入荷 山梨すず竹細工米砥ぎ笊(三合用、五合用)

こんばんは。

朝はまだ少しひやりとした空気が流れていましたが、日中はずいぶんとあたたかくなりましたね。

ちょっと鴨川へ行ってお弁当を広げて…なんていうのがぴったりな春の土曜日でした。

お客様も今日はたくさんお越し頂いて、おなじみの方もお久しぶりの方も、

今日は皆さん本当にありがとうございました!

さて、山梨すず竹細工の米砥ぎ笊も、七寸(およそ三合用)、八寸(およそ五合用)が再入荷してきています。
f0211463_20365949.jpg
山梨すず竹細工米砥ぎ笊八寸(五合用) 4,200円(税別) およその寸法(cm)径24×高さ12
山梨すず竹細工米砥ぎ笊七寸(三合用) 4,0000円(税別) およその寸法(cm)径21×高さ10


春は、筍ご飯やあさりご飯、豆ご飯など、炊き込みご飯にもぴったりの素材がたくさん出回りますね。

竹の米砥ぎ笊を使って、楽しくお米を砥いで頂いて、

美味しい季節のご飯をぜひぜひたくさん召し上がってほしいなと思います◎
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-03-04 20:38 | 編組細工、産地の手しごとの品々 | Comments(0)

入荷 岩手すず竹細工弁当箱(長角)が届きました

f0211463_20315637.jpg
新しく届いたものたちが紹介されるのを今か今かと待ちかねている状態。

岩手すず竹細工の、長角のお弁当箱が届いています。

今回入荷したのはおよそ19×12×高さ6cmサイズです。
f0211463_20321360.jpg
岩手すず竹弁当箱(長角) 3,500円(税別) およその寸法(cm)19×12×6

女性の手で握るサイズくらいのおむすびなら、3~4つは入れられるでしょう。

隅のほうに余裕があれば、汁気のないおかずや漬物を詰めて立派なお弁当のできあがりです!

写真は、いつも素敵なAさんから頂いた可愛らしいマドレーヌを入れてみました。
(Aさん、ありがとうございます!)

こうして焼菓子を入れるのも私は好きです。

手づくりの焼菓子を、ここに詰めて青空の下で食べるのもいいですよね。

お家の中でも、うつわとしてこんなふうにおやつを盛りつけてお出ししても、

たまには面白いと思うんですがどうでしょう。

使っていて食べ物の汁がこぼれたりして汚れが気になる時などは、水で丸洗いしても大丈夫。

洗ったあとに、風通しの良いところでしっかり乾かしてあげれば安心です。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-03-04 20:34 | 編組細工、産地の手しごとの品々 | Comments(0)

入荷 はしもとさちえさんの羽彫りプレートとそばちょこなど

f0211463_20393114.jpg
久々にはしもとさちえさんから届きましたうつわたち。

羽根のような模様の彫りが丁寧に施されたリム皿は、白とブラウンの2色。

サイズは七寸(およそ21cm)と、八寸(およそ24cm)が届きましたが、

白は八寸がすでに完売してしまいました…(ごめんなさい…)。
f0211463_20394939.jpg
7寸リム皿(白・茶) 3,300円(税別)  8寸リム皿(白・茶) 3,800円(税別)
そばちょこ(白・茶) 1,900円(税別)  ちびちょこ(白・茶) 1,400円(税別)
 

白のほうは近くで見ると、きらきらと雲母のような輝きが出ているものもあります。
f0211463_2040431.jpg
人気の蕎麦猪口とミニサイズのちび猪口は、各色各サイズまだありますよ。

小ぶりサイズのちび猪口は、あるようで意外と見かけないサイズで隠れた人気者。

ワンプレートごはんにまとめたい時などは

この小さめちび猪口が実にちょうど良いバランスでプレートに載ってくれますし、

お子さんのちっちゃな可愛い手でもとっても掴みやすい大きさです。

女性やお子様がおられるお客様などから「思った以上に便利で活躍してます」と、

よくお声を頂くアイテムです。

今回お願いした、羽彫り模様シリーズ。

このように模様を入れたりする作業って、実は手首にかなり疲労が来たり、集中力や根気が必要。

しかしこの彫りを入れたり、鎬を入れたりする工程は、結構好きだとおっしゃるはしもとさん。

「細かかったり地味な作業もそんなに苦じゃないんですよね」と笑っていらっしゃいました。

うつわの裏側や底の、ぱっと見ではわからない部分もいつも丁寧に仕上げしてあって、

これなら高台や底の釉薬がかかっていない部分がテーブルなどを傷つけることも少ないでしょう。

はしもとさんは陶芸の仕事をする一方で、ご家庭ではお料理もお上手で、

可愛らしいお子さんをお持ちのお母さんでもいらっしゃいます。

そういった家庭生活での「ふだんの暮らし目線」というものが、

うつわ作りの中にきちんと活かされて、使い良いものを生み出しているなあと感じます。

女性らしく柔らかで明るい色づかいと、

そして目立たない部分にも丁寧さを大切にしていらっしゃる姿勢には、

本当にいつも好感を抱くばかりです。

はしもとさんには今年の10月に、

百職で二人展をおこなって頂く予定となっておりますので、ぜひ楽しみにお待ち頂けると嬉しいです◎
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-03-03 20:43 | はしもと さちえ | Comments(0)

3/4(土)は山口県からのお取り寄せ便 ユーカリとタイヨウさんの焼菓子が届きます

f0211463_2034231.jpg
こんばんは。

明日は月に一度の山口県長門市俵山からのお取り寄せ便

「ユーカリとタイヨウ」さんの焼菓子販売の日です。

今月もどうぞよろしくお願いします。

今回は新しくオーガニックのスペルト小麦が使われた、「スペルトプレーン」というクッキーが入荷します。

今の小麦のもとになっている、古代小麦のスペルト小麦。

野性味あふれる栄養を含んだ古代種小麦のクッキー、ぜひお楽しみくださいね。
f0211463_20344730.jpg
もう一つ新しいお味で、ココア生地にオーガニックチョコチップとココナッツを入れたざくざく風味が美味しい

「ダブルチョコクッキー」も届きますよ◎


3月の山口県長門市からのお取り寄せ便「ユーカリとタイヨウさんの焼菓子販売」
3/4(土)11時より販売
場所:テノナル工藝百職店内にて
※売切次第終了となります
※お取置きは賞味期間内でしたら可。メールもしくはお電話でお問合せを。

【menu】
■veganのクッキー(バター・卵・乳不使用 ※アレルギー対応はしていません)
スペルトプレーン
ダブルチョコクッキー
酒粕と黒胡椒(塩味系クッキーです)

■butterのクッキー、焼菓子(バター使用/卵・牛乳不使用)
オーガニックチョコチップ
発酵バター

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-03-03 20:35 | 日曜百職市、フード販売など | Comments(0)

3月WSのお知らせ 「岡悠さんに教わる、食卓に置きたい四つ目編みパン籠づくり」開催、予約申込みなど

f0211463_23135917.jpg
パン籠づくりワークショップ開催と予約お申込みのお知らせです。

昨年から始まった、竹細工ワークショップの第二弾。

京都府宇治田原在住の竹細工職人 岡悠さんから、

今回は竹のパン籠づくりを教わるワークショップをいたします。

真竹を晒した「白竹」を使い、通気性良く底を四つ目編みに仕立てたパン籠をこしらえましょう。
f0211463_23141626.jpg
底は四つ目編み、側面はござ目編み、縁は海老止めと呼ばれる止め方の、

京竹細工の基本的な編み方が詰まった素敵な籠です。

竹は昔から抗菌性があるとされています。

そして水分も竹自身が吸ってくれるため、焼きたてのパンから出る水分を程よく吸収してくれます。

そのため、表面はカリッと香ばしく中はふんわりと、

パンのうまさを充分に引き出してくれるのが良いところです。

使わないときは壁に掛けておいても。

食卓にさりげなく置いておいても絵になります。

使い込んでいくと、だんだんと深みのあるこっくりした飴色へと変わり、趣が増しますよ。

こうして布類などをたたんでしまっておくのにも。
f0211463_23153619.jpg
伝統的でありながらもシンプルで美しい四つ目編みのパン籠を、岡さんに教わりながら編みましょう。


「竹細工職人 岡悠さんに教わる、食卓に置きたい四つ目編みパン籠づくり」◎予約受付2/16(木)よりスタート
開催日 2017/3/12(日)
①11:30-14:00 
②15:00-17:30
※両時間帯ともに満席となりました。ありがとうございます。
各回定員4名様
講座費 4,500円(税込/お飲み物付)
場所 テノナル工藝百職

■作業のしやすい動きやすい服装でお越しください
■ワークショップ開催日は参加者のみのご入店とさせて頂きます。


f0211463_23225397.jpg
講師/岡 悠(おか・ゆう)profile
1983年 北海道札幌市に生まれる
2004年 京都伝統工芸専門学校(現・大学校)竹工芸科入学
2006年 同校卒業後、石田竹美斎氏に5年間師事し、竹工芸の技術を学ぶ
2014年 「ユウノ竹工房」として竹の魅力を伝えるために活動を始める


************************
【ワークショップご予約方法】
予約受付開始日は2/16(木)で、先着順の受付です。
お申込み連絡方法は、「メールでの予約受付のみ」とさせて頂きます。
インスタグラムのDM、TEL、FAXではお受けできませんのでご了承くださいね。

メール件名「パン籠づくりワークショップ申し込み」
として頂いて、

本文には以下の必須項目をご記入の上、メールにてお申込みください。

①お申込ご希望のお客様のお名前(※数人でご参加希望の場合は、必ず全員のお名前を)
②ご参加希望時間(※①と②、どちらでも大丈夫な方は必ずご明記ください)
③ワークショップ当日に連絡がつくお電話番号(何人かでお申込みの場合は代表者の電話番号)


※テノナル工藝百職メールアドレス
kougeihyakushoku@maia.eonet.ne.jpまでお申し込みください。

※お問合せ用のメールフォームからもお申込み可能です。
こちらから→


後日、当店より「予約受付完了の確認メール」をお送りしますので、
そちらが届き次第ご予約完了となります。


▽ご予約についてのご注意点▽
※基本的に予約後のキャンセルは準備の都合上お受けしかねます。
※前日、当日にやむを得ずキャンセルされる場合はご参加料金の全額を頂戴いたします。
※予約が満員になり次第、受付を締め切らせて頂きます。
f0211463_23155314.jpg

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-03-01 23:23 | 企画展など | Comments(0)

2/26(日)、27(月)は休業します

f0211463_2010354.jpg
こんばんは。

申し訳ありませんが、2/26(日)、27(月)は所用につきお休みとなります。

詳しくはホームページの「営業予定」ページのカレンダーをご覧くださいね。

わかる限りは、事前にこのカレンダーに休みの予定を載せていますので、

良かったらチェックしてみてください!


2月はお店まわり以外のことでも、用事ごとがいろいろ。

明日は町内の催しをお手伝いしに…。

ご近所づきあいがまだまだ大切にされている京都ならではかもしれません。

こちらも昨夜覗いてきた期間限定イベント「trois 3人の好きな花しごと」で一目ぼれしたもの。

こうして見ると何かよくわからないかもしれませんね。

…これもリースと呼んでいいのかな??

まるで舟の形が物語に出てきそうで。

甘過ぎない色づかいとラフな雰囲気の花材たちが素敵だなあ、と。

お店にゆらゆら吊るしています。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-02-25 20:11 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

2/23(木)は13:00-16:00営業です

f0211463_23561685.jpg
もうすっかり日が暮れました。

その日暮れも少しずつゆっくりになってきました。

京都は雨と、そして春一番の強い風が吹いて、外は少し寒かったですが、

でも季節は動いていっているのですね。

2/21(火)、22(水)は通常通り定休日となります。

そして2/23(木)ですが13:00-16:00の営業となります。

この日はどこかで雑誌の取材が入りますのでどうかご了承ください。

しかしもちろん、お店はお客様優先です!

どうぞ安心してご覧になっていってくださいね。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-02-20 23:51 | 休業、営業時間の変更など | Comments(0)

入荷 濵端弘太さんの木のうつわ

f0211463_15585176.jpg
今年より初めてお取扱いさせて頂く木工作家 濵端弘太(はまばた・こうた)さんのうつわが入荷しました。

洋食器のように流麗で華やかなフォルムは、

木のうつわが持つイメージを覆すようなインパクトです。

それでいて、素材の木が持っている「あたたかみ」「穏やかさ」にもあふれ、

自然と触れてみたくなるような魅力があります。

古いものを見て勉強している、という言葉通り、

アンティークの陶磁器だったり家具だったりのディテールがふんだんに取り入れられています。

食卓の表情をいっぺんにがらりと変えてしまうくらいの存在感です。

たった一枚あるだけでも、その時の食事を印象的に彩ってくれるはず。

洋の雰囲気にはもちろん、漆で仕上げたうつわなどもありますので、和洋問わずお使い頂けるものも。

メイン皿から小皿までいろいろ選んで頂けるようにと、サイズなども様々作っておられます。
f0211463_1661234.jpg
右列/上から順に
オクトゴナルプレート(楕円) 14,500円(税別) 花小皿 4,500円(税別)
花菓子皿 5,000円(税別) 花六寸皿 8,500円(税別)

左列/ 上から順に
黒漆花小皿 5,200円(税別) 黒漆花菓子皿 5,700円(税別)
オクトゴナルプレート(丸) 12,500円(税別) コーヒーメジャー螺旋 4,500円(税別)
花オーバル(大) 12,500円(税別)


そして、その形に最初は目を引きつけられますが、

実際に手に取ってみて頂くと、細部の仕上げが本当に本当に丁寧に周到に成されています。

例えば内側のリムと底の境目など、

本当に彫って作られているのかと疑ってしまうくらい、とてもなめらかなラインに仕上がっています。

そのような細やかな仕事が一つ一つ積み重なり、まさに花開いたようにうつわ全体を構築しています。

初めて見た時は、あまりの仕上げの美しさに呆然としてしまいました。

いったいどんな刃物を使って、どんな風に彫っているんだろう?

まだ27歳と若い濵端さんの仕事に正直圧倒されました。

濵端さんが技術を磨いたのは伝統工芸の世界。

専門学校で木工芸を学び、その後、大阪府指定無形文化財保持者である木工家 藤嵜一正氏に師事。

独立後は故郷長崎に戻り、作家活動を始められました。

実は私の夫も同じ専門学校卒で、

以前百職にも専門学校時代の濵端さんが遊びに来てくれたこともありました。

その時からおよそ7年。

濵端さんは木工作家として独立され、

こうして彼の作品をご紹介できるというのはとても嬉しく、また不思議な気もします。

一つ確かなのはただの縁だけではなく、彼の作品に魅了されてお取扱いさせて頂こうと決めました。

来る春の4/1(土)~9(日)には、早くもこの濵端弘太さんの個展を百職にて行います。

それに先駆けて、店頭でも濵端さんの魅力的な木のうつわたちを並べましたので、

ぜひお手に取って頂けると嬉しいです。

個展のご案内はまた追ってご紹介して参りますので、皆様どうぞお楽しみに◎
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2017-02-20 16:07 | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
※1/23(月)-3/27(月)の平日営業時間変更のお知らせ
月、木、金…11:00-16:00で営業
土、日、祝…11:00-18:00で営業
火・水定休
(個展期間中、変更あり)
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp
【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
3月26日(日)
「さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」
テーマ 未定

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉/こじか木工室
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齊藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
佐々木 惠介
中田 誠
尾崎 祥太郎
内海 仁美
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新の記事

3/20(月・祝)は、所用の..
at 2017-03-20 01:06
入荷 森谷和輝さんの箸置cu..
at 2017-03-17 21:31
入荷 森谷和輝さんのフォール..
at 2017-03-16 15:59
ワークショップ「竹細工職人 ..
at 2017-03-13 23:00
ワークショップ開催のため、明..
at 2017-03-11 23:12
ガイドブック掲載のお知らせ ..
at 2017-03-10 15:46
3/9(木)、10(金)は休..
at 2017-03-08 12:50

最新のコメント

コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25
こんばんは「旅」ちゃん可..
by ゆきみ at 23:02

検索

画像一覧