お茶碗展のもの、あれこれ その3 十場天伸さん

f0211463_1818789.jpg
ご飯鍋(耐熱陶器) 十場天伸・作 (中・5合炊き)13,545円 (小・3合炊き)10,500円

さて。

楽しみにしておりました、十場天伸さんのご飯用土鍋。
今日は、そのご紹介の続きです。

あまり写真がうまく撮れなかったのですが(涙)
いい姿をした、いい鍋です。
シンプルな良さ。色も気張りすぎずに、さりげなく。

さあさあ、ではここらでいよいよ蓋を開けてみますと・・・

おー!!!!!
f0211463_1818473.jpg
なんと、中蓋つきです^^
そして、火にかけても安心な耐熱陶器でもあります。

これなら、お米にもぎゅ~っと圧力がかかって、ふっくらおいしいご飯が炊けるというわけです♪
でんと構えた重みがある姿も、圧力をかけるため。

炊飯器のCMでも、圧力炊きとかなんとか・・・聞いたことありませんか?
それは、こんな仕組みでご飯を炊いているからこそだったんです~

ご飯用の土鍋というだけあって、造りや蓋の重さにも
こうした美味しく炊くための、十場さんの知恵や一工夫がたくさん込められていて。

もちろんもちろん普通のお鍋でも、ご飯は炊けるんです。
でも
少し芯が残ったり、ちょっとべちゃっとしてしまったり・・・あれれ、おかしいなぁ・・・
そうなんです。
ふっくらぴかぴかのご飯には、中までしっかり!の、この「圧力」がポイントなんです。
f0211463_18193896.jpg
中は結構深くつくられており、こんな感じです。
お二人で使うなら3合炊き、
お子さんのいるご家庭や、たっぷりご飯を召し上がるなら5合炊きを。


これは素敵な、おすすめのご飯鍋です^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-01-15 18:23 | 十場 天伸 | Comments(0)

お茶碗展のもの、あれこれ その2 十場天伸さん

f0211463_19273739.jpg
大豆がら灰茶碗 十場天伸・作 (大)1,995円 (中)、(小)各1,680円

f0211463_19284151.jpg
茶茶碗 十場天伸・作 1,995円


こんばんは。

今年になって何度も言ってますが、京都も本当~に寒いです。

町家のこの家は、お手洗いやお風呂を外の別棟に設えてあるので、

夜も更けて、お手洗いなどへ行くのに表へ出ると芯から冷えがやってきます。

「また明日も雪だったりして・・・」とついつい空を見上げることが多くなります。

さてさて、この更新をしている今は、ちょうどそろそろ晩ごはんが気になりだす時刻で、

宮崎から届いているおいしい玄米を眺めていると、

ご飯が本当に恋しくなります。

ほかほかのあったかご飯は、もうそれだけで立派な一品です^^


今日の写真は、今回のお茶碗展のために入荷した

陶芸家・十場天伸さんが作っていらっしゃるすーっとした形のきれいなお茶碗。

大豆がらの灰を使ったという白のお茶碗は、写真ではわかりづらいですが

ひとつひとつに、小さな斑点がちらほらとあり、素朴な雰囲気です。

茶色のお茶碗も、味のある色がまた親しみやすくて、

他のうつわとも合わせやすい、いい感じのお茶碗です。

手に持ってみると、両方とも表面がつるりとした感触で、かつマットに仕上がっていますから、

陶器になじみのない方や、土もののごつっとした雰囲気が苦手な方にも

とっても使いやすいお茶碗だと思います^^

作家ものとしてはお値段もかなりリーズナブルで、ありがたいことです。

お客様用としていくつか揃えて・・・なんていうのにももってこいです。


そして!今回私もとっても楽しみにしていた耐熱陶器のご飯鍋もやってきました!

土鍋で炊いたご飯は、おいしさもまた格別ですしね!

ですから十場さんの鍋も、やはりいろいろと工夫が凝らされているのですが・・・


今日はここでおしまい^^

十場さんのご飯鍋のひみつ(?)詳しくはまた次回でご紹介します。お楽しみに!
f0211463_1827119.jpg

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-01-14 19:32 | 十場 天伸 | Comments(0)

バチ・ホリックさんの京都公演にぜひ!

f0211463_1901824.jpg百職の常連の方々には色々なお客様がいらっしゃるのですが、

なんとなんと、和太鼓奏者の方もいらっしゃるのです!

その方が代表を務める、和太鼓・踊り・唄・笛・鳴物等を中心とした、

パフォーマンスグループ「バチ・ホリック」さん。

並々ならぬ情熱、思い、志を持って、京都を拠点に、国内外問わず

年間100カ所以上、なんと延べ数十万人の方々の前で

公演や教室を展開していらっしゃいます。

そのバチ・ホリックさんが、近々京都の府立文化芸術会館にて公演を行うそうで、

ぜひ皆さんお誘い合わせの上、足を運んで頂けたらと思います!

「JAPONICAISM ジャポニカイズム」2011年バチ・ホリック京都公演
日時:2011年1月15日(土)18:00開場 18:30開演
場所:京都府立文化芸術会館(京都市上京区寺町広小路下る東桜町1 TEL:075-222-1046)
<アクセス>
京阪電車「神宮丸太町駅」より徒歩10分。
市バス「府立医大病院前」下車すぐ、河原町通り西側。

【チケット料金】前売一般:3,000円 当日:3,500円 中学生以下:一律2,000円
(未就学児は膝上1名様まで無料。お席が必要な場合は有料となります。)
【チケットのご予約方法】E-mail:key@bati-holic
TEL:075-812-5611 (バチホリックチケット窓口)
URL:http://www.bati-holic.jp
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-01-10 19:06 | お出かけのススメ | Comments(5)

お茶碗展のもの、あれこれ その1 川口英利奈さん

f0211463_18104465.jpg
川口英利奈・作 forestお茶漬け茶碗(白土) 2,940円(税込) 5入荷 ※品切
f0211463_18182457.jpg
川口英利奈・作 stratumお茶漬け茶碗(赤土) 各2,940円(税込) 5入荷 ※品切

京都は、今日もまた雪のお天気でした。

朝から、水分の多いぼたん雪が降ったりやんだりを繰り返し、

町家(兼住居)であるこのお店は、日中も芯から冷える、寒さがとても堪える日が続いています・・・。

なかなか、ストーブやこたつから離れられない今日この頃、

ぬくぬくと温まるお鍋のシメやお夜食に、お茶漬け!なんて、こたえられませんよね。

若手女性陶芸家・川口英利奈さんの、

お茶漬けを頂くために作られた、うってつけの素敵な「お茶漬け碗」。いかがでしょうか^^

女性の手なら、ちょうど両手ですっぽり収まるくらいの大きさ、

そしてお茶やお出汁をたっぷり注いでも安心の深めの形。

f0211463_1817660.jpg


これなら、軽いお昼を食べたい時やちょっと贅沢したい時の小どんぶりの器としてもぴったりです。

白地にグリーンの釉薬の「forest」はその名の通り、森のような清清しさがモダンな印象。

地層を意味する「stratum」は、赤土に茶系の釉薬が渋い味わいで、白いご飯がよく映えそうです。

気兼ねなく、いつでも使ってほしいお茶碗です。

◇陶芸家・川口英利奈さんのホームページ→http://www.geocities.jp/elinacchi/
f0211463_18155464.jpg

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-01-10 18:26 | 川口 英利奈 | Comments(0)

本日より、お茶碗と玄米ご飯展が始まりました

f0211463_12355069.jpg
寒い日がまだまだ続きますね~。

京都では、またもや一昨日から昨日にかけて雪がちらちらと降っていました。

積もるほどではありませんが、庭石の水溜りはすっかり氷が張って、

水温む、というのにはまだまだ時間がかかりそうですね。

さて、本日から「お茶碗と玄米ご飯」展が始まりました^^

●百職からの贈り物/一月「お茶碗と玄米ご飯」展
期間:1/8(土)~1/30(日)
(期間中水曜休、最終日1/30は17時まで)
*参加作家の皆さん
 十場天伸(つくも窯) ○ホームページhttp://www.tsukumogama.com/
 髙木剛 ○ブログhttp://takagigo.blog28.fc2.com/
 守崎正洋 ○ホームページhttp://www.kyoto.zaq.ne.jp/mori-saki/
 奥主悟
 津田友子 ○ブログhttp://ameblo.jp/r303pet/
 川口英利奈(うめきち工房) ○ホームページhttp://www.geocities.jp/elinacchi/
 (順不同・敬称略)
*なのはな村合鴨農法玄米1kg 735円


おいしいご飯頂くのにぴったりな

色も形も様々なお茶碗がずらっと並べてありますよ~。

また、お食事に欠かせない小皿や、塗りのお箸などもご一緒にどうぞ。

更に、宮崎県のなのはな村さんの合鴨農法で作られた、

とれたての秋の新米も届いています。

現在は在庫5袋のみとなっています。ぜひこの機会どうぞ^^

f0211463_12372956.jpgそしてそして今回は、つやつやぴっかぴかの

おいしいご飯が炊けるとひっぱりだこの

十場天伸さんの「耐熱のご飯用土鍋」も入荷しています!

こちらは必見ですよ~!!

十場さんの土鍋も、また追々ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-01-08 12:42 | 企画展など | Comments(0)

上賀茂神社に初詣

f0211463_1894031.jpg元旦に、上賀茂神社に初詣へ出かけました。

その昔は、正月もなく働いていたもので、実はあまり初詣というものをしたことがなっかたのですが

ここ最近は、やっと人並みに初詣に行くようになりました。

でも、元旦に初詣に出かけたのは今年が初めてでした。

初詣にでかけたのは、家から歩いて10分ほどの上賀茂神社。

朝の内を避けて出かけましたが、それでもたくさんの参拝客で賑わっていました。

f0211463_1841669.jpg大きな鳥居のそばでは

神社の方が梯子にまたがり、高く茂った木々に積もった雪を払い落とす光景も。

確かに参拝する方々に、雪のかたまりが落ちてきては大変です。

他にも、あちらここちらでお客様の合間を縫って雪を掃いたりと、神社の方々も大忙しです。

前を歩く人の流れに沿ってゆっくりと歩みを進めながら、本殿を無事参拝し終え、ほっと一息。

ふと気がつけば、境内の中を流れる小川もほんのり雪化粧していました。

f0211463_185918.jpgf0211463_1845095.jpgf0211463_1855173.jpg










食べ物の出店も今日はありました。

参道には、お祭りで見かけるたい焼きやたこ焼きなどの出店、

境内ではあたたかく炊いた「厄除け大根」や「厄除けぜんざい」が出ており、

雪道を歩き、体の冷たくなった参拝の方々には、何よりも効くお正月のごちそうに思えました。

私も、厄除けぜんざいを頂きました。

素朴な甘みのぜんざいの中には、ほくほくした栗、もちもちつるんとした食感の白玉が入っていて、

ぽっかぽかに^^

f0211463_187591.jpg帰り道に見た、雪をまとった賀茂川が

いつにも増してとてもきれいで、

雪のお正月ならではの、

またとない風情を感じさせる眺めだなぁと、

思わず見入ってしまいました。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-01-02 11:13 | 日々のはなし | Comments(0)

雪のお正月と雪だるまたち

f0211463_1761656.jpg
皆さま、明けましておめでとうございます!

おかげ様で、「手しごとの店 工藝百職も」無事に新しい年を迎えることができました。

大掃除、一時は終わらないかと思いましたがやり切りました・・・(涙)

どうか今年もよろしくお願いいたします^^

さて。上の写真は百職の庭です。ご覧の通り、雪で真っ白!

そうなんです。

京都は晦日の夜半からしんしんと雪が降り、

明けて大晦日の朝にはなんと雪が積もりました。

ご近所の久我神社さんの鳥居や境内も、一面、雪・雪・雪。f0211463_16501383.jpgf0211463_16512070.jpgf0211463_16503571.jpg










そんなわけでこんな雪の日にはもちろん、町内の至るところに

多彩な意匠(?)をこらした雪だるま作品群がごろごろと賑やかです^^

中には、3枚目の写真のように、背景の車と比べたらわかると思いますが

どうやって雪玉を持ち上げたの??と、びっくりするくらい大きな雪だるまも!
f0211463_1654127.jpgf0211463_16545629.jpgf0211463_16553027.jpg









子どもたちがはしゃぎながら、友達や兄弟姉妹、

はたまたお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん・・・

みんなそれぞれ色んな人と一緒に、わくわくしながら作ったんだろうなぁ~というのが

にじみ出てる雪だるまたちの表情がなんとも言えません!

私にとっても、2011年の一番最初の楽しい冬の思い出になりました。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-01-01 17:12 | 日々のはなし | Comments(0)

展覧会:百職からの贈り物/一月「お茶碗と玄米ご飯」展

f0211463_21561310.jpg


今年最後のご案内は、

百職の新年最初の展示会のお知らせです。

●1/8(土)~1/30(日)
百職からの贈り物/一月「お茶碗と玄米ご飯」展

(最終日1/30は17時まで)

炊きたてご飯を引き立てる、作家さん達による一点ものの

おいしい顔のお茶碗が集まります!

そして

宮崎県・なのはな村さんの、甘みあふれる合鴨農法玄米の

この秋に収穫したとれたての新米も、今回は一緒に販売します!

とっておきのお茶碗を選んで

自然の恵みの、炊きたてほかほかの玄米を盛り付ける。

人の手によって生まれた道具と食べ物、どうぞ併せてご覧ください^^

*参加作家 十場天伸、髙木剛、守崎正洋、奥主悟、津田友子、川口英利奈(敬称略)
*なのはな村合鴨農法玄米1kg 735円


来年2011年の、月替わり展覧会企画「百職からの贈り物」は

百職から皆さんへの贈り物、

そして、

皆さんの大切な方やご自身への贈り物にして頂けるような品々をお届けする

そんな展覧会にしていきたいという願いを込めています。

皆さんの色んな声を、来年もぜひ聞かせて頂けたら嬉しいです。
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2010-12-29 22:10 | 企画展など | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新の記事

7/22(土)は三重県からの..
at 2017-07-20 21:01
「夏をととのえる」展 五日目
at 2017-07-20 20:56
「夏をととのえる」展 四日目
at 2017-07-18 22:15
「夏をととのえる」展 三日目
at 2017-07-17 23:47
「夏をととのえる」展、二日目..
at 2017-07-16 20:27
「夏をととのえる」展、初日が..
at 2017-07-15 22:10
「夏をととのえる」展の舞台裏..
at 2017-07-14 20:03

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧