cafe 火裏蓮花さん

f0211463_2228274.jpgせっかく、おやつにまつわる企画展中なので、

前回に続き、もう一つ素敵なカフェのことを。

だいぶ時間がたってしまいましたが、昨年末「cafe 火裏蓮花」さんに寄せて頂きました。

こちらも京都らしい風情の、かなりの路地奥にある隠れたカフェです。

初めて行こうと思った方は、果たして見つけられるかな?^^

でも、それもまたいいひとときです。

さあ、路地を通ってお店の前へ。

入ってみると、店内は一人でも気構えることなく落ち着けそうな雰囲気。

夕方、結構遅い時間に行ったので、コーヒーと軽く甘いものをお願いしました。

f0211463_22415171.jpgオリジナルブレンドのオーガニックのコーヒーは

豊かなコクがありながらも、キレがあって軽やか。

メニューにはそれはそれはとても丁寧に

それぞれのコーヒーの味や個性について書かれていて

深い造詣と愛情がおありなんだなぁと感じます。

信楽のものと思われるコーヒーカップも

とってもとっても良い感じ。見逃せませんね。





そして、甘いもの。一口食べてみましたら、すごおおおおおおおおい、です!

見た目の美しさはもちろんのこと、この少しずつ盛られた三種のスイーツは、

コーヒーと同じく、どれもこれも予想を上回るほどのあまりにも本格的な味わいで、

心底びっくりしました。
f0211463_22421415.jpg


お抹茶のケーキは濃厚かつ、風味と香りがいきいきとしていて、

ブリュレは甘みと苦味のコントラストとバランスが、私の口には絶妙でした。

コーヒーゼリーも、コーヒーの繊細な風味をそのままゼリーの中に封じ込めたかのよう。

ちなみに、ゼリーの器は切子!なんて心憎い器選びなんでしょう!!

カフェで甘いものを頂いて、こんなに本格的な品を口にしたのはもしかしたら初めてかもしれません。

f0211463_22423461.jpg
ゆったり居心地良いカフェで

ひっそりと、こんな贅沢で上質な味わいを出されている「cafe 火裏蓮花」さん。

京都にはすごいお店があるんだなぁと、改めて思ったのでした。

この時の写真は、携帯で撮ったので(涙)実物はもっともっと素敵です。

ぜひぜひぜひ!(3回言います)一度足を運んでみてください^^




〒604‐8101
京都市中京区柳馬場通姉小路上る柳八幡町74-4
(鰻屋さんの「梅乃井」さんの手前の路地を進んでください)
地下鉄「京都市役所前」より徒歩5分ほど 
TEL・FAX/075-213-4485
12時30分ぐらい~18時ぐらいまで
不定休
16席 全席禁煙
駐車場・駐輪場はなし

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-17 22:12 | 日々のはなし | Comments(0)

河原町の梅園さん

f0211463_1918546.jpg
今年になってから、何やかにやと忙しなく日々が過ぎていきます。

お店がお休みの日でも、がさがさごそごそ。

そういえば、丸一日完全オフを取った日はお正月以来ないなぁ、とはたと思い当たりました。

貧乏暇なし、とはよく言ったものです。

先日もパートナーと共に所用で河原町まで出て、歩き疲れた夕方過ぎ。

「ちょっと休ませて~」と、とうとう音を上げてしまいました。

どこか雰囲気のいいお店をと、あっちをうろうろ、こっちをうろうろ。更に消耗のスパイラル・・・

こんな時に店を選ばなくても?と言われるかもしれませんが、そう、河原町といえば京都の繁華街。

ちょっとお茶をするお店ひとつとっても、

まかり間違えば、休憩のつもりが賑やか過ぎて、輪をかけて疲れてしまうこともあったり、

とっても重要なポイント!だから選ばせてほしいのです!

でも、この日は疲れすぎていたのか、頭の中はなーんにもお店が思い浮かばず。

時間もなくなってきて、諦めて(ごめんなさい)某有名カフェに向かおうかと思ったその時・・・

「梅園」河原町店さんの前を一度通り過ぎ、「あああ!」と慌てて引き返したのでした^^

「梅園」さんは、丁寧に作られたみたらし団子やわらびもち、ぜんざいなどが頂ける素敵な甘味処。

河原町店は、大通りに面していますが、かなり小さめな間口のお店構えが奥ゆかしいのです。

他にも、清水店や、烏丸には「うめぞの CAFE & GALLERY」さんなんかもあります。

疲労困憊だった私。この日はつい、白玉ぜんざいとわらびもちのセットメニューを

えいやあっと頼んでしまいました。私にしてはちょっと奮発・・・

運ばれきた甘味は、今日も優しいにこにこ顔の甘さで、私を癒してくれたのでした。

わらびもちは口の中でとろけますし、ぜんざいは甘く、温かく、じ~んわり。

この梅園さんの白玉は、本当に柔らかでほわほわです。

例えて言えば、まるで赤ちゃんのほっぺかお尻のよう・・・

いえいえ、それよりも柔らかいかしら?と口にする度に想像します。

私にとって梅園さんは、河原町でのオアシスなのです^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-17 19:26 | 日々のはなし | Comments(0)

おやつ展のもの、あれこれ その2 岡山県の藍染めランチョンマット

f0211463_18364249.jpg
藍染めダブルガーゼランチョンマット 角南真由子×倉敷意匠・作 3,885円 1入荷
 
その1でもご紹介した、岡山の藍染め布小物。

天然の藍色は、人工的に作るのがもっとも難しい色のひとつだそう。

その発色は、気温や湿度によっても影響を受け、冬の方が色が濃く出て、

夏は若干薄くなるということ。

あなただけの「藍色」を見つけるのも、きっと楽しいはず。

今回の写真の品は、お箸やスプーン、ナイフ、フォークなど、

カトラリーが差し込めるポケット付きのランチョンマットです。

普段は忙しくて「マットを敷いて食事なんて」と思っても、f0211463_1837281.jpg

お休みの日のお茶の時間に

お友達が訪ねてきてくれた日に

こんな気の利いたランチョンマットを敷いて、

寛ぎながらお茶を飲んだりおやつを食べたりするのは、大切なひとときですよね。


いつも忙しそうにしているあの人に、

「たまにはゆっくり過ごしてね」と

プレゼントしてあげてはいかがでしょう?
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-15 11:15 | 倉敷意匠 | Comments(0)

おやつ展のもの、あれこれ その1 岡山県の藍染め鍋つかみ

f0211463_1853854.jpg
藍染めダブルガーゼ鍋つかみ3種 角南真由子×倉敷意匠・作 各3,885円 各1入荷 

今も手仕事の伝統が残る倉敷を拠点に活動する雑貨メーカーの倉敷意匠さんが、

同じく、岡山県倉敷市で染色を生業とされている角南真由子さんと企画してお作りになった、

「天然藍染めのダブルガーゼ」の布小物たちが入荷しています。

写真は、藍染め地と無地のダブルガーゼをパッチワークした「鍋つかみ」です。

中芯は綿パイル、ループは革紐を使っています。f0211463_1865530.jpg
パッチワークがとても素敵ですので、使わない時はキッチンの壁にぜひ飾ってください。

なんだかとっても絵になるんです。

そうそう。それと、使っているうちに水にぬれたり汚れたり、或いは洗濯したりで、

色落ちや、他の部分にほんのり藍色が色づくこともありますが

f0211463_1872627.jpgどうか経年変化の味として気に入ってくださると嬉しいです。

お洗濯の際は、最初の2~3回は他の洗濯物への色移りをお気をつけください。

また、漂白剤を使う時は、できるだけ色落ちを防ぐためにも、

酸素系漂白剤をお使いになるのがオススメです^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-14 18:16 | 倉敷意匠 | Comments(0)

手仕事体験、やってます -2月の予定ご案内-

○とっておき、純銀マイスプーン作り
f0211463_1957312.jpg

たたく作業がありますが、金属の中でも特に柔らかい「純銀」を使うので、
金工体験の中でも女性がトライしやすいメニュー。また、純銀は口にしても無害なので
お子様でも安心してお使い頂けます。
完成した時の美しさには思わず感動!一生もののマイスプーン作りをお手伝いします。

日時:2月12日(土)※終了しました/26日(土)
①11時~13時もしくは②15時~17時
講師:佐々木惠介(金工職人)
定員:各回2名様まで
料金:長さ13㎝まで8,400円(材料費込)
※13㎝以上の特別サイズをご希望の場合は、材料費が別途かかります。
※アルファベットや数字での簡単なお名入れは、無料でサービスします。
※あらかじめ大体の形に、職人さんが板状の純銀板をカットしておきますので、
 使いたい用途などを、お申込みの時にお尋ねします。


○なごみ気分、檜(ひのき)のバターケースを作る
f0211463_19574429.jpg

「ひのき風呂」でもおなじみ、檜(ひのき)は抗菌作用があり、香りも爽やか。
適度な柔らかさがある材なので、初心者の方も加工しやすくおすすめです。
ぬくもりのある木の質感のバターケースは、贈り物としても人気の高い一品。
バターの油分は少しずつ染み出しますが、それがケースにツヤを与えるのでいい味わいに。
年月をますごとに愛着が湧く、素敵なバターケースをご一緒にお作りします。

日時:2月13日(日)※終了しました/27日(日)
①11時~13時もしくは②15時~17時
講師:小塚晋哉(木工職人)
定員:各回2名様まで
料金:6,300円(材料費込)


★お申込み:
ご希望の回の1週間前までに、電話かメールにてお申込みください。
電話075-200-2731(水曜休)
メール:kougeihyakushoku@maia.eonet.ne.jp

※メールの方は、お名前・ご住所・電話番号・ご希望のメニューと時間帯を明記してください。
※記載以外の日時も、職人さんの予定によってはご相談に応じますので
 どうぞお問い合わせください。
※スペースの都合上、各回2名様までとしております。

「手しごとの店 工藝百職」では、隔週の土曜と日曜に

それぞれ金工と木工の「手仕事体験」を行っています。

今までのんびりやっていたので、

ブログでご紹介するということを、実はすっかり忘れていたのですが(すいません・・・)

おかげさまで、最近お問い合わせもよく頂戴するようになり、2月からご案内をすることにいたしました。


体験の所要時間は、およそ2時間~2時間半です。

木工の体験メニューは「檜(ひのき)のバターケース作り」、

金工は「純銀マイスプーン作り」をご用意しています。

初心者の方でも作りやすく、

完成して家に持ち帰ってもらった後も、ちゃんと使って頂けるように

ちょっと本格的な仕上がりになるコツを、講師の職人さんが教えてくれます。

大切な方へのプレゼント用としてお作りになる方もいらっしゃって、とっても素敵です。

心に残るような嬉しいお品が出来上がるように、私たちもお手伝いします^^

普段はなかなか体験できない、職人さんの技と心意気をぜひ味わいにいらしてください!

今後は、手仕事体験の過去のお写真も、許す限り載せていきますのでご参考にしてください。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-13 21:01 | ワークショップ | Comments(0)

「コーヒーと定食 つばめ」さん

f0211463_15283971.jpgこの間、一乗寺までてくてくと歩いて出かけました。

歩くと片道約1時間ほどでしょうか。けっこうな運動になります!

恵文社さんに寄って、百職のフリーペーパーを置いて頂き、

その後「コーヒーと定食 つばめ」さんへ。

つばめさんは、日替わりのご飯メニューと、おいしいコーヒーを出してくれる喫茶のお店です。

恵文社さんから歩いてすぐなので、ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと^^

小ぢんまりしていて、席も2人掛けの席が二つと、4人掛けの席が二つ。

座り心地の良いゆったりソファと、北欧製と思しきあたたかみのあるチェアが並んでいて、

いつものあの女性のご店主さんがきっと選ばれたものなのでしょう。

とても快適で、時間を忘れて寛いでしまいます。

前から「ご飯も食べたいなあ」と思っていたのですが、いつもコーヒーを飲んで休憩するばかりで、

今日こそは、ということで無事「今日の定食」を注文し、にんまり。

そしてそして、運ばれてきた「今日の定食」がこちら。
f0211463_15291582.jpg


白菜とかぶの煮物、水菜とひじきのサラダ、かぶと菜っ葉のお漬物、お味噌汁、雑穀ごはん。

は~、おいしそう。

こちらの方は連れが頼んだチキンカレー。
f0211463_15293992.jpg


ちょっとした遠足で、お腹もぺこぺこな私たち。早速いただきます!

あああ、食べてほっこり・・・丁寧な調理とシンプルな味わいで、じわじわと染み込んでくるよう。

本当にぜーんぶおいしかったのですが、特においしくて印象的だったのは

なんとお味噌汁!とにかく大豆の甘みとコクがあり、ふうわり香ばしくとっても心に残りました。

ちなみに、昨年の12月くらいから百職のフリーペーパーを置いて頂くようになりました。

その少し前から、「置いて頂けるかどうか聞いてみようかな?」

「でも変に気を遣わせてご迷惑になるかも・・・」

などなど、気の小さい私はまごまごしていたのですが

ある日、どきどきしながらお願いしてみると、ふたつ返事で置いてくださったのでした。

お出ししていらっしゃるご飯とおんなじの、あたたかい雰囲気のご店主とお店です^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-11 15:45 | 日々のはなし | Comments(2)

本日より、おやつの時間にまつわる道具と、ちょっとつまみたい甘いもの展が始まりました

f0211463_19325671.jpg
明日からいよいよ3連休ですね。

最近あったかくなってきたなぁと思って、少し薄着にしていたら

今日は朝からなんだか空気がつんつんと冷たいなぁと。ふと気付くと、昼過ぎには雪?みぞれ?がちらちら。

段々増してくる寒さには敵わず、毛糸のペルーニットを羽織り、ストーブの前からしばし動けずに。

まだまだストーブが手放せないなぁと実感したのでした。

さて百職では本日から、ほっこりしたいこの時期におすすめしたい

「おやつの時間にまつわる道具と、ちょっとつまみたい甘いもの」展が始まっています^^

百職からの贈り物/二月「おやつの時間にまつわる道具と、ちょっとつまみたい甘いもの」展
期間:2/10(木)~2/28(月)
(期間中水曜休、最終日2/28は17時まで)

■販売予定の品々
マグカップ(工房いろ絵や)、急須、ポット、菓子皿(髙木剛)、
スリップウエアの小皿(十場天伸)、藍染めリネンキッチンクロスほか(岡山県)、
あけび細工の盛かごやパンかご(青森県)、山形鋳物の鉄瓶(山形県)、
ベッカライヨナタンさんのくるみクッキーやビスコッティなど全7種類

今日に合わせて、久しぶりにベッカライヨナタンさんの焼菓子がたくさん届いています!
f0211463_19342097.jpg


写真の通り、こんなにもりもりあるのを見ていると、それだけでなんだか夢のような心地です・・・

ベッカライヨナタンさんの焼菓子はおいしい上に、

国産や有機の上質素材で作られているためかあまり胃にもたれないので、

ついついたくさん食べてしまいます・・・苦笑

この機会に全種類、いろいろお試しになってみては?

一足はやいですが、バレンタインのお返しとして女性にプレゼントしてもきっと喜ばれますよ^^

この他、今回はキッチンクロスやコースター、鍋つかみなど布類が豊富に入荷しています!

山形鋳物の、すっきりデザインが魅力の鉄瓶も再入荷してきましたのでこちらもお楽しみに^^

ぜひぜひ遊びにいらしてください!
f0211463_19345866.jpgf0211463_19371676.jpg
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-10 19:59 | 企画展など | Comments(0)

展覧会:百職からの贈り物/二月「おやつの時間にまつわる道具と、ちょっとつまみたい甘いもの」展

f0211463_1540020.jpg
2/10(木)~2/28(月)
百職からの贈り物/二月「おやつの時間にまつわる道具と、ちょっとつまみたい甘いもの」展

※最終日2/28(月)は17時まで

幸せなおやつのひとときをもっと特別にする

藍染めのキッチンクロスや布小物、カップやお皿などの

素敵な手仕事やクラフトのモノたちと

京都市京北町の「ベッカライ ヨナタン」さんが

こだわりの素材を使って丁寧に焼き上げた

素朴で深い味わいのクッキーや焼き菓子が全種類勢揃いします。

●マグカップ(工房いろ絵や)、急須、ポット、菓子皿(髙木剛)、
 スリップウエアの小皿(十場天伸)、藍染めリネンキッチンクロスほか(岡山県)、
 あけび細工の盛かごやパンかご(青森県)
●くるみクッキーやビスコッティなど全7種類(ベッカライヨナタン)


ちょっと久々の更新となってしまいました。

お商売などしている方には身近かと思いますが、そろそろ確定申告の季節。

うちのお店も小規模ながら、時節柄ということもあり確定申告の準備に追われています・・・

まるでりすのように、どっさり溜め込んだ木の実ならぬ領収証、そして帳簿とにらめっこ。

お店をやっているにも関わらず、恥ずかしながら数字はからっきしな私は

この時期は本当に憂鬱・・・

こんなふうにちょっと疲れた時、ちょこっとつまみたい甘いもの。

そして、素敵な道具たちの催し。

ぜひ遊びにいらしてください^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-08 15:45 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新の記事

ありがとうございました、「夏..
at 2017-07-24 16:17
「夏をととのえる」展 七日目
at 2017-07-22 14:03
「夏をととのえる」展 六日目
at 2017-07-21 12:44
7/22(土)は三重県からの..
at 2017-07-20 21:01
「夏をととのえる」展 五日目
at 2017-07-20 20:56
「夏をととのえる」展 四日目
at 2017-07-18 22:15
「夏をととのえる」展 三日目
at 2017-07-17 23:47

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧