入荷 齋藤有希子さんのマグカップ、レードルレスト、中国茶器など

晩ご飯などを済ませ、さあもう一仕事という今、睡魔が襲ってきています…。

今日は少し暑かったせいか、

夏の日の夕方にやってくる気だるさみたいなあの感覚を両肩に乗せているような。

手のかかる急ぎの仕事が今月はあと二つ残されている状態なのですが、

時間に迫られている状態はいつになっても苦手です。

世代感たっぷりの話題ですが(笑)、昔、動物占いというのがありましたよね。

私は「コアラ」でしたが特徴を読んだら、なんだか結構当たっていてちょっと感心してしまいました。

「急かされて何かをすることが苦手」というのもあって、

今でもそれは当たっているなあとたまに思い出したりします。


さてさて先週届いておりました、

東京とイタリアで暮らす陶芸家の齋藤有希子さんの作品をご紹介しますね。

f0211463_052475.jpg
青磁鎬マグカップ 2,800円+税

青磁の釉薬を施したマグカップいろいろです。

こちらは鎬の入れ方、形、サイズなどすべて異なる仕様の一点物となっています。

サイズですが割と幅があって、それぞれおよそ径7~8.5cm×高さ6.5~8cmの間となっています。

齋藤さんらしい、しなやかさとシャープさが同居したフォルム。

気品があり、かしこまったイメージもある青磁ですが、

こちらのカップでしたらごく普通の日常の中でも使って頂きやすいカジュアルなモダンさがあります。

緑茶の緑とも相性抜群で、お茶の水色が美しく映えます。

コーヒーの深い琥珀色ともぴったりです。


f0211463_054058.jpg
レードルレスト 2,500円+税 およそ径10×高さ2.1cm

レードルを置ける小皿です。

私は木杓子をひっくり返して置いてしまいましたが、どちらの向きで置いて頂いても大丈夫です。

一般的なステンレススチールのレードルでも安心して置いて頂けますよ。

この口のような形が面白くて、レードルを置いてもいいですが、

レンゲを置くのにも便利ですし、齋藤さんは中国茶の茶杓置きにもされていらっしゃいました。

コールマンブラックという漆黒の色の釉薬ですが、きらきらとした輝きも感じられる独特の美しさがあります。

ふだん使いの小皿としても、このちょっと変わった形が食卓でもアクセント役になってくれそうです。


最後のお写真は、ここ一年、自ら中国茶を嗜みながら中国茶器のお道具も制作されるようになった、

齋藤さんの新しい展開のうつわたち。
f0211463_06135.jpg
蓮小皿 各2,500円+税 およそ径10.2×高さ2.4cm
炭化焼締茶壺 各6,000円+税
塩窯リーチホワイトミニグラス 3,000円+税 およそ径6.5×高さ6.5cm


まずは青磁釉とマンガン釉の蓮小皿。

蓮の形をイメージした、どこか優雅な雰囲気をまとった小皿です。

日々の小さなおかずを盛りつけるのにも良いですし、菓子皿、茶葉を乗せる小皿としてもおすすめです。


炭化焼締の中国茶茶壺は、茶杯二杯分程度の容量です。

半磁土で成型したものを、備長炭を使って炭化焼締しておられます。

焼締の肌が渋みや雑味などを吸収し、茶の純な味わいを引き出してくれる良さがあります。

鎬を入れたタイプ、面取りタイプ、どちらも手の中でずっと大切に持っていたくなるような造りが美しいです。


アメリカ滞在時に塩窯で焼成なさったという小さなグラスですが、茶杯代わりにも。

ややざらりとした肌合いで、よく目を凝らすと表面に細かな貫入が入っており、

アンティークな味わいも感じられますよ。

ぐい飲みとしてお使い頂くにもよいサイズ感。


料理上手な陶芸家として以前雑誌「天然生活」さんでもご紹介されたことのある齋藤有希子さん。

それに加えて中国茶の世界にも足を踏み入れ、ますます多彩な作品制作をされるようになりました。

研究熱心な齋藤さんの作陶と制作アイテムの幅広さ、

ご自分でも料理をされるからこそのアイディアたっぷりの提案ぶりは、本当にイマジネーション豊かです。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-05-15 00:08 | 齋藤 有希子 | Comments(0)

作家さんからのご案内 石原ゆきえさん、濱端弘太さん

f0211463_1735664.jpg
こんにちは。

火、水、木と3連休頂きましたが、結局たまっている事務仕事を片付ける三日間に。

貧乏性なので、仕事が片付いていないとどうも落ち着かないのです…。

でもやるべきことは着実にクリアしつつあるので、なんとかこの調子でいきたい!(切実)


さて、初夏へと向かう季節にも素敵な展覧会が其処此処で行われているようで。

お付き合いのある作家さんから、展示のお知らせを頂いております。


陶芸の石原ゆきえさんからも素敵なDMを少し前に頂きました。

昨日、愛知のhagiさんにて個展が始まりました。

hagi9周年企画
【石原ゆきえ展】
-風薫る暮らしうつわ-
2017/5/11(木)-22(月)
11:00〜18:00 火・水休み 5/16(火)WS
場所 カフェギャラリーhagi


明るい光がいっぱいの展示空間の様子が、石原さんのインスタグラムでもpostされていましたよ◎

会場のhagiさんはギャラリー&カフェでいらっしゃるのですが、

昨日の初日は喫茶コーナーはクローズとなっていたようです。

おそらく明日以降はご利用できるのではないかと思いますので、

詳しくはお店までご確認の上、ぜひ足を運んでみてくださいね◎


お次は、ついこの間百職で個展をして頂いた木工の濱端弘太さんから

大阪でのグループ展のお知らせです。

濵端さんが修業時代を過ごした大阪の「槌工房」の一門展が

大阪のアトリエヒロさんにて5/18より開催されるそうで、濱端さんもそちらにご出展されるそうです。

槌一門展 膳と盆によるしつらえ
2017/5/18(木)-24(水)会期中無休
11:00~19:00(最終日17:00まで)
【出展】 藤嵜一正、松本高次、甲斐幸太郎、片江圭介、濱端弘太、岡良信、坂本理留 
場所 アトリエヒロ


「槌工房」は大阪府指定無形文化財保持者である木工家の藤嵜一正氏の木工房で、

濱端さんもそこで三年間過ごしました。

今回は、その槌工房出身の木工家たちと師である藤嵜一正さんの総勢7名の展覧会。

「膳と盆によるしつらえ」をテーマに、

素晴らしい腕の持ち主ばかりによる木工展となることは間違いないでしょう。

私も勉強しに行ってまいります!

こちらのDMは、百職にも並んでおりますので、ご興味ある方はぜひ手に取ってくださいね。


ということで、昨日のお昼はサンドイッチを濱端さんのお皿に。

アイスティーのシロップは石原ゆきえさんのピッチャーに。

ちなみにグラスはとりもと硝子店さんのですよ(^^)

7月の展覧会用の撮影を昨日していたのですが、

自然光で撮っているのでどうしてもお天気待ちになります。

いつ良い撮影具合になってもいいように、さっと食べられるサンドイッチはよく撮影のお供にします。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-05-12 17:36 | お出かけのススメ | Comments(0)

入荷 永田美和子さんから鎬のリム皿七寸と八角鉢、マグカップが届いています

f0211463_21561867.jpg
連休ももうすぐ終わりますね。

新緑もまぶしくて、このところずいぶんとあたたかい陽気に。

飼っているめだかたちも、動きがすばしっこくなりこのところすこぶる元気。


さて、入荷しております永田美和子さんのうつわのご紹介です。


f0211463_21563432.jpg
鎬7寸リム皿 4,900円+税 およその寸法(cm)径21.5×高さ3.7

藁白釉の白タイプと、ブラウンの弁柄ベースの鉄釉のものと二種類です。

鎬が入れられたリム部分は細めなので、全体の印象も柔らかで物静かなトーンです。

見込み(うつわの内側)も深めですので、

汁気のあるもの、ソースやクリームのパスタなどを盛りつけるのに重宝しますよ。


f0211463_2156497.jpg
八角鉢 2,000円+税 およその寸法(cm)18.3×14×深さ2.4

ちょっと変化のある形が、定番の丸や角の皿が並ぶ食卓を新鮮に見せてくれそうです。

シャープな印象になりがちな形ですが、萩焼独特のとろみのあるラインで柔らかな表情です。

煮物や煮込み料理、サラダなどを盛りつけるほかにも、

切り分けたバゲットをラフに盛りつけたりしてもぴったりです。


f0211463_2157685.jpg
マグカップ 2,000円+税 およその寸法(cm)11×7×高さ9.5

やや縦長のかたちですっきり見せながらも、思いのほか容量がありますよ。

側面に縦に鎬を入れているので、

流れ落ちた釉薬が角度によって違う表情を見せてくれるのが楽しいです。

穏やかな気持ちで、ほっこり寛ぎたいときに似合いそうですね。


f0211463_21571761.jpg
藁白釉の白いうつわのほうは、透明感ある青みがかった白色の中からほんのりと赤みが浮かび上がり

まるで静かな湖の水面のようです。

また縁に塗られた弁柄は滲むような発色で、古物のような趣を見せています。

深いブラウンの弁柄ベースの鉄釉のうつわは、

こっくりとした茶色から細かな黄色の班、釉だまりからは深い黒が現れていて、

かさっとした秋の枯れ落葉のような質感と色合いです。


数年間萩焼の窯元で勤務され、独立された永田さんの仕事ぶりはいつも丁寧です。

茶陶で有名な萩焼、陶工時代は急須などの注器も得意だったそうで、

今また当時とは違うアプローチで新たな形の急須に取り組んでいるそうです。

見た目の美しさはもちろん、急須に大切な「お茶のキレ」を見極めながらの作陶だそう。

完成が楽しみです。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-05-07 21:57 | 永田 美和子 | Comments(0)

お知らせ 今週の営業時間変更と休業日

いつもご来店くださりありがとうございます。

大変申し訳ありませんが、5/8(月)は12:00-17:00までの営業とさせて頂きます。

また、5/9(火)、10(水)は定休日、11(木)は臨時休業とさせて頂きます。

ご来店の予定を立ててくださっていた方には本当に申し訳ありません…!

この間、メールへのお問合せを頂きました場合にはまた休業明けにお返事させて頂きますので

どうかよろしくお願いいたします。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-05-07 19:59 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

入荷 鹿児島白竹細工の角物の籠たち

f0211463_2292521.jpg
こんにちは。

GW後半は、連日暑い日が続いていますね。

本日もたくさんのお客様とお会いすることができ、遠くからのお客様も。

本当にありがとうございました…!


いよいよ竹細工の季節も到来といった店内になっています。

さ、昨日も少し書きましたが今年も鹿児島の角物のお弁当籠たちが到着しました。

今回の便では箱型と手つき型が、4種やって来ています。


まずはこちら。
f0211463_2282597.jpg
箱型一段弁当籠(細長) 6,900円(税別) およその寸法(cm)21×12×高さ7
手つき一段弁当箱(正方形) 8,100円(税別) およその寸法(cm)16×16cm×高さ12


細長タイプのお弁当箱は、持ち歩きもコンパクトにまとまるのでとても便利。

バッグに入れて持ち歩くことも多いはずなので、やはり「コンパクトさ」って結構重要だったりしますよね。

手つきの場合は、やはり持ち運ぶのに便利という利点が魅力ですね。


f0211463_2284583.jpg
手つき二段弁当籠(長型) 13,000円(税別) およその寸法(cm)14×20×高さ17

こちらは手つきの二段の形。

お弁当箱として使う場合なら1人~2人分はたっぷり入れられます。

整理整頓で使う場合でも収納力は抜群ですよ。

重箱のように重なっていて美しく、

それぞれの段にお菓子やお茶を入れておもてなしに使っても素敵だと思います。

一段目、二段目の底部分の編み方がそれぞれ違って美しいです。


f0211463_2285592.jpg
左/手つき一段弁当箱(正方形) 8,100円(税別) およその寸法(cm)16×16cm×高さ12
右/手つき一段弁当箱(長型) 8,100円(税別) およその寸法(cm)13×19×高さ10


一人分のお弁当箱でしたらこれで充分なサイズ。

お茶道具を仕舞っておいて、テーブルの上に置いておいても良いですね。
f0211463_2281164.jpg


お弁当を入れる際は、中にオーブンシートやワックスペーパー等を敷いて使って頂くと、

雰囲気を壊さず、なおかつ汚れにくくお使い頂けると思います。

竹の弁当箱の場合、できるだけ汁気の少ないおかずを入れたり、

野菜などはしっかり水気を切ってから入れるなど

ちょっと工夫して頂ければ気軽に使って頂けますし、

ゆっくりと飴色に変化していって本当に一生ものになりますよ。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-05-05 19:19 | 編組細工、産地の手しごとの品々 | Comments(0)

入荷 愛知県の淡竹細工楕円笊と、宮城篠竹細工の目かご

f0211463_23554143.jpg
こんばんは。

先日、一度入荷しましたがどちらもすぐに売切れてしまいました。

今回二回目の入荷分が届きましたのでご紹介します。


一つ目は、淡竹で編まれた楕円笊(およそ24×19×高さ3cm)です。

切ったお野菜を乗せておいたり、水切りしたり、パン籠として使うにもちょうど良い小ぶりなサイズです。
f0211463_23555335.jpg
淡竹楕円パン籠 4,000円+税

丸よりも楕円型のほうが、ちょっぴり省スペースになるでしょうか。

丸い皿たちの中に楕円型を置くと、ちょっと食卓の情景にも変化が生まれますね。
f0211463_2356628.jpg
笊の縁は、外側と内側に縁用のひごを当てて挟み込んだ仕上げ方です。

更に細かく書くと、外と内の隙間を隠すため、

細く割いた「柾割竹」を乗せ、その上で外側と内側のひごで挟み、銅線で縛り上げる入念な造りです。

昔はこういう笊を、ひっくり返すと亀の甲羅に似ているところから、

亀ざるとか亀の子ざるとか亀の甲ざるなどといった名で、重宝していました。

どちらかというとお店や大きな施設などで使われていた、業務用でした。

今では、亀ざると言えば形はこのような雰囲気を残したまま、

素材はステンレスで作られたものがほとんどです。

似たような造りのものは海外製のものがありますが、

丁寧にひごを作っていたり、止め方が入念にされていたりと細部を見ると大きく違います。

本当に万能なざるなので、台所道具やうつわとして、どんどん使ってみてほしい笊です。


二つ目は竹ざるの定番・目かご(およそ径21×高さ8cm)。

宮城県篠竹細工のものです。
f0211463_23562686.jpg
目かご 2,700円+税

数年前に入荷していた目かごが手に入らなくなってしまい、

今年から新たな目かごを取り扱うことにしました。

目かごにも、いろいろな目の細かさがあります。

目かごは、もともとは小豆を洗うためのかごで「小豆洗い」とも呼ばれます。

小豆自体、品種によって様々な粒の大きさがありますから、目かごの編目もいろいろなサイズがあります。
f0211463_23572187.jpg
この新たに取り扱うことになった目かごは、比較的目が詰まっています。

そこにとても美しさを感じます。

縁巻きに使っている竹もすべて篠竹です。

篠竹は柔らかい竹ですから、あまり重いものを入れるのには向いていません。

昔はきのこを洗ったり、野菜を洗ったり、海辺の暮らしでは貝を洗うのにも使ったそうです。

今の暮らしでも台所仕事で充分活躍してくれると思います。

切った野菜の水きりざるに使ったりも便利です。

深さもありますので、クロス類などをしまっておいたり、

果物を入れたりなどさまざまに使って頂くことができますよ。

六角形が連なった、六つ目編みで構成されています。
f0211463_2357521.jpg
六つ目編みは基本の編み方の一つで、

それですべてが出来ているお品ですから造りの良し悪しがわかりやすいものです。

しかし手をかけ過ぎると普段使いのお品の値段ではなくなってしまいますし、

だからといって粗雑であっては実用に耐え得る品質ではなくなってしまいます。

こちらは全体を見ても造りのバランスがとても良く、丁寧な仕事が成されています。

その物に合った丁度良い手数というのは、時代が進むにつれて基準が難しくなってきていると思いますが、

この目かごは地味な存在かもしれませんがとても実直に作られており、

好感のもてるお品に仕上がっていると感じます。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-05-01 23:58 | 編組細工、産地の手しごとの品々 | Comments(0)

入荷 小川麻美さんの鎬プレートやマグカップ、スープカップ、耐熱皿、小さな花器など、

f0211463_23515218.jpg
明日からは五月ですね。

庭の草木には生まれたての葉っぱがいっぱいに芽吹いてきました。

新緑の風が心地良いです。


陶芸の小川麻美さんのうつわが届いています。

定番を中心に、以前の展覧会でも好評だったものをお願いしていました。

届いた日に撮ったお写真なので、少し売れてしまったものありますが、まだいろいろ見て頂けますよ。

こんな感じで、割とアイテムもいろいろありますので、ざっとご紹介させて頂きますね。


まずは炭化の鎬プレート。

サイズは8寸(およそ径24cm)とSS(およそ径14cm)の2種類。
f0211463_2352420.jpg
鎬プレート炭化  8寸 4,500円+税  SS 1,700円+税 

小川さんの定番タイプの炭化のうつわたちは、

乾いたようにマットで、カーボンブラックのような色が魅力です。

でもその中に、赤や茶色、グレーなどの様々な色たちが見え隠れしています。

少し粗い土味はうつわの質感に陰影を与え、一点一点それぞれ違った表情を宿しています。


炭化の作品では、やはり定番人気のマグカップもありますよ。

f0211463_23525864.jpg
マグカップ炭化 2,500円+税

SSサイズと組み合わせると、カップアンドソーサーとしてもお使い頂けます。


そしてスープカップは、炭化のものと黄粉引のものと二種。
f0211463_2353738.jpg
スープカップ 3,000円+税

コンパクトに見せていますが、容量はしっかりたっぷりサイズですよ。

一人分のサラダなど盛りつけるのにもぴったりです。


爽やかな季節になってきましたが、初夏でもオーブン料理は忙しいときの味方。

オーブンも直火もOKの、耐熱の耳つき皿は小さめと大きめの2サイズが届いています。
f0211463_23532088.jpg
耳つき耐熱皿 大きめ 3,500円+税  小さめ 3,000円+税

やはり耳つきの形は持ちやすいので嬉しいですね。

大小で重ねておくこともできます。
f0211463_23535399.jpg
美味しい夏野菜もたくさん出回る季節なので、

そこに、チキンや魚介類など組み合わせて一緒に耐熱皿に敷き詰め、

あとはオーブンに入れてしまえば一品完成です。

暑い日には、冷まして頂いても美味しい食材をチョイスするといいですね。


最後は小さな花器です。
f0211463_2354789.jpg
小さな花器 各種1,800円+税

ちょっと人のかたちのトルソみたいな、シルエット。

印象はシンプルなのですが、削ぎ落とし過ぎていないというか、

ほんのりとした手のあたたかさが残り香のように漂っています。


ほんの少し、まろみのあるライン。

それが全体のフォルムを構築し、小川さんの持つ柔らかな人柄をも作品が伝えているのだと思います。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-04-30 23:42 | 小川 麻美 | Comments(0)

入荷 奥井木工舎さんの有道しゃくし(汁杓子)が届きました

連休初日の昨日の京都は、春の嵐が巻き起こるお天気。

皆さんのお住まいのほうは大丈夫でしたか?

こちらは突風が吹き荒れ、雨と雷までやって来て、数年ぶりくらいのすさまじい春の嵐。

表通りに出している百職の立て看板は数キロの錘を載せているので、

さすがに大丈夫だろうと思っていたら、

近所の方が「オモテの看板、大変やで!突風で倒れとるで!」と知らせに来てくれる一幕も。

変わりやすい春のお天気は甘く見てはいけませんね…!


さて、今回から初めてのお取扱いです。

やはり自分が「ほしいなあ」と思ったのがきっかけのお品。

奥井木工舎さん謹製、飛騨地方で古くから作られてきている

「有道(うとう)しゃくし」の汁杓子です。

f0211463_19252051.jpg
有道(うとう)しゃくし汁杓子(蛤型・大) 3,300円+税 およその寸法(cm)長さ30×幅9

出刃包丁に、専用のしゃくし鉋を使い、一本一本削り出して制作されています。

なんとも堂々とした風格があって、これならば随分長持ちしそうです。

そんな頼もしさに惹かれました。

f0211463_19253352.jpg
店頭販売用は、有道しゃくしの使い方やあれこれが細やかに書かれた紙モノと一緒に、

丁寧にパッケージされた状態です。

また、奥井さんが一緒に添えてくださった、

「飛騨の手しごと 有道しゃくしの話あれこれ」というフライヤーが本当に良くできていて素敵でした!

そこから今回は一部抜粋してご紹介させてください。


・・・
・・・
杓子の材料となっているホオノキは、材質が柔らかく素朴な色合いを持っています。
(中略)
ひとつひとつ手作業で作るため、素朴な風合いの中に刃物の跡が残ります。
すくう部分に独特の彫り跡や継ぎ目のない一本の材料で仕上げるなどの特徴があり、
日本文化に精通した随筆家 白洲正子氏は、著書「日月抄」の中で杓子の王様と讃えられております。
f0211463_19255178.jpg
すくう部分の彫り跡が具材を滑りにくくし、金属製のお玉と違って具材に刺さることがなく、
鍋にあたっても嫌な音は出さず、いろいろと気配りの効く調理道具です。
混ぜたり、すくったり、お料理の際にお使いください。

江戸時代後期、京へ寺社仏閣の建築に従事するため出掛けていた大工の庄五郎が
材料となる山林が豊富で、耕地が少ない有道地区の生計の為、
習ってきて伝えたのではないかと定説になっています。
明治後期の調査では生産数五万個を越えていたようですが、
大正、昭和時代に向けて激減していきました。
世界大戦後、物資不足のため木杓子が売れたようですが、
復興が進むにつれ金物に押されて売れなくなっていきました。

昭和四十二年の全戸離村によって杓子作りも姿を消したかと思われていましたが、
高山でお土産として作られている事がわかり、
地元の工芸品が消滅してしまうことを危惧する町民たちによって
有道しゃくし保存会が結成され技術伝承を現在に伝えております。
・・・
・・・


奥井さんが受け継いだこの有道しゃくしは、

年間を通じて販売できる生産をしているのは現在奥井さんを含め三人ほどだそうです。

ホオノキの素朴な味わいは使うごとに深みを増し、

杓子そのもの存在感も増していくのが本当に魅力だと思います。

実際に手にとって頂くと「杓子の王様」と白洲正子さんに言われたその佇まいにも、

きっと「なるほど!」と納得頂けると思います。

ぜひぜひ新しく仲間入りしたこの杓子、どうぞ今後ともよろしくお願いします!

冬季に伐採される材料でのみ作られており、今回は8本入荷しています。

また、今冬分の制作はそろそろ終了されるそうですので、

完売した場合は、来冬分の入荷をお待ち願うことになりますのでどうかご了承くださいね。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-04-30 19:18 | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新の記事

入荷 小野陽介さんのプレート..
at 2017-05-26 23:48
定休日変更のお知らせ
at 2017-05-24 00:49
平野日奈子、橋本晶子二人展フ..
at 2017-05-24 00:46
入荷 鹿児島白竹細工の平型の..
at 2017-05-24 00:41
5/20(土)は山口県からの..
at 2017-05-20 21:32
入荷 大分白竹細工の大きめの..
at 2017-05-20 12:49
入荷 鹿児島白竹細工の小さな..
at 2017-05-16 00:24

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧