし | Comments(0)

臨時休業のお知らせ

1/30(金)は都合により臨時休業とさせて頂きます。

ご来店を予定してくださっていたお客様には心からお詫び申し上げます。

誠に勝手ではありますがどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-30 18:00 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

入荷 山梨県の麺笊の小サイズが入荷しています

f0211463_20263986.jpg
明日は雪の予報だそうですが、すでに厳しい寒さが街のあちこちに降り立っています。

ダウンジャケットに毛糸の帽子、といういでたちの方も少なからずお見かけします。


さて、甲州竹細工の麺笊小サイズが久々に入荷しています。

f0211463_2027564.jpg
麺笊(小) 山梨県
およその寸法(cm)径約21×高さ3 2,500円(税別)
f0211463_20271585.jpg
皿で言うところの「リム」部分が立ち上がっていて、深い造りになっています。

この立ち上がりがあるおかげで、湯がいた麺を水洗いする時も

うっかりざるから麺がこぼれにくいようになっております。

もちろん野菜の水切りなどにもお使いくださいね。
f0211463_20272575.jpg
水切れの良い竹の表皮がしっかり生かされていますので、

水を切ることにかけては使い心地抜群です。

また底も平らかで安定しており、器として食卓に置いたときも使いやすいです。


この一番小さいサイズは、中と大に比べて、

縁の立ち上がりが浅いなあ、という印象でしたが、

今回入荷してきた笊たちは、結構しっかりと立ち上がっていたので深さもちゃんとありました。

造りが良くなったような気がします。

今回はほんの僅かしか入荷がありませんでしたので、どうぞお早めに。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-29 20:32 | 編組細工、産地の手しごとの品々 | Comments(0)

入荷 大分の竹のおたまと脚つきの笊が届きました

f0211463_19313198.jpg
久々に、大分の別府竹細工の竹のおたまが届きました。

定番のお品ではありますが、今の季節、竹細工は制作の季節ですので、

ここしばらくは欠品しておりました。

f0211463_19322880.jpg
大分県 竹のおたま  1,800円(税別) およその寸法(cm)直径13×深さ5×長さ25

それと今までの入荷案内を見てみましたら、この竹のおたまは多分ご紹介したことがなかったようです。

入荷してもすぐに旅立っていくことが多いので、ご紹介したことがなかったようです。

茹でた枝豆をすくい取ってそのまま湯切りしたり、味噌漉しとしての使い方もあります。

しっかりと握れる柄も使い良いですよ。


お次は、こちらも別府の竹細工の足つきの大きな笊です。

底に使われているざっくりとした幅のヒゴの編目に目を奪われます。

素朴な魅力がいっぱいの笊です。

f0211463_19324722.jpg
大分県 脚つき椀笊(大)  4,300円(税別) およその寸法(cm)直径約32×高さ7
f0211463_19325722.jpg
そして竹で拵えた三本の脚つき。そう、水切りができるような造りなのです。

食器の水揚げに使ったりもできますし、干し笊としても。

家族分を盛り付ける大きな蕎麦笊としてもとても重宝します。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-24 19:36 | 編組細工、産地の手しごとの品々 | Comments(0)

作家さんからの展示ご案内 工房いろ絵や(黒宮大輔さん、愛さん)

今日は冬晴れと言って良い、暖かな陽射しの土曜日でしたね。

百職にお越しのお客様の皆さんも「歩いていたらあったかくて」と手で顔をあおぐ方も、おられたり。

こんな冬の晴れ間ならお出かけも楽しいですね。


工房いろ絵の黒宮愛さんより、展示のご案内と近況のお手紙を頂きました。

去年、愛さんにはお子さんがお生まれになりました。

新たな環境にきっと戸惑いもあろうかとは思いますが、

手紙には、お子さんが思っていたよりもずっといい子にしてくれていると嬉しそうに綴られておりました。

合間に家事や、絵付けをしたりもできている、と。

今回の企画展は、旦那さまの大輔さんが主に作陶されているのかな、と想像してましたが、

中には愛さんの手による、可憐で凛とした草花の絵付けのものもこの分ならきっとありそうですね。

お近くの方はぜひ足を運んでみて頂ければと思います。


f0211463_1851649.jpg
線と色彩の器 展
2015/1/28(水)-2/16(月)
11:00-19:00 火曜休
【出展】青柳有美、黒宮愛、黒宮大輔、松浦コータロー、村山朋子(以上敬称略)
黒宮さんの在廊日 1/31(土)、2/7(土)
場所 GALLERYひたむき

[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-24 18:52 | お出かけのススメ | Comments(0)

作家さんからの展示ご案内 橋本晶子さん

f0211463_170371.jpg
岩手のすず竹細工の橋本晶子さんより、「いわてんど」とい名の素敵なイベントのお知らせを頂きました。

フライヤーとともに同封されていたお手紙には、

橋本さんの清潔感あふれるきれいな字で、「岩手のイイモノ盛り沢山なので」と書かれておりました。


場所は香川県の「まちのシューレ963」さんというギャラリーさんにて行われるそうです。

イベントフライヤーによりますと、

岩手県盛岡市のインテリアショップ「Holz」さんと姉妹店の「raum」さんが橋渡しされて、

岩手を中心とした東北の良いモノ、美味しいモノを紹介するという内容。

橋本さんのかご達も香川へ送られて、このイベントに並ぶそうですよ。

いいですねー!手仕事に美味しい物!

「まちのシューレ963」さんは、ガイドブックなどでもよく紹介されていますし、

高松市内ですのでアクセスしやすい場所ですよ。

お近くにお住まいの方、もしくは香川を旅される予定のあります方は

ぜひぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

「いわてんど」
2015/1/31(土)-2/11(水)
11:00-19:00 会期中無休
場所 まちのシューレ963ギャラリー

主な出店(まちのシューレ963さんのHPより抜粋)

◯岩手の作家もの
高橋大益(南部鉄器)、平栗窯 関口憲孝・好美(陶磁器)、田代淳(漆)、藤沢康(木工)、笠原悠貴(木工)など

◯岩手県一戸町・宮古市の食品
はちみつ、雑穀、山ぶどうジュース、相馬屋のパン、いかせんべいなど

◯Holzオリジナル
家型のペーパーウエイト、欅のカップ、磁器のカップ など

◯紙もの
てくり(盛岡のリトルプレス)、喫茶cartaのレターセット など

◯東北のもの
グレベコ(民芸品)、casane tumugu(秋田県 食品、プロダクト)、りんごの木を使ったセンヌキ(青森県) など


他にもたくさんお持ちくださる予定です。
f0211463_1705038.jpg

[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-23 17:02 | お出かけのススメ | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ giorni2015年3月号に掲載して頂きました

f0211463_1659830.jpg
雑誌「giorni(ジョルニ)」さんの3月号に掲載して頂いております。

”ジョルニ”とは、イタリア語で”日々”という意味があるそうで、

「私らしい暮らし方、見つけよう」テーマに、季刊から隔月刊になられたばかりの雑誌です。


今回の特集は、「好きなうつわがあると幸せ」だそうです。

92、93ページの「お気に入りの一点を探しに 京都の器の店」という中で、

百職もご紹介してもらっています。

ありがとうございます。


その他、フィンランド「ARABIA」の人気デザイナー、クリスティナ・リスカさんの器使いをはじめ、

イギリスやフランスのお宅にお邪魔して、ご自慢のテーブルコーディネートを取材したページや

国内では伊藤まさこさん、後藤由紀子さん、平野由希子さん、「BIRDS' WORDS」伊藤利江さん、

小野哲平さんほか、陶芸家や器好きの方の暮らしを取材されており読み応え抜群です。

1/20に発売されたばかりですので、ぜひ本屋さんでお手にとってみてくださいね。


giorni2015年3月号
本体価格657円+税
実業之日本社・刊

[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-22 16:59 | 本、雑誌掲載 | Comments(0)

作家さんからの展示ご案内 森谷和輝さん、高木剛さん

おなじみガラス造形の森谷和輝さんが、長野県の安曇野の「アトリエ宇-sora-」さんにて

お酒にまつわる器の企画展に出展されていますよ。

陶器やガラス、木と漆などの様々な素材でつくられた酒器やおつまみ皿などお酒まわりの器が揃います。

画像は森谷さんからお借りしました。ありがとうございます!

f0211463_1632334.jpg
「酒器ハ好きデスカ?」展(本展 ※オープニングイベントは終了しております)
2015/1/14(水)-2/22(日)
【出展】スエトシヒロ(陶)、平林昇(陶)、小口宗之(ガラス)、小口綾(ガラス)、森谷和輝(ガラス)、hanamame(木・陶)、木工舎遊木民(木)
場所 アトリエ宇-sora-




もう一つのご案内は、陶芸の高木剛さんからのご案内。

高木さんの2015年は、長浜の「季の雲」さんで始まります。本日初日です。

去年剛さんにお会いした時、

ふと「来年、季の雲さんで展示が決まって」と教えてくださったことがありました。

他のお店さんでのことだし、百職のことも気遣ってくださったのでしょう、

それ以上はあまり多くを語らなかった剛さんでしたが、やっぱり嬉しそうな気配が伝わってきて、

まだ京都に来たばかりの独立したての剛さんを知っているので、私もとても嬉しかったのです。

だからなんだか友達みたいに「すごい!良かったですね!」と言ったのを鮮明に覚えています。

信じた道をひたすら歩いてきた剛さんのやきものが見られることと思います。


f0211463_16185096.jpg
四人展
【出展】海野毅・田中敬史・水野悠祐・高木剛
2015/1/17(土)-2/1(日)
11:00 - 18:00 会期中無休
在廊日  1月17日(在廊作家 田中敬史・水野悠祐・高木剛)
場所  季の雲




そして、今日は大事な日です。

阪神・淡路大震災から20年が経ちました。

当時私は15歳でした。

その頃は埼玉に住んでいたので、地震のことは新聞やテレビで伝えられるニュースで知りましたが

「まさかこんなことが日本で起こるなんて・・・」と、愕然としたことを覚えています。

自分とそう変わらないような年頃の子達が、

体育館で避難生活をしていたり、ブルーシートに覆われた街の中を行き来している姿が、

とても強烈で、どうしても頭に焼き付いて離れませんでした。

もうあれから20年経ったのかという気もしますし、

まだついこの間、あのニュースを見たような気もします。

直接被災したわけではありませんが、

それでも私自身が「復興」に対してできることがあるとすれば、

一番はこのことを忘れずに覚えていて伝えるために、

日々を一生懸命生きることなのではないかと思っています。教訓を胸に刻んで。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-17 16:22 | お出かけのススメ | Comments(0)

陶芸の叶谷真一郎さんのアトリエギャラリー「古音展示室」へ

f0211463_15205775.jpg
このところの入荷ラッシュも少し落ち着いたので、今日は入荷のご案内以外のことがやっと書けます!

もうだいぶ時間も経ってしまいましたが、

去年の6月に陶芸の叶谷真一郎さんが、ご自宅兼アトリエに併設するギャラリーをオープンされました。

ずっとずっと行きたいと思いながらも時間がつくれずにいましたが、

ようやく去年の年末、主人と共に足を運ぶことができました!

お邪魔したのは、もうあと数日でお正月という日。

ギャラリーに入る前に・・・まずはここに来たらつきものなのが叶谷家の愛犬ハチです!

最初は怖かったのか「ううう」と唸られましたが、すぐに尻尾をふりふり。

きりっとした顔も見せてくれました。「ちゃんと番犬してるんだぜ!」
f0211463_15231115.jpg
犬も大好きです!

ひとしきりハチと触れ合って、いざギャラリーへ。


月に一度程度のオープンでいらっしゃるということもあってか、

お訪ねした日はかわるがわるお客様がいらっしゃっていました!

私たちが訪ねた時にもすでにお客様がお帰りになるところで、

その後も親子連れのお客様の組み合わせが何組かお見えになったりと、賑わっておりました。

お時間のありそうなお客様には、真一郎さんの器でお茶や焼菓子でおもてなしをなさっていて、
(私たちもコーヒーと、尚子さん手づくりの焼菓子をごちそうになりました!)
f0211463_15281292.jpg
f0211463_15282211.jpg
実際に触れて使い心地を確かめたり、真一郎さんや奥様の尚子さんと楽しそうに会話を弾ませていらして

お客様の皆さんは、とっても居心地が良さそうでいらっしゃいました。

私は、あまりじゃまにならない程度に店内をパチリパチリ。
f0211463_15283788.jpg
余白の取り方がとても素敵で、叶谷さんのこだわりを感じさせるすっと芯の通った素敵な空間です。
f0211463_15285412.jpg


叶谷さんの器のほかにも、木工の前田充さんのカレースプーンやコーヒーメジャースプーン、

ペブル印房 尾崎悦子さんのオブジェ(と呼んでいいのかしら?)、
f0211463_15291474.jpg


koto-kotoの藤子さんの布もの、
f0211463_15293174.jpg


佐久間恵美さんの刺し子バッグなどなど、

叶谷さんご夫妻の心の繋がりが感じられるお品も一緒に扱われていらっしゃいます。


合間合間に、去年の工房からの風を振り返った話をしたり、

これからの方向性について、いつになく熱く語ってくださる真一郎さんにつられ、

私もまたこれからについての自分の在り方や、人との向き合い方などにすごく刺激を頂きました!


叶谷さんは、お付き合いしている一作家さんというだけでなく

言うなれば「同志」という意識を、いつの間にか感じるようになりました。

他にもこんな風に(私が勝手にですが)感じている作り手さんが幾人かいらっしゃるのですが、

こんな風に信頼していろいろと腹蔵なく話したり、相談できる相手に

大人になって出会えるというのは、本当にありがたいことだなあと実感しています。


じっくりと展示室を見せて頂き、のーんびりお喋りしていたらもうお空にお月様が顔を出していました。
f0211463_1530535.jpg


f0211463_15303370.jpg
帰りしな、接客している尚子さんの写真を外から。夕方の外から眺める雰囲気も良かったです。


真一郎さん、尚子さん、本当にありがとうございました!

ちなみに今月の「古音展示室」のオープンは、今度の1/18(日)12:00-17:00の予定だそうです。

6月までのオープン予定も叶谷さんのこちらのホームページにアップされていますので

よろしければぜひ一度お出かけしてみてくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-16 13:01 | 日々のはなし | Comments(0)

明日1/16(金)は14時までの営業とさせて頂きます

明日1/16(金)ですが、恐れ入りますが14時までの営業とさせて頂きます。

皆さまにはご不便をおかけしますが、どうかよろしくお願いいたします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-01-15 21:28 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 22:06
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 13:42
明日6/18(日)は「京都北..
at 2017-06-17 21:51
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-17 21:46
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-16 21:18
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-15 17:49
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-13 20:57

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧