<   2016年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました、「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」は終了いたしました

■「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」最終日の3/28(月)の営業時間について
3/28(月)は、展覧会最終日のため、17:00で閉店いたします。


■展覧会終了後の展示入れ替えなどのため3/29(火)~4/3(日)はお休みさせて頂きます
大変申し訳ありませんが、展覧会終了後の店内展示入れ替えと、什器入れ替え作業のため、3/29(火)~4/3(日)までお店はお休みとなります。
なお4/4(月)より通常営業を再開します。
また、この間に頂きましたメールやお電話などの対応もお休みいたします。
頂戴したメールのお返事は4/4(月)以降に順次対応させて頂きますのでどうかご了承ください。
f0211463_2345918.jpg
陶芸家のお二人、小川麻美さんと叶谷真一郎さんによる展覧会が、昨日無事に終了いたしました。

降っては止む雨のお天気、そして初日からするとうつわもだいぶ暈が減っていました。

それでも「展示は今日までだと知って、急いで来ました」などなど、

ご来店くださったお客様の皆さんにゆっくりとうつわを堪能して頂いて、

本当に嬉しく、感謝ばかりです。

f0211463_23461498.jpg
思い返してみると、叶谷真一郎さんとご縁が始まったのは、

数年前、主人が静岡A&Cという野外クラフトイベントに出展していた時、私も手伝いでいたのですが、

その時に尚子さんに声をかけてもらったことから始まったご縁。

そして実は、小川さんの器をはじめてお見かけしたのも、静岡A&Cなのです。


今回お二人にお願いしたときに、そのことは頭からぽっかり抜け落ちていましたが、

そう、そうだったのです。

自分でも思ってもみない無意識の部分が何か働きかけていたのかもしれません。
f0211463_2346487.jpg
陶芸という同ジャンルの作り手さん同士の「二人展」は百職でも今回が初めてでした。

自分ではあまりそれを意識してお願いしたわけではなかったのですが、

お二人にとってみればちょっとやりにくいところあったかもしれません。

三人だとそうでもないのに、「二人」となると何故か芽生えてしまう競争意識。。。

途中でそれに気がつて、でも「まあそれもありかな」と。
f0211463_2345536.jpg


お互いのことを少なからず意識するからこそ、

緊張感を持って、あくまでもご自分のやりたいうつわは何か、それを突き詰めて頂きたいなと。

当初は二人展というだけで「それぞれの思うままのうつわをお願いします」とお伝えしていました。

ですがみんなで集まってミーティングをした時に、ふと私からも一石を投じてみたくなりました。

そこで出したのが「意志あるふつうと、自分の尺度」というテーマ。

変に難しい言葉になっていますが、

お二人それぞれが、良いなと思う普通のうつわはどんなものか、

それぞれの自らの尺度について今回は迫ってみてほしいと、そういったことです。


f0211463_23454553.jpg
小川さんの今回のうつわたちはいつもの定番で展開されているラインナップとはまた違って、

土の持つ素の表情を引き出したようなうつわの姿が、どれもみんな素敵でした。

飾り気のない土のたくましさが、うつわの魅力そのものになっていたように感じます。

特に今回、粗めの土を使った小川さんのうつわは、

素材の土に対して、素直に身をゆだねているような印象を受けました。

自分の作りたいかたちを土に押し付けるのではなく、

土と闘うというより、あくまでも土に寄り添っていくことで自然と良いうつわをものにしていく、といったような。

流されることなく、自分の意志を貫きながらなおかつしなやかに。

土の力強さを感じながらも、小川さんの「意思あるふつう」は、

なんてしなやかなのだろうと、とてもとても眩しかったです。

f0211463_23451927.jpg
対する叶谷真一郎さんのうつわは、

在廊されている時の、あの覚束ない様子というか、

おくゆかしく前に出てこようとしない叶谷さんの姿とは違って(笑)、

とてもどっしりと、落ち着いた風格を見せていたように感じました。

骨太なうつわというわけではなく、でもぐっと地に足のついた落ち着きがあって品がある。

見た目の印象は、静けささえも漂う上品なうつわですが、

ここ一番というところの譲れないことに対する意志の強さ、頑固さなど

精神的な男らしさがとても強く出ているように思います。

常に「普通のうつわを」とおっしゃる叶谷さんの徹する気持ちが、うつわからも滲み出ているようです。

パーティー料理をのせるのではなくて、毎日の普段の日につくる家庭料理をもっと美味しく見せてくれて。

ご来店してくださった、叶谷さんのうつわのファンというお客様も

「だから、いつも毎日使いたくなるんです。叶谷さんのうつわ」

とおっしゃっていました。

こういった皆さんからの言葉がすべてを物語っているように思います。

新しく手掛け始められた三島のシリーズも、本当にとても素敵でした。

特にお皿や鉢に施した文様が放射状に広がったさまは本当に美しく。

叶谷さんの「意思あるふつう」は、派手なことに心揺らがず、シンプルに、

そして料理を盛ることで器として意味を成すことなんだろうと改めて感じました。


お二人のこれから歩もうとしている道、方向性を強く知ることの出来た、

私自身にとっても実り多い展示となりました。


そしてお越しくださったお客様の皆さま、今回残念ながら足を運んで頂く事はできなかった方も含めて、

本当にありがとうございました。

そして最後はやはり、たくさんの素晴らしいうつわを生み出してくださった

小川麻美さん、叶谷真一郎さん、そして頼り甲斐ある奥さまの叶谷尚子さんも、

この場を借りて心から御礼を申し上げます。

ありがとうございました、お疲れさまでした!


この後は、最初のお知らせにも書きました通り4/3(日)までお休みさせて頂きます。

小川さん、叶谷さんのうつわも少しだけですが引き続きご用意しております。

そして常設のお品物を揃えて、皆様のお越しをお待ちしています。

4/4(月)から通常営業再開となります。どうぞよろしくお願いします。
f0211463_23452862.jpg
f0211463_23453682.jpg

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-29 23:43 | 企画展など | Comments(0)

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」最終日

■「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」最終日の3/28(月)の営業時間について
3/28(月)は、展覧会最終日のため、17:00で閉店いたします。


■展覧会終了後の展示入れ替えなどのため3/29(火)~4/3(日)はお休みさせて頂きます
大変申し訳ありませんが、展覧会終了後の店内展示入れ替えと、什器入れ替え作業のため、3/29(火)~4/3(日)までお店はお休みとなります。
なお4/4(月)より通常営業を再開します。
また、この間に頂きましたメールやお電話などの対応もお休みいたします。
頂戴したメールのお返事は4/4(月)以降に順次対応させて頂きますのでどうかご了承ください。
f0211463_15412337.jpg
今日も暖かい春の日ですが、時折雨がざあっと降り注ぎます。

小川麻美さんと叶谷真一郎さんの二人展も本日最終日を迎えています。

今日は、いらっしゃるお客様に少しお茶を出したりなどもできて、のんびりと見て頂くことができています。
f0211463_15453257.jpg
ゆっくりとした時間が流れています。

最終日のため、17時までの営業となりますのでどうかよろしくお願いします。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-28 15:46 | 企画展など | Comments(0)

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」 いよいよ明日まで

■「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」最終日の3/28(月)の営業時間について
3/28(月)は、展覧会最終日のため、17:00で閉店いたします。


■展覧会終了後の展示入れ替えなどのため3/29(火)~4/3(日)はお休みさせて頂きます
大変申し訳ありませんが、展覧会終了後の店内展示入れ替えと、什器入れ替え作業のため、3/29(火)~4/3(日)までお店はお休みとなります。
なお4/4(月)より通常営業を再開します。
また、この間に頂きましたメールやお電話などの対応もお休みいたします。
頂戴したメールのお返事は4/4(月)以降に順次対応させて頂きますのでどうかご了承ください。

f0211463_12273177.jpg
こんにちは。

昨日に続いて今朝も明るい日差し。

桜の花もちらほらと咲き始めていますね。

つぼみでもうっすらと赤みを帯びていることのが遠くからでもわかります。

まるで薄化粧をしているようです。


さて、ぐんとお品も少なくなりましたが盛鉢の類や蕎麦猪口などはまだご覧頂けますよ。

銘々皿や取り皿サイズのものもまだ少しご用意あります。

おうちのうつわ事情も本当にそれぞれだと思いますが、

どうも我が家は銘々皿や取り皿の類が少ない。

夫婦二人で、その上お客様がいらっしゃることもあまりないので、

普段は取り皿を使わず、鉢や皿からお行儀悪く直箸で食べるからです。お恥ずかしい・・・
f0211463_12274857.jpg
写真上から順に
叶谷真一郎/4寸銘々皿 来待 1,800円(税別)
小川麻美/白マット プレートSS 1,600円(税別)
叶谷真一郎/4寸銘々皿 灰粉引 1,800円(税別)

 
でもでも今回のようにいろいろな種類のものがあると、もっと銘々皿を使いたいなという気持ちに。

銘々皿くらいのサイズに、お菜がずらりと並ぶ食卓もお店やさんに行ったみたいで楽しいですしね。

小川さんのリム皿のSSサイズはだいたい直径14cm、

叶谷さんの銘々皿は、5寸が直径15cm、4寸が直径12cm程度。

おかずの量や、ご家庭の食卓テーブルのサイズなどからお好みのものをお探しくださいね。
f0211463_122758100.jpg
お店に活けた山茱萸に、小さな若葉が出てきました。

小川麻美さんと叶谷真一郎さんの二人展も、いよいよ明日3/28(月)が最終日です。

最終日の明日は17時までの営業となります。

お時間ありましたらどうぞ覗きにいらしてくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-27 12:39 | 企画展など | Comments(0)

作家さんからのご案内 高木剛さん、小川麻美さん、齋藤有希子さん

こんばんは。

平日の金曜日。さすがに今日は少しお客様減っちゃうかなあ、と思いながらも

滞っている事務仕事も進めないと!意気込んでいましたところ、

ありがたいことに思いのほかお客様も多く、だいぶ忙しなく一日が終わりました。

連日ご来店くださるお客様もいらっしゃり、本当に本当に有り難い気持ちでいっぱいです。


さて、そんなこんなでここのところ毎日あっという間に過ぎて参ります。

いつもお世話になっている作家さんからの展覧会のご案内もご紹介できぬまま。

今日から始まったしまった展覧会もありますが、駆け足でご紹介です。


f0211463_20581677.jpg
木と根 11周年「高木 剛 の 茶器で遊ぶ」
2016/3/25(金)-27(日)
12:00 ~ 18:00
※会期中、玉蜜茶会のご用意も致します (予約不要)
台湾茶、中国茶を中心とした気軽な茶会です。茶菓子は「てふてふ菓子店」の特別な菓子。
場所  木と根



木と根さん十一周年企画に、高木剛さんの展覧会が登場。

今日から始まっております。ご紹介が遅くなってしまって本当にすみません!(剛さん、ごめんなさい!)

たくさんのファンの方々に愛されておられる木と根さん。

同じ京都で、暮らしの道具を扱うお店さんとして私も憧れのお店です。

その周年のイベントを高木剛さんが飾るとは。

高木さんとはずいぶん長くお付き合いをさせてもらっていて、昔の高木さんも知っているだけに

(身内でもなんでもないんですが・・・)我が事のように嬉しい気持ちです・・・!

たくさんのお客様がすでに足を運ばれているかと思いますが、

三日間だけの催しなので、気になっていらっしゃる方はぜひ足を運んで頂ければと存じます!


f0211463_2058313.jpg
小川麻美 陶展
2016/3/26(土)-4/3(日) ※個展期間中は無休
月〜金は11:00-17:00
土、日は19:00 まで
作家在廊日 3/26(土)
場所 chigiri


現在、百職でも二人展開催中の小川麻美さんの個展が、静岡のchigiriさんにて明日から始まります。

京都からですと遠いですが、会場となるお店のchigiriさんはかなり素敵なお店さんだと聞きます。

お店は建築家の中村好文さんが設計されているそうで!

それ以外でも今回のDMに寄せられた、小川さんへの店主さんの言葉が

とても美しく温かく、なんて素晴らしいのだろうと心から感動しました。
(HPでもその文章はお読み頂けます!)

まだお会いしたことはありませんが、きっときっと素敵な店主さんでいらっしゃるのだと思います。

そんな素敵な方が企画された小川麻美さんの個展も

きっと素晴らしいものになるのではないかと思います。
(もうちょっと近かったら絶対行ったのにな・・・)

お近くの方はぜひお越し頂ければと思います。


f0211463_20584522.jpg
齋藤有希子 個展 「おもてなしのうつわ」
2016/3/26(土)-4/3(日) ※火・水 定休
12:00〜17:00 ※最終日のみ16:00終了
作家在廊日  3/26、27、28
場所 Gallery I


イタリアと日本で活動されている陶芸家の齋藤有希子さんの個展も明日からスタートです!

場所は京都の中心地。

「おもてなし」をテーマにしているだけあって、

オリーブ小壺、卓上オイル入れ、大きめの板皿、テーブルを彩る花器など

パーティーなどで活躍しそうなものがたくさん並ぶようです!

百職との距離感も、電車に乗って二駅ほどの距離なので、

齋藤さんの展示、高木さんの展示、そして百職とはしごで回って頂けたら嬉しいです^^
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-25 20:59 | お出かけのススメ | Comments(0)

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」五日目  叶谷真一郎さんのうつわ

f0211463_20322599.jpg

お次にご紹介しますのは叶谷真一郎さんのうつわ。

叶谷さんのものもどんどん少なくなっております。

全部はお写真ご用意できませんでしたので、

店頭にいらして頂くともう少しいろいろご覧頂けますが、

気になるものがありましたらお問合せくださいね。

f0211463_20342026.jpg
f0211463_20343622.jpg
蕎麦猪口 来待 2,000円(税別)

蕎麦猪口を使ってカップサラダに。

こうしていろんなサラダをちょこっとずつ食べるのも楽しいですよね。

ワンプレートに添えても丁度良いですよ。

お写真の来待釉のほかに灰粉引のものもございます。


f0211463_20374696.jpg
f0211463_2037589.jpg
蕎麦猪口 三島 2,300円(税別)

新作の三島は今回本ー当に人気で、三島のものはただ今こちらの蕎麦猪口だけになりました。

和でも洋でもエスニック風にも似合います。

シナモンスティックを添えて、これでチャイを飲みたい気分。

f0211463_20444651.jpg
f0211463_2044585.jpg
オーレボウル 飴、灰粉引 3,000円(税別)

f0211463_20454396.jpg
左・7寸鎬皿 灰粉引 4,400円(税別)
右・5寸鎬皿 灰粉引 2,400円(税別)

f0211463_2047275.jpg
4寸鎬皿 灰粉引 2,000円(税別)

f0211463_20481264.jpg
6寸鎬鉢 灰粉引 3,600円(税別)

f0211463_20492558.jpg
左・4寸銘々皿 灰粉引 1,800円(税別)
右.5寸銘々皿 灰粉引 2,100円(税別)

f0211463_20494119.jpg
手前・5寸銘々皿 飴 2,100円(税別)
中央・5寸銘々皿 灰粉引 2,100円(税別)
奥・5寸鎬皿 灰粉引 2,400円(税別)

f0211463_20495554.jpg
豆鉢 灰粉引 1,300円(税別)

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-24 20:56 | 企画展など | Comments(0)

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」五日目  小川麻美さんのうつわ/炭化、半磁器

●炭化のうつわ
f0211463_19474284.jpg
我が家にやってきた、小川麻美さんの刷毛格子の皿には、春野菜の菜の花を加えた肉じゃがを。

私がつくる、こんななんでもない家庭料理も、土の力で滋味深そうな料理に見せてくれます。
f0211463_19475237.jpg
炭化 刷毛格子皿 3,000円(税別)

f0211463_1953194.jpg
炭化 ドリッパー 3,500円(税別)

f0211463_19485024.jpg
炭化 碗 2,500円(税別)

f0211463_19494234.jpg
炭化 鉢(小) 3,500円(税別)

f0211463_19501796.jpg
炭化 鉢(大) 4,500円(税別)

f0211463_19505047.jpg
炭化 片口鉢(小) 4,500円(税別)

f0211463_19513292.jpg
炭化 片口鉢(大) 5,500円(税別)

f0211463_19522423.jpg
炭化 長皿 4,000円(税別) 

f0211463_1953326.jpg
炭化 バット 6,500円(税別)

f0211463_1954559.jpg
炭化 大皿 6,500円(税別)

●半磁器のうつわ
f0211463_19545934.jpg
半磁器 台皿(大) 4,500円(税別)

f0211463_19553297.jpg
半磁器 グリーン鉢 2,500円(税別)


縁のグリーンがきれいな鉢。

きれいな緑色の春野菜たちをさっと茹でて胡麻和えにして載せたいな。

食材の色合いもこれからの季節はますますきれいになっていくので

料理とうつわの組み合わせをを考えるのもどんどん楽しくなっていきますね。


写真を撮ったうつわは、購入されてしまってものもありますのでご了承ください。

気になるうつわがありましたらどうぞお問合せくださいね。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-24 20:06 | 企画展など | Comments(0)

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」五日目  小川麻美さんのうつわ/黄粉引、白マット

こんばんは。「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」もあっという間に五日目が終わりました。

寒の戻りで冷たい風も吹いていましたが、わざわざお越しくださるお客様も多く、

皆さま、本当にありがとうございました。

遅くなってしまいましたが、前回のブログで書きました通り、お二人の器をご紹介していきますね。


●黄粉引のうつわ
f0211463_1850532.jpg
f0211463_18502092.jpg
黄粉引 取鉢 2,200円(税別)

f0211463_18504148.jpg
黄粉引 カレー鉢 4,000円(税別)

f0211463_18505731.jpg
黄粉引 どんぶり大 3,800円(税別)


大のほうは、うどんやお蕎麦、ラーメンなどの汁たっぷりのものにぴったり。

f0211463_1851762.jpg
黄粉引 どんぶり小 鎬 3,200円(税別)

こちらは親子丼など、ごはんをよそう丼物サイズに丁度いいサイズ。


f0211463_18512046.jpg
黄粉引 マグカップ 2,500円(税別)


●白マットのうつわ
f0211463_18515433.jpg
白マット プレート鎬
上左/SS 1,600円(税別) 上右/S(6寸) 2,600円(税別)
下右/M(7寸) 3,200円(税別) 下左/L(8寸) 4,500円(税別)

f0211463_18521378.jpg
白マット 片口ミニ 1,600円(税別)

f0211463_18522811.jpg
白マット ミルクピッチャー 1,500円(税別)

f0211463_18524162.jpg
白マット カトラリー立て(小) 3,200円(税別)

f0211463_1852553.jpg
白マット カトラリー立て(大) 4,000(税別)

f0211463_1952010.jpg

f0211463_1953612.jpg
白マット 蓋物(小) 2,800円(税別)


この写真を撮った後、お客様にご購入されてしまったお品物もありますがご了承ください・・・!

小川さんのうつわ、次んp記事では炭化のものと半磁器のうつわをご覧ください。
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-24 19:23 | 企画展など | Comments(0)

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」 四日目が終わりました

f0211463_19304516.jpg

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」四日目の日も無事に終わりました。

連休が終わり、少しほっとしながらお店を見て頂ける感じになりましたが、

お昼過ぎると、お客様が切れずに閉店まで。

でも来てくださったお客様と、ほとんどお話することもできましたのでひとまずはよかったなあ、と。


叶谷さんの新作、三島手のものはお皿や鉢などは完売となりました。

蕎麦猪口でしたらまだ少しございますのでぜひぜひ。

小川さんのほうも、黄粉引のスープカップやプレート(鎬)の炭化のほうはすでに完売になっています。


ほかに完売してしまったものもちらほら出てはおりますが、

良い物がまだまだ並んでいますので楽しみに見にいらして頂ければ、と^^

明日の3/23(水)は休みを頂きますが、明けて3/24(木)からは営業いたします。


今回はなかなか器たちをご紹介できず申し訳ありません・・・!

休み明けの木曜日にご紹介できればと思っています。

---------------------------------------------------------------------------------------------
テノナル工藝百職 早春の企画展
小川麻美×叶谷真一郎 陶展
2016/3/19(土)-28(月)
11:00-18:00 ◎最終日3/28(月)のみ17:00で終了
*作家在店日 3/19(土)
※準備・片付けのため3/15(火)-18(金)、3/29(火)-4/1(金)はお休み
※展示期間中は3/23(水)がお休み

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-22 19:46 | 企画展など | Comments(0)

「小川麻美×叶谷真一郎  陶展」、昨日より始まりました

■二日目の風景
f0211463_19584562.jpg
f0211463_19585690.jpg
f0211463_195976.jpg
f0211463_19591538.jpg
f0211463_19592466.jpg
f0211463_19593187.jpg
f0211463_19594221.jpg
f0211463_200728.jpg
f0211463_2001558.jpg

昨日は小川麻美さん、叶谷真一郎さん、そして叶谷さんの奥様の尚子さんに在廊して頂きました。

雨がちのお天気にも関わらず、多くのお客様で、

ちいさなお店が終始賑わう初日でした。

あまりにも忙しすぎて余裕がなく、初日の様子も写真も撮れず・・・。

私が器のお包みに追われている際には、

小川さんや叶谷さん、尚子さんがお客様のスリッパを甲斐甲斐しく上げ下げしてくださったり、

もう皆さん本当に、お気遣いも細やかでいろいろと助けて頂きました・・・!



二日目も開店前からお客様が待っていてくださり、

閉店までほぼずっと、お客様が途切れることのない一日。

お買い上げの器のお包みもずっと続いていましたので、

いろいろとお待たせしたり、

あまりお話できずに終わってしまったお客様には申し訳ありませんでした。

また懲りずに遊びにいらして頂けたら嬉しいです。


明日は連休も最終日ですね。

あんなにあった器もかなり数も減りましたが、

使い勝手良く人気のうつわや、素敵な新作、一点物など、まだまだいいものがお手にとって頂けますよ。

明日も晴れが続く春の京都。

少し肌寒いかもしれませんので暖かな装いでぜひぜひお越しくださいね。

------------------------------------------------------------------------------------------
テノナル工藝百職 早春の企画展
小川麻美×叶谷真一郎 陶展
2016/3/19(土)-28(月)
11:00-18:00 ◎最終日3/28(月)のみ17:00で終了
*作家在店日 3/19(土)
※準備・片付けのため3/15(火)-18(金)、3/29(火)-4/1(金)はお休み
※展示期間中は3/23(水)がお休み

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-20 20:35 | 企画展など | Comments(0)

3月展のお知らせ 小川麻美×叶谷真一郎  陶展

f0211463_19292648.jpg
テノナル工藝百職 早春の企画展
小川麻美×叶谷真一郎 陶展
2016/3/19(土)-28(月)
11:00-18:00 ◎最終日3/28(月)のみ17:00で終了
*作家在店日 3/19(土)
※準備・片付けのため3/15(火)-18(金)、3/29(火)-4/3(日)はお休み
※展示期間中は3/23(水)がお休み


f0211463_1939486.jpg
やきもののつくり手のお二人、

小川麻美さんと叶谷真一郎さんの二人展を開催します。

小川麻美さんは神奈川県平塚市で制作をされています。

一方の叶谷真一郎さんは、神戸市北区で制作をされています。

今回の展示前、まずつくり手の立場である彼らは

普段どのような暮らしをしているのか、

どのような暮らしやうつわが心地良いのか、

京都に集って頂いて、夕べの食事を囲みながら語らいました。

するとお二人の口から出たのは、

「うつわ制作だけでなく、日常の暮らしの部分も大切にしたい」

ということでした。

人里離れた場所での暮らしではなく、

小川さんも叶谷さんも、古い家に手を入れ、

作陶に必要な場所を確保しながらも

どちらかというと街に近い地域で暮らし、陶芸をされています。

多くの方々と変わらない暮らしの中、

食を楽しみ、時には余暇を楽しみ、愛犬や愛猫と触れ合い、

その中で感じることを作陶の中に投影していく。

暮らしとうつわはつながる。

ささやかなふだんの風景に溶け込んで

自然と手が伸び、毎日何気なくつかえるお二人のうつわ。

小川さんは、白マットや黄粉引、粗めの土を使った炭化もの、半磁器などで、

定番のものに加え新しい形や一点物など。

叶谷さんは、定番の灰粉引、飴釉、来待釉のもののほか、

新しく取り組み始めた三島手のうつわや一点ものなども。

お二人のいろいろな仕事が並びます。春近き京都、ぜひ足をお運びください。
f0211463_19401460.jpg



f0211463_19402625.jpg
小川 麻美(おがわ・あさみ)
略歴
1978年 神奈川県横浜市生まれ
2002年 早稲田大学商学部卒業
会社勤めをしながら通った陶芸教室から
2011年より本格的に活動を始め、現在平塚市にて制作、
各地個展、企画展、クラフトイベントなどに出展。

f0211463_19403672.jpg
叶谷 真一郎(かのうや・しんいちろう)
略歴
1971年 京都府長岡京市生まれ
1998年 京都伝統工芸専門校卒業後、丹波立杭焼窯元で修行
2003年 奈良市内で独立
2007年 神戸市北区に自宅兼工房を移築
2010年 イベントに出展し活動開始

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-03-19 10:00 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新の記事

再入荷 吉田慎司さんの手箒、..
at 2017-06-26 14:58
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 22:06
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-18 13:42
明日6/18(日)は「京都北..
at 2017-06-17 21:51
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-17 21:46
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-16 21:18
「働くうつわとかご、楽しむう..
at 2017-06-15 17:49

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧