<   2015年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

入荷 宮城県岩出山地区よりすず竹の目かごが届いています

f0211463_19522632.jpg
庭の草木たちも若葉が顔を覗かせて、ぐんぐんと大きくなってきました。

日日草も瑞々しい葉を伸ばし、菫たちは花をつけました。

ちいさな春が我が家の庭にもやって来ています。

先週末に入荷した竹細工のかごバッグなどは早々に旅立っていったものもあり、

お品の動きが早いこの頃です。


竹細工では定番のかごもの、目かご。

今回は宮城県の岩出山地区から届いたものです。
f0211463_20114595.jpg

すず竹の目かご およその寸法(cm)径23x高さ9 3,300円(税別)

六角形が連なった楚々とした印象の六つ目編みで成る目かごは、

基本の編み方でできているお品ですが、だからこそ作りの良し悪しがわかりやすいものです。

手をかけ過ぎると普段使いのお品の値段ではなくなってしまいますし、

だからといって粗過ぎては実用に耐え得る品質ではなくなってしまいます。


今回入荷した目かごは、造りのバランスがとても良いと思います。

シンプルな目かごというものを踏襲して、手をかけ過ぎずに、

しかしながら要となる縁巻きの部分は、芯もしっかりと拵えてあり、丁寧な巻き仕事が成されています。

その物に合った丁度良い手数というのは、時代が進むにつれて基準が難しくなってきていると思いますが、

この目かごは、かごの世界でも実に地味な存在だけれども、

とても実直に作られており、好感のもてるお品に仕上がっていると感じます。

昔はきのこを洗ったり、野菜を洗ったり、海辺の暮らしでは貝を洗うのにも使ったそうです。

今の暮らしでも台所仕事で充分活躍してくれると思います。

深さもありますので、クロス類などをしまっておいたり、果物を入れたりなど

さまざまに使って頂くことができますよ。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-30 20:14 | 編組細工、産地の手しごとの品々 | Comments(0)

入荷 石原ゆきえさんよりピッチャーいろいろ届いておりますよ

東京のほうからは桜満開のニュースを聞きましたが、

こちら京都の百職界隈、河原町丸太町~岡崎周辺ではまだ桜は蕾です。

昨日通りかかった近くの旧春日小学校の大きな桜の枝の蕾は、ふわりと少しほころんでいて、

なんとも愛らしい様子でした。

見頃ももう少しですね。


さて、入荷のお品ご紹介も少しずつ追いついてきました。


こちらも毎回人気のある、石原ゆきえさんのいろいろなタイプのピッチャーが並んでいます。

f0211463_19573667.jpg
前列左/ピッチャー(白化粧) 3,200円(税別) 前列右/ピッチャー(白化粧) 3,500円(税別)
後列左/ピッチャー(白マット) 3,800円(税別) 後列右/ピッチャー(白×黒) 4,300円(税別)


こちらは小さめの花器、水差しに丁度良いサイズですよ。


f0211463_2044490.jpg
左/ピッチャー(ベージュ) 3,000円(税別) 右/ピッチャー(白マット) 2,500円(税別)
f0211463_2045448.jpg
この二つは、更に小さなサイズ。

手で持ってみるとサイズ感がわかるでしょうか。

ソースやドレッシングなどを入れるにはお手頃サイズですね。

f0211463_205361.jpg
ミルクピッチャー(つやなし) 1,600円(税別)  ミルクピッチャー(つやあり) 1,500円(税別)
f0211463_2051392.jpg
一人用で使うくらいのサイズのミルクピッチャーです。てのひらサイズ。

小さいから、ついつい幾つも並べてみたくなってしまいます。

つやなしは外側は素焼き風の質感、内側は白か黒のマッな釉薬で仕上げられていて、

つやありは、白、グレー、黒の三色です。

ピッチャーや片口は、くちばしみたいに見えてくる横顔に愛嬌があるからいつも人気者。

実は私もピッチャー及び片口愛好家なので、

気をつけないとどんどんこのタイプの器たちが増えてきてしまいます。がまんがまんがまん!
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-29 20:28 | 石原 ゆきえ | Comments(0)

入荷 永田美和子さんの藁灰釉のシリーズのカフェオレボウル、コップ、鉢などが再入荷しました

再入荷や新商品が目白押しとなっていますが、ご紹介が追いついていなくて申し訳ありません・・・。

品切れをしておりました永田美和子さんの萩焼の藁灰釉シリーズの

カフェオレボウル、鉢、コップ大小も届いております!

f0211463_21103387.jpg
幅広い鎬のカフェオレボウル 径12cm 3,000円(税別)

f0211463_21105621.jpg
藁灰釉鎬6寸鉢 4,500円(税別)

f0211463_21111692.jpg
藁灰釉の鎬コップ  小/1,500円(税別)  大/2,500円(税別)


永田さんの藁灰釉のうつわは、透けるような白い肌合いのつるりとしたガラス質。

いつもは青みがかった白色が多かったですが、

今回は、萩焼特有の赤みが出ているものもあって、

白と重なり合い、上気した頬のようにほんのり桜色の色合い。
f0211463_21113844.jpg
優しく柔らかな存在感が持ち味の永田さんの藁灰釉ですが、

うっすら桜色のものは更に優しげな印象で、この春の季節にもぴったりです。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-28 21:12 | 永田 美和子 | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ Leaf 2015年5月号に掲載して頂きました

f0211463_1956263.jpg
発売日から遅れてしまいましたが、京都・滋賀の月刊情報誌「Leaf」さんの5月号に掲載して頂きました。

今月号の特集は「京都・滋賀 雑貨&グリーン78軒」ということで、

百職も今回登場させて頂いております。
f0211463_19562089.jpg
出版社のリーフ・パブリケーションズさんから献本ということで掲載号を送って頂きましたが、

雑誌を開くと、大きな扉ページでお写真載せてくださっていたので「えっ」とびっくりしました。

うちのようなひよっこのお店に紙面を割いてくださり、恐縮しつつ心から御礼申し上げます。

取材時に担当編集の方、ライターの方がピックアップしてくださった、

益子の近藤康弘さんの器や、山梨の沖原紗耶さんの竹のカトラリー、

福島の五十嵐さんのまたたびの蕎麦笊がキャプション入りでお品ご紹介がされております。

あと、名前のご紹介は入っていませんが松本美弥子さんのブローチや高木剛さんの器、

大きな扉ページには多治見の平野日奈子さんの粉引のスープカップ、

小塚晋哉さんのカトラリー、石原ゆきえさんのカップなどが素敵に映っています。
(取材時には在庫があったお品も、現在すでに品切れとなっているものもございます)


今回撮影してくださったカメラマンさんは若い男性の方だったのですが、

この方が撮ってくださったお写真が個人的にとても好きで、久々にテンションが上がりました。
(そういう時に限って名刺を頂戴し損ねていたりして)

もちろん雑誌取材はライターさんにプロのカメラマンさんが帯同されて撮影されるのがほとんどなので、

それぞれ違う表情にお店を撮って頂けるのが楽しいし、いつも素敵なお写真ばっかりなんですが、

今回は構図の感じとか、映り込んだ物のぼかし方とか、色調とか・・・とにかく私の中ではすごくツボでした。

だからなんだということもないんですが、以上とりとめのない感想ということで。

こうしてご紹介して頂いて有り難い気持ちも大きいですが

それより思うのは、名前ばかり有名になって、実が伴っていない・・・

というようなことがないようにしなければということ。いっそう気持ちを引き締めながら。



また、24ページの「新生活のための雑貨」のページには、

百職より中津箒の吉田慎司さんの小さな箒をご紹介させて頂いておりますよ。


そしてそして、26ページの「MADE IN KYOTO 京都で活躍する作家の手仕事」のページには、

主人でもある小塚を紹介してくださっています。
f0211463_19564154.jpg
百職のほうを担当してくださった編集さんとは、また別の編集さんが

たまたま何かで彼を知ってもらっていたようで、

別々に取材のオファーを頂いたんですが、結果同じ号に載りました。

こんなこともあるんだなあと、めぐり合わせの面白さを感じます。


京都ですとLeafさんはカフェや美容室、銀行などなど色んなところに置かれていますね。

府内の方でしたら、目にする機会も多いと思いますのでぜひお手にとってみて頂けましたら。


Leaf 2015年5月号
500円(税込)
リーフ・パブリケーションズ・刊

[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-28 19:59 | 本、雑誌掲載 | Comments(0)

作家さんからの展示ご案内 京野桂さん

次回企画展からお世話になります、伊賀にお住まいの陶芸家 京野桂さんよりご案内を頂きました。


関東近郊にお住まいの方でしたら、ご存知という方も多いかもしれませんが、

花飾り、アクセサリー制作、

そして東日本大震災のチャリティマーケットから出発したイベント「みんなの市」の主催もされておられる

鈴木ともえさんことatelier bloomさんの10周年を記念した期間限定ショップに、

今回、京野桂さんも限定の焼締オーバル皿を出品されるそうです。

4月半ばから10月末までと、半年の期間に渡る限定ショップですので

その間にも面白いイベントがたくさんありそうです。

お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

f0211463_2203024.jpg
atelier bloom POP UP STORE
2015/4/17(金)-10/31(土)
火曜-金曜日営業
10:30-15:00
(営業日は変更となる場合があります。HPでご確認ください)

※イベント、ワークショップ時は土日祝日営業
※7月-8月/夏期休業

【常設作家/陶器】
飯高 幸作、イトウサトミ、加藤 恵津子、京野 桂、暮縞、 山木 常江、よしおかれい
【FOOD取扱】
クル(クッキー)、tango(珈琲)、Sato(おかず瓶詰め・シロップ)

場所 空+kan 敷地内

[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-27 22:01 | お出かけのススメ | Comments(2)

入荷 石原ゆきえさんの耐熱うつわシリーズが届いています

f0211463_19454319.jpg
昨年11月の企画展「週末食堂にて」でもご好評頂いた、石原ゆきえさんの耐熱のうつわシリーズ。

今回は、特に人気で会期が始まって早々、すぐに売り切れを起こしてしまった人気のお色、

クリーム色のお品の注文分が入荷してきております。

真っ白でなくて、生クリームとカスタードを混ぜ合わせたような、クリーム色。
f0211463_19455879.jpg
耐熱グラタン皿(丸) クリーム およその内径(cm)14×14 2,200円(税別)
f0211463_1946880.jpg
ほんのりとした温度を感じさせるお色。
f0211463_19462572.jpg
耐熱グラタン皿(四角) クリーム およその内径(cm)13.5×13.5 2,500円(税別)
f0211463_19463353.jpg
作者の石原さん曰く「意図したわけではないんですけど偶然良い感じが出て・・・」という

1点1点に現れている柔らかなこの焼き色。まるで時を経て古びたような表情を添えています。
f0211463_19465680.jpg
耐熱グラタン皿(オーバル) クリーム およその内径(cm)17×9.5 2,000円(税別)

実物をぜひご覧になりたいと、会期が終った後も店頭に足を運んでくださるお客様もとても多く、

ようやくご用意できました!

ただブログ、ホームページでお知らせする前、今朝の開店に間に合うように店頭に並べたこともあり、

リアルタイムではすでに売り切れとなってしまったものも出てしまいました。ごめんなさい・・・。
f0211463_1947690.jpg
耐熱グラタン皿(大) クリーム およその内径(cm)18×23 4,000円(税別) sold

お時間を頂くことになりますが、ご注文等も可能ですので、

ご要望などありましたらまずは一声かけてくださいね。


春の味覚、美味しいものが店先に並び始めていますね。

今日、この石原ゆきえさんの耐熱のうつわをお買い求めになってくださったお客様から、

「ビーツを使ったホワイトソースのグラタンをしようと思って」と聞いて、ひと盛り上がり。

ビーツの赤紫とホワイトソースの白の色あわせ。それだけで春のご馳走ですよね。

個人的に春グラタンで好きなのは、月並みかもしれませんが菜の花のグラタン。

ほろりほんのり苦味も美味な菜の花にまろやかなホワイトソースをまとわせて。

隠し味はお味噌を少し。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-27 19:49 | 石原 ゆきえ | Comments(2)

本日から常設です/3/28(土)は12時より開店します

f0211463_189152.jpg
百職のすぐご近所の京大の構内にはたくさんの種類の樹木が植えられているのですが、

大きな大きな白木蓮の木が、真っ白な花を満開に咲かせていて、一際目立っています。

木蓮の花の形はまるで白い鳥のようで、木々にたくさん白い鳥がはとまっているようにも見えます。


さて今日から百職は常設のお品が並ぶ店内になりました。

以前から「やりたい」と考えていたレジ位置の配置換えも済ませて、新たに4月が迎えられそうです。

春休みシーズンで、企画展明けの営業日ということもあってか

いつもの平日よりも今日はお客様もたくさんで一日中ばたばたとしておりました。

まだメールのお返事ができていないお客様もいらっしゃり、お待たせしており申し訳ありません。。。


先日までの企画展「お茶の時間ですよ」に並んでいた、

近藤康弘さんの器や須原健夫さんの真鍮の道具も、少しですがご用意あります。
f0211463_1884864.jpg
f0211463_189093.jpg


期間中は来られなかったけれど見てみたかったの、という方はぜひぜひ。

小塚晋哉さんのトレイ類は残念ながらご用意がありませんが、

次回企画展の際にトレイ類は再び出してくださるそうですので、どうか楽しみにお待ちくださいね。


それと少しずつですが、再入荷や新しいお品も届き始めております。
f0211463_188295.jpg
石原ゆきえさんの耐熱のうつわに定番のピッチャー類、宮城県の篠竹細工、

山梨県の飯島たまさんからは手紡ぎのコットンの巻物、新作の付け襟のような形の襟巻きなどなど。

石原ゆきえさんの耐熱シリーズは人気のクリーム色が入荷しましたが

ご紹介する前に、本日早々に売れてしまったものもあります。

色々なご紹介も含め、追ってご紹介していきますね。


また明日は都合により、お昼12時よりオープンいたしますので、どうかよろしくお願いします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-27 15:10 | 常設のお知らせ | Comments(0)

ありがとうございました、企画展「お茶の時間ですよ」は無事終了いたしました

f0211463_1883757.jpg
百職の今年最初の企画展「お茶の時間ですよ」。

二十日間に渡り開催してきましたが、おかげ様で昨日無事に終了いたしました。

本当にありがとうございました!

最終日、金工の須原さん、木工の小塚さんが在廊してくださいましたので、

お越しくださったお客様にも、つくり手さんご本人より

作品ついての詳しいお話や裏話などに触れて頂ける

いつもよりちょっとスペシャルなひとときを、最終日に再びお届けすることができました。

あまり混み合っていない時間帯には、

三人展のもう一人のつくり手・近藤康弘さんの

益子の自然を詰め込んで焼き上げたマグカップでお茶をお出しさせてもらいましたが、

最後の日、それぞれ三人のつくり手さんが皆さんの少しでも身近に感じて頂けたようであれば幸いです。



f0211463_189130.jpg
今回出展してくださった、焼物の近藤康弘さん、金工の須原健夫さん、木工の小塚晋哉さん。

私と主人の小塚にとっては、近藤さんと須原さんは頼りになる良い兄貴という感じで、
(小塚は、二人の弟という感じ)

企画展への出展依頼をした最初から、コラボポットの制作、

展示が終った最後まで、いろいろな局面で助けて頂きました。

打ち合わせや在廊などのあとで何度か酒飯を共にしましたが、ものづくり以外の分野の中でも、

それぞれに好きな世界や夢中になっていらっしゃる引き出しもたくさんお持ちで、

とても人間味があると言うか、そんな部分が三人に共通する気がしていました。



f0211463_1892314.jpg
そもそも今回の展は、主人の小塚の木のトレイを、絵でいうところの額に見立てて、

そこに近藤さんの器や、須原さんの小皿やカトラリーを、あれこれ選びながらコラージュしていって、

いろいろなお茶の時間のバリエーションの風景をつくれたらいいなあとか、

そこからお客様にも好きなように、トレイの上で器たちを並べてもらって選んで頂けたらなあ・・・など、

そんなイメージが浮かんできたのがきっかけで始まった企画でした。


f0211463_1895917.jpg
ごくごく自分のためだけの、あるいは身の回りにいる相手と、

私的なお茶の時間をのんびりのんびり楽しめるというのは、

ささやかかもしれませんがすごく幸せなこと。


凝りに凝った自分だけの、お茶の時間の道具たちを揃えていく楽しさもすごく良く分かりますし、

もうちょっとラフに、お気に入りのマグカップ一つあるだけでいいんだ!いうのでももちろん。

大切なのは、一日の中で、何分かだけでも一息着いてリフレッシュする時間を設けることで、

色々揃えるにしても、たった一つのお気に入りでも、

今回、百職と三人の作家さんが提案させてもらった道具たちの中で、

何か、「いつもの私のお気に入りが見つかったよ」と思って頂けていたらとても嬉しいです。

お店にお越しくださったお客様をはじめ、ホームページやブログを通じてご覧くださったお客様、

ワークショップに協力してくださった、西山さん、瓜生さん、

そして近藤さん、須原さん、小塚さんに、この場を借りて御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。心から感謝を皆さまへ。


次回の企画展は、来る4/25(土)~5/10(日)におきまして企画展「きれいに暮らす」を予定しています。

陶磁の石原ゆきえさん、京野桂さん、永塚結貴さん、布もののtsuyu.さん、箒の吉田慎司さん、

連投となりますが木工の小塚晋哉さん、そして各産地より竹などの籠やざるなど、賑やかな展示です。

どうぞ楽しみにお待ちくださいね!
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-23 09:37 | 企画展など | Comments(0)

お茶の時間ですよ展 二十日目 最終日/本日は17時で閉店となります

f0211463_12471234.jpg
最終日の朝です。

今朝もお天気となっていますね。

「お茶の時間ですよ」展。
f0211463_12472862.jpg
初日から比べると、お品はだいぶ減りましたが

まだ良い物、オススメの物もありますのでぜひ足を運んで頂けると嬉しいです。

さて本日は最終日のため17時にて終了いたします。

通常より1時間早い閉店となりますのでどうかお気をつけて頂ければと思います。

また、3/23(月)~26(木)は片付け及び展示入れ替え等のため、お休みとなります。

メールや電話対応も、この間はお休みとさせて頂きますので、どうかよろしくお願い致します。

メールは受信できますが、ご返信につきましては

3/27(金)以降、順番にして参りますのでどうかよろしくお願いします。


大変ご不便をおかけし申し訳ありませんが、皆さまどうかよろしくお願い致します。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-22 12:48 | 企画展など | Comments(0)

お茶の時間ですよ展 十九日目 トレイの追加納品と木工の小塚さんが在廊しています

f0211463_19105138.jpg
桜はあともう少し先ですが、今日はお出かけ日和ということで

近くに来たついでに、と立ち寄ってくださるお客様も多くお見えです。

「お茶の時間ですよ」展も残すところ明日まで。

木工の小塚晋哉さんが、オイル仕上げの木のトレイを追加納品してくださっています。

持ち手のついた、新しい形のトレイなどなど。
f0211463_19111942.jpg
写真上/トレイ(手つき・桜材) 4,000円(税別) およその寸法(cm) 長さ23×横14×高さ1.8
写真下/トレイ(手つき・胡桃材) 6,000円(税別) およその寸法(cm) 長さ30×横14×高さ1.8


f0211463_19152536.jpg
写真中央上/トレイ(手つき・栗材) 6,000円(税別) およその寸法(cm) 長さ24×横16×高さ2
写真右下/トレイ角小(正方形・楡材) 5,500円(税別) およその寸法(cm) 長さ19×横19×高さ20



会期終了間際ということで、こちらの追納のトレイたちも展示は明日までなので

見に来られそうな方はぜひぜひ足を運んでみてくださいね。


今日、明日と、夫でもある木工の小塚が在廊しています。
f0211463_19201215.jpg
おしゃべりが決して上手なタイプではないので、

皆さんがお買い物されていらっしゃるのを邪魔しないようにと、控えめにしていますが

木との付き合い方をお聞きになりたいというお客様には親切に教えてくれます。

明日の最終日は、小塚さん(在廊時間11:00~17:00)に加え、

金工の須原健夫さん(在廊時間13:00~17:00)も在廊にお越しくださる予定です。

須原さんは物腰柔らかで、いつもお洒落な佇まい。幅広い知識が豊富な作家さんですので、

いろいろな質問にも丁寧に答えてくださると思いますので

ぜひ皆さんもたくさんお話していってくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2015-03-21 15:41 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

<WS開催による臨時休業・夏..
at 2017-08-31 18:00
大切なお知らせ ブログからI..
at 2017-08-25 21:40
入荷 近藤康弘さんのマグカップ
at 2017-08-13 16:47
入荷 近藤康弘さんの銅鑼鉢
at 2017-08-12 20:51
入荷 近藤康弘さんの白釉の湯呑み
at 2017-08-12 16:34
入荷 近藤康弘さんのオーバル皿
at 2017-08-11 18:49
臨時休業のお知らせ 8/7(..
at 2017-08-07 11:50

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧