<   2016年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

平野日奈子陶展 四日目

f0211463_16394044.jpg
こんにちは。

本日火曜日は本来お休みですが、

現在平野日奈子さんの個展会期中ということで営業しています。(※来週の12/6(火)はお休みです)

展示も四日目を迎えました。

うつわの話、時には身のまわりの話もまじえながら、

お客様と一緒に、平野さんのうつわを楽しむ、そんな時間が流れていっています。


クリスマスやお正月にお花を飾るのにいいですね、とお客様の一人がおっしゃってくださいました。
f0211463_16395947.jpg
そうなんです。

平野さんの花器。

ちょっと新しい形なんかも今回個展のために作ってきてくださっています。

今日はお花を飾ろうか、と思ってふと気がつくと

「あれ?花器や花瓶って、気に入ったの持っていなかった…」ということないですか?

なんにでも合わせやすい、シンプルな形の物から、

ピッチャーや脚つきのコンポート型で、普段のうつわとしても使えるものまでいろいろ。

まだまだお選び頂けますので、探されている方はどうかこの機会にお見逃しなく~

-----------------------------------
平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日)
11:00-18:00
最終日のみ17:00で終了

※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-29 16:41 | 企画展など | Comments(0)

平野日奈子陶展 三日目

f0211463_1634511.jpg
こんにちは。

遅くなりましたが平野日奈子さんの個展も三日目が終わりました。

今日は、朝から常連のお客様・常連のお客様・常連のお客様、という感じで続きました。

常連の方々は、いつ頃来れば少し落ち着いて見られるか、よくご存知です笑

いつも変わらず見守ってくださるお客様へも、本当に「ありがとう」です。

ひそかな私のおすすめのお品も、まだ見て頂くことができますのでよろしければぜひいらしてくださいね。

いつもなら火曜日はお休みですが、明日は営業いたしますよ。

--------------------------------------------------------
平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日)
11:00-18:00
最終日のみ17:00で終了

※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-28 19:24 | 企画展など | Comments(0)

平野日奈子陶展 二日目

f0211463_19535781.jpg
こんばんは。

平野日奈子さんの個展も二日目を迎えています。

今日はやはり雨。写真が暗くなるのが気になりますが仕方ないですね…。

ゆるゆると時間も流れ、今日はお客様ものんびりじーっくりとご覧頂けています。

好きに見て頂けているので私もちょっとほっとしています。

初日で完売してしまったお品もありますが、

素敵なものはまだいろいろありますのでどうぞお楽しみくださいね。
f0211463_19542221.jpg
今日はやはりコバルト釉の耐熱のものが人気。

展覧会フライヤーに載せていた、片手の耐熱パン。

大きめのマグカップ、ピッチャー、プリンカップなども

電子レンジやオーブンでお使い頂けるものがあるので、皆さんお手にとっていらっしゃいます。

お足元良くない中、皆さまご来店くださって本当にありがたいです…!


---------------------------------------------------------------

平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日)
11:00-18:00
最終日のみ17:00で終了

※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み
※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-27 19:54 | 企画展など | Comments(0)

平野日奈子陶展「風のとおりみち」、昨日から始まりました

f0211463_1711156.jpg
平野日奈子陶展「風のとおりみち」。

おかげさまで無事に初日の幕を開けることができました。

ありがとうございました!

ご記名頂いてお待ちくださったお客様の皆さま、本当に感謝ばかりです…!

待ち望んだ平野さんのうつわを、じっくり手にとり、お選びになって、

大切そうに皆さまレジにお持ちくださって。

しかしお会計・お包みの際には大変お待たせしてしまい、誠にご迷惑をおかけしました。

あたたかく辛抱強くいてくださるお客様のおかげで本当に助けられましたが、
(私、平野さん、そして夫で木工作家の小塚も見かねて手伝ってくれて、一時は皆でお包みすることとなり…)

今後はこのようなことがないよう努めて参りますので、どうかよろしくお願い致します…!


f0211463_17123971.jpg
そして、展のために誂えていただいた、

和菓子店 青洋さんと手芸デザイナーの西山眞砂子さんによる「和菓子セット」。

青洋さんから朝に作りたてをお届け頂き、みんなで包装。

繭のような容れ物は、京都の鈴木松風堂さんのもの。幾つかの候補から青洋さんが選んでくださいました。

かみ添さんの唐紙の帯を巻いて、菊の一枝を添えました。

おかげ様で完売となり、こちらもお礼申し上げます!
f0211463_17125335.jpg



閉店後、在廊してくださった平野さんをまじえ、短い時間でしたがプチお疲れ様会を。

そして平野さんは、昨晩岐阜へとお戻りになられました。

紅葉も最後の見頃を迎えている京都。

展前日の夜は宿を取れたそうですが、土曜の夜はさすがに取れなかったそうです。

平野さん、お疲れ様でした。本当にありがとうございました!

そして…。

初日大変ご好評頂きましたこともあって、平野さんのうつわもかなりかさが減りました。

そのため、明日二日目からは少し常設のお品も並べながらお届けして参りますので、

どうかご了承頂けますよう…!

とは言っても、人気の定番のお品、これからの季節に嬉しい耐熱のうつわ、

新作の花器など、まだまだ魅力的な作品を揃えています。

明日(日付変わってしまいましたが・・・)二日目はあいにくの雨模様の予報ですが、

皆さまのお越しをお待ちしています!


※明日以降は、基本的にはご記名なしでご入店頂けます。
もし何かありましたらまた随時お知らせいたしますね。
f0211463_17132358.jpg


---------------------------------------------------------------

平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日)
11:00-18:00
最終日のみ17:00で終了

※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み
※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-27 09:45 | 企画展など | Comments(0)

平野日奈子陶展「風のとおりみち」の舞台裏 届いたものをちらりと…

f0211463_18392674.jpg
こんばんは。

平野日奈子さんの個展「風のとおりみち」。

いよいよ明日に迫りました。

第一弾の便に続き、

第二便の作品もどどん!と届き、まだまだ展示準備に追われています。

自分史上最遅です。

明日までに終わるんだろうか…

f0211463_18372779.jpg
平野さんの粉引はあたたかみがあって、どこかとぼけたような愛らしさで人気ですね。

一方、青緑色したコバルト釉のものたちはきりりとした表情。

シンプルなのでお料理映えもして、私はこちらも好きです。

本当にこれ並びきるんかな、という一抹の不安を隠し切れず…。

何はともあれ本当にたっぷりです。

見応えある展示をお届けできるはず!

展示準備はまったく終わっておらず店内写真はお見せできませんが、

明日から皆さん楽しみにされていると思うので、届いた作品の写真をいくつか紹介します。


f0211463_1838030.jpg
カップ類、今回豊富です。

マグカップ、ティーカップ。

ここには映っていませんが、蓋つきマグ、お湯のみに出来るカップも。

二段目の右隅の二つは、お問合せを頂いていました、カトラリーを立てられるボトル。

赤い実をちょんと差しています。

花器にもいいのですよ^^

サイズいろいろ届いています。

ただ種類は多いですが、アイテムごとの数は少なめのものもあるのでどうかお気をつけてください・・・。


f0211463_18381312.jpg
こんな耐熱のうつわも今回はありますよ。

平野さんの工房へ初めてお邪魔した際

「平野さんの耐熱のうつわ、ほしいです」という話をしたのが懐かしいです…。

オーブン、直火、もちろんOKです。

手前は耐熱のグリルパン。目玉焼きやソーセージなど、一緒に調理してそのまま朝の食卓へ。

奥は耐熱のプリンカップ。蒸し焼きのプリン、このうつわで作ってみませんか?

ココットとしても使えますよ^^


f0211463_1838268.jpg
今回は花器も多めです。

大きさもいろいろ。新しい形も多いですよ!

左のほうが、彼女の定番の道草花器。

平野さんと言えばこれ、という方も多いかもしれませんね。

蓋につけられた穴。ボタンみたいです。

この穴に、草花を挿します。

でも、蓋をはずして活けたっていいのです。

道端で道草して摘んできた草花。

気軽にぽんと飾ってみてほしい。

右のほうのひょろんと首が長いボトルは私のお気に入りです。

花器に使ってもいいし、飲み物をサーブするボトルとしても使っていいと思います。

使い方に決まりがないものたち。

自由に好きなように、おうちのいろんなところで活躍させてほしいです。


他にももちろんありますが、全部は紹介しきれません…!定番も新作もずらりという感じです。

日常に使っていただきやすいうつわのほかにも、

個展というだけあって、かなり大きめの作品も今回届いています。

彼女はふだん使いのうつわが多いので、

いつもはそこまで大きなサイズのもの作ることは少ないと思います。

しかしやはり個展という舞台。

大きな脚つきのうつわが届いたのを見て、

轆轤をひく平野さんの姿が浮かんできて、泣きそうになりました。

百職で行う今回はじめての個展にも、しっかしと力を注いでくださったんだなあと感じ、嬉しかったからです。
(勝手な想像ではありますが・・・)

まだ展示の準備は全然終わっていませんが(苦笑)、

平野さんの頑張りを、この素敵なうつわや道具たちを、

来てくださるお客様の皆さんにしっかりご覧になって頂けるよう、私も引き続き頑張ります。

どうか皆さま、たくさんお運びくださいますように…!


◎初日ご来店予定のお客様は、混雑を避けるための「お願い」を
ブログの一番最初の記事に書いていますので、ぜひご一読のほどを!


---------------------------------------------------------------

平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日)
作家在廊日11/26(土)
11:00-18:00
最終日のみ17:00で終了

※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み
※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み


「和菓子店 青洋さんと手芸デザイナー 西山眞砂子さんによる、
平野日奈子さんのうつわをイメージした、 和菓子セットの販売」
2016/11/26(土)11時より販売 ※売切次第終了

※「おもたせ袋」は、青洋さんの和菓子をくるんでのセット販売となります。
※別々ではご購入できませんのでどうかご注意ください。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-25 18:40 | 企画展など | Comments(0)

平野日奈子陶展「風のとおりみち」の舞台裏 平野日奈子さんのご紹介

f0211463_20431998.jpg
11月もそろそろ終わりが近づいてきましたね。

本当に一年の後半にもなると、時間の進みが倍加するような気がします・・・!

さて、楽しみにしてくださっている方も多いと思いますが、

平野日奈子さんの展覧会「風のとおりみち」もいよいよ今度の土曜日と迫ってきました。

朝・昼・晩といつも我が家の台所に佇んでいる、平野日奈子さんのカトラリー立て。

私がはじめて手にした平野さんの作品です。

どこかトルソーみたいにも見えるこの道具は、不思議な愛嬌があります。

まるで我が家を見守ってくれているかのようで、

これなしの台所の風景なんて、もう今は考えられません。

3年前の師走の終わり。
f0211463_2044010.jpg
f0211463_20441817.jpg
初めて多治見の工房にお邪魔して以来、

次の年の秋から、常設や企画展でお世話になっていました平野日奈子さんですが、

今回はいよいよ個展という形での開催となりました。


しかし。実は今回、本当は二人展の予定をしていました。

ですがもう一人の作り手さんから今年の3月の初めにご連絡を頂きました。

聞くところによると、お使いになっていらっしゃる素材が

今年は天候や環境の状態が不良で、不作となり、

11月の展示の分まで、充分に素材を用意できず、作品数も充分用意できそうにないため

可能であれば二人展を来年にしてもらえないでしょうか?ということでした。

私たちが関わっている手仕事のものの中には、

ある程度素材や原料が工業化されていたり、比較的安定供給されているものもありますが、

このように、かなりその年ごとの天候等で左右される素材を使うものづくりもあります。

私もその恵みを分けてもらっている者の端くれとして、

そのことは謙虚に受け入れようと考えているので、

延期の件は、突然のことで驚きはありましたが、ではそれでとりあえず進めましょうと、

その作り手さんとお話をしました。

そして今度は平野さんへ、予定していた二人展をどういう形にさせて頂くか、

ご相談させてもらうことに致しました。
f0211463_2123474.jpg
どきどきしながらかけた電話の向こうの平野さんは、

「なるほどなるほど、素材が違うとそんなことも起こるんですね~」と真摯に受け止めてくださいました。

そしていざ開催予定だった今回の展示をどうするかの段になり、

私は「ご無理なようだったらもちろん断ってもらってもいいのですが」と前置きした後で、

「もし平野さんが大丈夫そうであれば、展覧会自体は中止ではなくて

平野さんの【個展】という形で取り組んでみてはもらえませんか?」

と思い切ってお願いしてみました。

二人でシェアする展示を、急に一人で用意する事態になるというのは大変なこと。

平野さんも今や人気作家さんですから、

前後にほかのところでの展示も入れておられるかもしれませんから、

断られるのを覚悟の上でお願いしました。

すると・・・「んー、いいですよ。たぶん大丈夫です!」

とあっけないくらい明快な答えが返ってきました。

聞けば、同じ11月の頭に個展がひとつ入っているとのことですが、

そちらの個展、そして本来は二人展だったうちの展のために、

夏からテストや制作のために予定を空けているとのことで、

「こつこつ夏から準備を進めていければ、たぶん個展二つ続いてもなんとかやれると思います。

せっかく日程も空けてありますし!」という、なんとも男前な言葉!

もちろんうちのことを気遣っての温かいお気持ちだろうな、というのも分かりましたし、

でもこんなふうにぽーんと気風良く受け答えできるというのは、

少女のようにいつも可憐な佇まいの平野さんからは、

たぶん皆さん想像しにくいのではないかと思います。
f0211463_2132775.jpg
いつ会っても、電話で話しても、気持ち良い爽やかな風のような人柄も、本当に魅力的です。


素地に赤土を使い、山から採れる白い原土を化粧土に使って、
f0211463_20444143.jpg
赤土の鉄分が、白い化粧からふわーっと浮かび上がってくる独特の粉引は、

もう平野日奈子の世界。

そして今回はその他、白土を素地にしてのコバルト釉という、

まるで経年変化した古い青緑色した金属を彷彿とさせる釉薬も使い、制作をしてくださったそうです。

もちろん道草花器や、蓋つきマグカップ、ポットなども事前にお願いはしていましたが、

その他にも冬に向けて楽しくなるような器を作りたいな、と話してくれていた平野さん。
f0211463_214996.jpg
※こちらは平野さんの工房でのお写真でサンプルのお品たちです。

いったい今回は出来上がってきたものはどんなものか、

いよいよ明日・明後日と器が届きますので楽しみです!


平野 日奈子(ひらの・ひなこ)略歴
一九七八 埼玉県生まれ
一九九九 武蔵野美術大学短期大学部工芸デザインコース 卒業
二〇〇八 多治見市陶磁器意匠研究所 卒業
二〇一〇 studio MAVOにて制作
現在、多治見市内に工房を移し制作


---------------------------------------------------------------

平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日)
作家在廊日11/26(土)
11:00-18:00
最終日のみ17:00で終了

※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み
※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み


「和菓子店 青洋さんと手芸デザイナー 西山眞砂子さんによる、
平野日奈子さんのうつわをイメージした、 和菓子セットの販売」
2016/11/26(土)11時より販売 ※売切次第終了

※「おもたせ袋」は、青洋さんの和菓子をくるんでのセット販売となります。
※別々ではご購入できませんのでどうかご注意ください。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-22 21:15 | 企画展など | Comments(0)

作家さんからのご案内 森谷和輝さん

f0211463_194556.jpg
こんにちは。

曇り空が広がる月曜日でしたが、紅葉を観に…というついでに

百職にお立ち寄りのお客様も多い一日でした。


さて、晩秋から初冬へということですがまだまだ展示もこれから増えていく季節。

百職でも今度の土曜日からいよいよ平野日奈子さんの個展がスタートします。

同じように今週スタートする展示もたくさんあるかと思います。


毎夏に展示を行ってもらっております、ガラス造形の森谷和輝さんより

明日11/22からスタートする展覧会のご案内が届いております。

森谷さんのほか、

もう一人ガラスの作家さん、そして真鍮、陶器、織物、染物のつくり手さんという、7人展。

京都の福知山市で始まり、その後、巡回し、

京都市内でも行うそうです。

「小さなおくりもの」展。

小さいけれど、とびきりのお気に入りの物。

どなたにもあるはず。

お近くの方はぜひ。

f0211463_195732.jpg
小さなおくりもの展
【出展】小幡美樹(真鍮)、金子朋恵(硝子)、鯨井円美(陶)、
中島寿子(陶)、樋口佳苗(織)、松永恵梨子(染)、森谷和輝(硝子)
http://pfyyt440.wixsite.com/tiisanaokurimono

@福知山市
2016/11/22(火)-12/3(土)
11:00-18:00 定休日11/28(月)
場所 まいまい堂

@京都市
2017/1/9(火)-15(土)
12:00-19:00 ※最終日は17:00まで
期間中無休
場所 同時代ギャラリー

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-21 19:09 | お出かけのススメ | Comments(0)

平野日奈子陶展「風のとおりみち」の舞台裏 手芸デザイナーの西山眞砂子さんによる白のおもたせ袋

f0211463_14291183.jpg
こんにちは。

昨夜、お鍋を食べていたらあまりにも具が熱々で、

あろうことかのどを(たぶん)軽くやけどしたっぽい店主です。

のどがしくしく痛みます・・・。

炎症になって熱が出ないといいけれど。ああ、やってしまいました・・・。


さて、平野日奈子さんの個展初日に販売する、

京都・紫竹にある和菓子店 青洋さんと、手芸デザイナーの西山眞砂子さんによる

特別な「和菓子セット」。

和菓子のほうは前回ご紹介した通りですが、

今回は、それをお包みする袋物についてですよ。

手芸デザイナーの西山眞砂子さんがご用意してくださった、

白い生地で仕立てられた、通称「おもたせ袋」。

実はこの白。

手に取って、よく目を凝らすと、異なる諧調と質感の4種類の白い生地が使われています。
f0211463_14293864.jpg
一つは、もっともきめ細やかで薄手の、さらりとした白。

二つめは、少し糸が太めで、さらりとしながらも木綿の素朴さが残る白。

三つめは、麻が少し入っているような、ざっくりした感触の白。

最後は、織り生地で光沢があり、やわらかな手ざわりの白。

白にも多彩な表情。

平野さんの、白い粉引のその一つのうつわの中にも、

土と釉薬と火によって導き出される佇まいや表情は、ほんとうにいろいろです。

下の素地の土がうっすら透けている部分は、少しざらついた「白」ですし、

たっぷり白化粧が厚くかかっているところは、とろりとした「白」。

フラットでつやりとした「白」も。

素材の違いはもちろんありますが、

異なる佇まいを持つさまざまな白い生地という視点から、

表情豊かな粉引の「白」、そして平野日奈子さんのイメージを現してくださいました。

静かに物語ってくれる、西山眞砂子さんの素敵な「おもたせ袋」です。
f0211463_142953100.jpg



平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日)
作家在廊日11/26(土)
11:00-18:00
最終日のみ17:00で終了

※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み
※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み


「和菓子店 青洋さんと手芸デザイナー 西山眞砂子さんによる、
平野日奈子さんのうつわをイメージした、 和菓子セットの販売」
2016/11/26(土)11時より販売 ※売切次第終了

※「おもたせ袋」は、青洋さんの和菓子をくるんでのセット販売となります。
※別々ではご購入できませんのでどうかご注意ください。

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-21 14:32 | 企画展など | Comments(0)

平野日奈子陶展「風のとおりみち」の舞台裏 和菓子店青洋さんの誂え和菓子

f0211463_19561855.jpg
こんばんは。

平野日奈子さんの個展「風のとおりみち」まで、いよいよあと一週間となりました。

いつものことですが、やはりどきどきしてきました…。

さて、展覧会初日で販売させて頂く、

平野日奈子さんのうつわをイメージした誂えの和菓子について今日はご紹介します。

こちらは京都紫竹の「和菓子店 青洋」さんにお願いし、この展のために特別にご用意頂いています。

その和菓子の準備もいよいよ佳境に。

昨日は申し訳ありませんでしたが店は休ませて頂いて、

和菓子の最終段階の試作を拝見しに、青洋さんと打ち合わせを。


「和菓子店 青洋」さん。

わがしみせ せいよう、とおっしゃいます。

店主の青山洋子さんは、

京都の北野にある、有職菓子御調進所「老松」で10年間修行をされた方。

和菓子の美しさ、おもしろさ、美味しさ、可能性を多くの方に知っていただきたい!ということで、

2012年3月に、今の店舗でもある紫竹へ工房を構えました。

伝統の技法を生かし、匂いを残しつつ、

現代の生活スタイルに合う和菓子をご提案していこうと、頑張っていらっしゃいます。

店舗での販売は、おおむね毎月三日間のみと限られています。

季節の移ろいを感じ、旬のものも取り入れながら、

毎月販売する和菓子6種類は、すべて新しいメニュー。

オープン以来4年間、同じものは一つとして出していないそうです。

それをすべてお一人で考え出し、材料を吟味し、

丁寧な仕込みを経て創菓されることから、

月三日間販売するのが限度だそう。

でもそれをお求めに、遠くからもお客様が足を運ばれます。

私が昨日お邪魔したときも、その貴重な販売日に当たる日。

ひっきりなしにお客様の皆さんが、青洋さんにお越しでした。

写真は昨日も販売されておられた、11月の和菓子のひとつ。
f0211463_19564129.jpg
「日々と」。

毎日目にする景色も今の季節は日々彩りが変化する、というテーマを盛り込んだ和菓子です。


そして、平野日奈子さんのうつわをイメージした和菓子はどんなものとなっているのでしょうか?

今回、初日に販売する「和菓子店 青洋」さん誂えの和菓子は

2種類の和菓子を一箱にお詰めしたセットとなっています。

今日はそのうち、こちらの1種類だけご披露しますね。

それがこちらです。
f0211463_19571828.jpg
f0211463_19572871.jpg
こちらは以前に青洋さんでも販売したことのあるものだそうで、

風にそよぐカーテンの姿を写し取った和菓子。

今回の展覧会が「風のとおりみち」というタイトルということからのイメージ。

そしてこちらのほうの和菓子は、

うつわというより平野日奈子さんの「お人柄」をイメージした、ということでした。

柔らかな佇まいの日奈子さんの姿と、

風にふわりとそよぐカーテンの情景がなんだか重なります。

もう1種類は当日までのお楽しみ。

うつわと合わせて、どうぞ楽しみにしていてくださいね。


テノナル工藝百職 初冬の企画展
平野日奈子 陶展「風のとおりみち」
2016/11/26(土)-12/11(日) 作家在廊日 11/26(土)
11:00-18:00 ◎最終日12/11(月)のみ17:00で終了

※展示期間中は11/30(水)、12/6(火)、7(水)がお休み
※個展準備のため11/22(火)-25(金)はお休み
※展示片付け・次展準備のため12/12(月)-16(金)はお休み


「和菓子店 青洋さんと手芸デザイナー 西山眞砂子さんによる、平野日奈子さんのうつわをイメージした、
和菓子セットの販売」
2016/11/26(土)11時より販売 ※売切次第終了

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-19 20:00 | 企画展など | Comments(0)

入荷 小野陽介さんのボウル、カフェオレボウル、蕎麦猪口などが入荷しました

f0211463_20133598.jpg
新しい作家さんのお取扱いです。

益子でやきものをなさっている小野陽介さん。

今年の「灯しびとの集い」にもお出になっていらっしゃったので、

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

少し前にやっとご連絡を取らせて頂いて、灯しびとの後に百職に寄ってくださって、

少しですがカフェオレボウルや鉢、蕎麦猪口を少しですが届けて頂きました。

f0211463_20135163.jpg
右から/
カフェオレボウル(白・青) 各2,200円(税別) 4.5寸鉢 2,500円(税別)
蕎麦猪口(白) 2,100円(税別)


右からカフェオレボウルの白と青、茶色系統の4.5寸鉢、上に載っているのは蕎麦猪口です。

カフェオレボウルも蕎麦猪口も、小鉢のようにお使い頂けるサイズ感で日々出番も多そうです。

4.5寸の鉢はたっぷりした深さのある形なので、汁気がある煮込み料理を盛りつけても良いですよ。

※ほかに飯碗もありますが、写真が今日は撮れませんでしたのでまた後日撮れたら追加しておきます。


小野さんは、益子の土を使って薪窯で焼成されていらっしゃいます。

今回は灰釉のほか、結晶系の成分も入れた釉薬を使い、

まるで銀河がうつわの中に広がっているような、印象的な釉調のものも作っていらっしゃいました。
f0211463_2015442.jpg
結晶系の釉薬は、確かにそれだけでも十分きれいなのですが、

しかし、薪や窯の中の灰が釉薬に降りかかるという独特の現象が結びついて、

それがまた小野さん独自の雰囲気を作り出しているところが、とても素敵だと感じました。


土や薪窯で焼くということに、相当なこだわりがあるのかご本人に聞きましたが

こだわりがないわけではないが「父がやっていたから、それが普通だと思った」と。

実は小野さんのお父様もまた、益子では古参の陶芸家なのです。

そして独特の揺らぎのある形。

これについてもお尋ねしてみたところ、やはり思ったとおり「蹴ろくろでやっています」ということでした。

それもやはり「父がやはり蹴ろくろでやっているからというのが大きい」ということでした。

ある意味、これってすごいことだなあと思います。

特に陶芸の仕事を継ぐ気は、もともとはなかったそうですが、

25歳となって愛知の瀬戸窯業高等学校専攻科に入学し、2年間学んだそうです。

益子と瀬戸では使う土も違います。

ですから細かいところのうつわの作り方がまったく違うところもあり、

それが今になってはすごくためになっているそうです。

瀬戸にいた頃は、型物のうつわに使う、「型」づくりが面白くて、

ろくろよりも型物を結構やっていたということ。

確かに、正直ろくろの技術はこれからまだまだ伸びしろがあるように感じたのですが、

それがこれからの飛躍に繋がるかもしれないと期待しています^^

お若いですが堂々としたのびやかな作風が魅力です。


ご本人はなかなかユニークな人柄の方。

「人見知りです!」とおっしゃる割にはすごくお話もたくさん聞けました。

でも緊張してたから逆に・・・だったのかもしれませんね。
f0211463_20173533.jpg

[PR]
by kougeihyakushoku | 2016-11-17 20:18 | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

入荷 小野陽介さんのプレート..
at 2017-05-26 23:48
定休日変更のお知らせ
at 2017-05-24 00:49
平野日奈子、橋本晶子二人展フ..
at 2017-05-24 00:46
入荷 鹿児島白竹細工の平型の..
at 2017-05-24 00:41
5/20(土)は山口県からの..
at 2017-05-20 21:32
入荷 大分白竹細工の大きめの..
at 2017-05-20 12:49
入荷 鹿児島白竹細工の小さな..
at 2017-05-16 00:24

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧