2月の第4日曜百職市:やっぱり大好き。ほっこりさっくさくなスコーンいろいろ店頭マーケット

f0211463_2332317.jpg
日時:2011年2月27日(日) 11:00ごろ~夕方くらいまで(売り切れ次第終了)
●場所:屋外特設ミニコーナーにて(※雨天時は店内)
※パンの配達状況により、始まるのが遅くなることもあります。ご了承ください!

次の日曜日は、恒例の第4日曜百職市です。

今回は、温かい飲み物と合わせて頬張りたい

ほこほこ香ばしい、いろいろな種類のおやつスコーンの店頭マーケットです。

おやつやティータイムにぴったり!ほんのり甘い味の、6種類のおやつ系スコーンが届きます^^

*販売予定メニュー
広島県の白神こだま酵母パンのお店「CacheCache」さんのスコーン
プレーン、ショコラ、キャラメルりんご、チョコチップ&コーヒー、あずきと黒蜜、チーズ 各5入荷予定

*お味見・ご試食コーナー
「CacheCache」さんのスコーン
f0211463_23293100.jpg
(画像はCacheCacheさんからお借りしております)

だいぶ暖かくなってきたこの頃、お散歩がてらにどうぞ寄ってみてください♪

丁寧に作られた美味しいものをご用意してお待ちしています!
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-23 23:36 | 日曜百職市、フード販売など | Comments(0)

おやつ展のもの、あれこれ その7 髙木剛さんの三島風の蓋あり壺

f0211463_2011028.jpg
三島風の蓋あり壺 髙木剛・作 4,300円 限定1入荷

皆さん、壺は好きですか?

私は壺大好きです!

それも両手~片手に収まる程度のサイズに限ります。

そんなわけで我が家の台所の調理台には、調味料などが入った壺がひしめき合っています。

塩壺、砂糖壺、梅干壺、穀物壺・・・

また、まだ使われていない壺も実はあって

普通でしたら、入れる中身がまず先に来て「はて、どの容器に入れておこう?」となるでしょうが、

うちでは、空いている壺が「いつになったら中身が入るんだ~」とf0211463_2015294.jpg

順番待ちをして唸っているような調子です。

(ちなみに、同様にガラス瓶も調理台の結構なシェアを占めているため、壺・瓶・壺・瓶・壺・瓶・・・と、壺と瓶が常に勢力争いを繰り広げているような様相・・・。)

何はともあれ、手頃な大きさの壺を見るとつい手に取ってしまうような私がオススメの、

いい味わいの壺が、髙木剛さんから届いています。

サイズ感もいい具合で、梅干壺を探している方にはf0211463_2012962.jpg

これは本~当にオススメ!です!

飽きのこない、昔ながらの「飛び鉋」模様。

それが髙木さんによって、実にざっくりしたさりげない施し具合に仕上がっています。

一度、手にとってこの手触りと風合いを確かめてみてください^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-22 20:29 | 髙木 剛 | Comments(0)

おやつ展のもの、あれこれ その6 髙木剛さんの三島風のお皿

f0211463_1564858.jpg
髙木剛さんの新作、続いてのご案内です。


f0211463_157990.jpgf0211463_15114868.jpg







三島風 縁あり小皿 髙木剛・作 1,800円 2入荷



髙木さんのお皿にちょっと失礼して

ベッカライヨナタンさんのクッキーを載せてみましたら、

これがなかなかに渋くていい感じ。

洋菓子を陶器に載せると、いつもよりなんとなく凛としたような

改まった雰囲気に見せてくれるので

お客さまがある時のスタンダードなおもてなしは

陶器をいくつか用意して、色々選ぶことにしています。


てんてんてんの模様は「飛び鉋」(とびかんな)や「トチリ」と呼びます。

へら、もしくは「し」の字形に曲がったへら状の道具・飛び鉋で

焼く前の素地を、ひとつひとつ削ってつけていきます。

素朴で懐かしい趣の、この「飛び鉋」のモチーフが

髙木さんの他の新作にも度々登場していますよ^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-21 15:13 | 髙木 剛 | Comments(0)

おやつ展のもの、あれこれ その5 髙木剛さんのぐい呑茶器とポット

f0211463_1935162.jpg
京都市京北の陶芸家・髙木剛さんのこの冬の新作がやって来ました。


f0211463_19354226.jpg
ぐい呑茶器「格子」 髙木剛・作 1,800円 限定1入荷

f0211463_1936388.jpg
ぐい呑茶器「てんてん」 髙木剛・作 1,800円 限定1入荷

f0211463_19363768.jpg
灰粉引土瓶(小) 髙木剛・作 4,500円 限定1入荷
土瓶はすでに以前入荷していましたが、改めてご紹介。

「格子」と「てんてん」の二つは、ぐい呑と名づけられていたものの、

あまりにも可愛らしくて、お酒以外でも

中国茶などを頂く時にも使えそうだなぁと、初めて見たときに思いました。

最後のおいしい一滴を振り出して注ぎ込んだら

ちょうどなみなみとするくらいの良さそうなサイズです。

鉢や碗など、一応それぞれ名前はつけてあるものの、

使う人の気分やアイディアに応じて自由に使えるのが、f0211463_19431871.jpg

髙木剛さんのうつわ。

髙木さんのものは家でも使っていますが、

そんなのびのびした懐深さが心地よくて

何かと出番の多いうつわです^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-20 11:15 | 髙木 剛 | Comments(0)

おやつ展のもの、あれこれ その4 奈良県 粋更さんのさくらのお茶筒

f0211463_14441423.jpg
さくらのお茶筒 写真左:桜色/写真右:灰桜色(径6㎝×高さ13㎝) 1,890円  各3入荷

日増しにあたたかくなり、あとひと月もしたら桜の蕾も開きそうなお天気ですね。

奈良の「粋更」さんより届いた、定番のブリキ製のお茶筒も

春限定のお色で、ほんのり桜色に染まっています。

f0211463_14452112.jpg
ブリキ缶は職人さんの手づくり。

そして中には

桜色のお茶筒には、桜緑茶

少し渋めの灰桜色には、桜紅茶が詰めてあります。

ほんのり香る桜のお茶と、お茶筒のセット、

春の贈り物にぜひ。

◎定番の、お祝い事の贈り物に大変人気の「朱と白のお茶筒」(朱・白/各1,260円)も
今回入荷しています。(こちらは、お茶は入っておりません)
ぜひぜひ、併せてご覧ください^^

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-19 14:49 | 粋更/中川政七商店 | Comments(0)

おやつ展のもの、あれこれ その3 工房いろ絵やさんのカップ&ソーサー

f0211463_23334916.jpg
白化粧色絵カップ&ソーサー(ぶどう、鯉) 工房いろ絵や・作 各6,300円 限定各1入荷

作者の工房いろ絵やさんによると、

白化粧とは、成形した器の上に、白い土をかけて薄い土の膜をはる技法のことをいうそうです。

上に重ねた白い色の下から、ほんのり見える素焼きした褐色の地の色。

工房いろ絵やさんの器の「白」が、なんとはなしに温かいのは

白一色だけではないからなんです。

そして細かな絵付けも、いろ絵さんの持ち味。

細い細い、繊細な葉っぱや生き物の動きに、心ひかれます。

特に、この黒の真鯉と緋鯉の絵付けのカップ&ソーサー。

f0211463_2334573.jpg
父と母にプレゼントしようか考えていました。

夫婦湯呑や夫婦茶碗、なんていうのはもうすでにどなたかから頂いて持っているようだし、

何かさりげなく、洒落た雰囲気で、夫婦らしいものをと探していたら、

これがぴったりと、ある日気付きました。

工房いろ絵やさんは、定番の絵柄であれば、

ある程度注文にも快く応じてくださいますので、

父と母用に2客、今年こそはお願いしようと決めています^^

f0211463_23354597.jpg

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-18 11:30 | 工房いろ絵や | Comments(0)

cafe 火裏蓮花さん

f0211463_2228274.jpgせっかく、おやつにまつわる企画展中なので、

前回に続き、もう一つ素敵なカフェのことを。

だいぶ時間がたってしまいましたが、昨年末「cafe 火裏蓮花」さんに寄せて頂きました。

こちらも京都らしい風情の、かなりの路地奥にある隠れたカフェです。

初めて行こうと思った方は、果たして見つけられるかな?^^

でも、それもまたいいひとときです。

さあ、路地を通ってお店の前へ。

入ってみると、店内は一人でも気構えることなく落ち着けそうな雰囲気。

夕方、結構遅い時間に行ったので、コーヒーと軽く甘いものをお願いしました。

f0211463_22415171.jpgオリジナルブレンドのオーガニックのコーヒーは

豊かなコクがありながらも、キレがあって軽やか。

メニューにはそれはそれはとても丁寧に

それぞれのコーヒーの味や個性について書かれていて

深い造詣と愛情がおありなんだなぁと感じます。

信楽のものと思われるコーヒーカップも

とってもとっても良い感じ。見逃せませんね。





そして、甘いもの。一口食べてみましたら、すごおおおおおおおおい、です!

見た目の美しさはもちろんのこと、この少しずつ盛られた三種のスイーツは、

コーヒーと同じく、どれもこれも予想を上回るほどのあまりにも本格的な味わいで、

心底びっくりしました。
f0211463_22421415.jpg


お抹茶のケーキは濃厚かつ、風味と香りがいきいきとしていて、

ブリュレは甘みと苦味のコントラストとバランスが、私の口には絶妙でした。

コーヒーゼリーも、コーヒーの繊細な風味をそのままゼリーの中に封じ込めたかのよう。

ちなみに、ゼリーの器は切子!なんて心憎い器選びなんでしょう!!

カフェで甘いものを頂いて、こんなに本格的な品を口にしたのはもしかしたら初めてかもしれません。

f0211463_22423461.jpg
ゆったり居心地良いカフェで

ひっそりと、こんな贅沢で上質な味わいを出されている「cafe 火裏蓮花」さん。

京都にはすごいお店があるんだなぁと、改めて思ったのでした。

この時の写真は、携帯で撮ったので(涙)実物はもっともっと素敵です。

ぜひぜひぜひ!(3回言います)一度足を運んでみてください^^




〒604‐8101
京都市中京区柳馬場通姉小路上る柳八幡町74-4
(鰻屋さんの「梅乃井」さんの手前の路地を進んでください)
地下鉄「京都市役所前」より徒歩5分ほど 
TEL・FAX/075-213-4485
12時30分ぐらい~18時ぐらいまで
不定休
16席 全席禁煙
駐車場・駐輪場はなし

[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-17 22:12 | 日々のはなし | Comments(0)

河原町の梅園さん

f0211463_1918546.jpg
今年になってから、何やかにやと忙しなく日々が過ぎていきます。

お店がお休みの日でも、がさがさごそごそ。

そういえば、丸一日完全オフを取った日はお正月以来ないなぁ、とはたと思い当たりました。

貧乏暇なし、とはよく言ったものです。

先日もパートナーと共に所用で河原町まで出て、歩き疲れた夕方過ぎ。

「ちょっと休ませて~」と、とうとう音を上げてしまいました。

どこか雰囲気のいいお店をと、あっちをうろうろ、こっちをうろうろ。更に消耗のスパイラル・・・

こんな時に店を選ばなくても?と言われるかもしれませんが、そう、河原町といえば京都の繁華街。

ちょっとお茶をするお店ひとつとっても、

まかり間違えば、休憩のつもりが賑やか過ぎて、輪をかけて疲れてしまうこともあったり、

とっても重要なポイント!だから選ばせてほしいのです!

でも、この日は疲れすぎていたのか、頭の中はなーんにもお店が思い浮かばず。

時間もなくなってきて、諦めて(ごめんなさい)某有名カフェに向かおうかと思ったその時・・・

「梅園」河原町店さんの前を一度通り過ぎ、「あああ!」と慌てて引き返したのでした^^

「梅園」さんは、丁寧に作られたみたらし団子やわらびもち、ぜんざいなどが頂ける素敵な甘味処。

河原町店は、大通りに面していますが、かなり小さめな間口のお店構えが奥ゆかしいのです。

他にも、清水店や、烏丸には「うめぞの CAFE & GALLERY」さんなんかもあります。

疲労困憊だった私。この日はつい、白玉ぜんざいとわらびもちのセットメニューを

えいやあっと頼んでしまいました。私にしてはちょっと奮発・・・

運ばれきた甘味は、今日も優しいにこにこ顔の甘さで、私を癒してくれたのでした。

わらびもちは口の中でとろけますし、ぜんざいは甘く、温かく、じ~んわり。

この梅園さんの白玉は、本当に柔らかでほわほわです。

例えて言えば、まるで赤ちゃんのほっぺかお尻のよう・・・

いえいえ、それよりも柔らかいかしら?と口にする度に想像します。

私にとって梅園さんは、河原町でのオアシスなのです^^
[PR]
# by kougeihyakushoku | 2011-02-17 19:26 | 日々のはなし | Comments(0)


手しごとの器・道具 テノナル工藝百職のブログ


by kougeihyakushoku

プロフィールを見る
画像一覧

案内板

手しごとの器・道具
テノナル工藝百職

〒606-8397
京都市左京区
聖護院川原町11-18
11:00-18:00
tel/fax:075-200-2731
kougeihyakushoku@
maia.eonet.ne.jp

【通販について】
職人さんによる手仕事のもの、
作家さんのものにつきましては
商品の性質上、基本的には
通販はしておりませんのでご了承ください


Instagram

◎ホームページ→
◎地図・アクセス→
◎営業予定カレンダーはこちらから→


●次回の日曜百職市
6月開催予定
「京都 北大路のパン屋さん・さざなみベーカリーさんの
店頭マーケット」

*作家さんHPなどなど
工房いろ絵や
木工作家 小塚晋哉
ガラス作家 森谷和輝
陶芸家 叶谷真一郎
陶磁 松本美弥子
陶芸 石原ゆきえ
陶芸 小川麻美
陶芸 齋藤有希子
箒職人 吉田慎司
染織 飯島たま
STELLA 西山眞砂子
京都匠塾
サーカスコーヒー
杜屋
ユーカリとタイヨウ

外部リンク

カテゴリ

テノナル工藝百職
交通のご案内
休業、営業時間の変更など
企画展など
常設のお知らせ
日曜百職市、フード販売など
お取置き、通販について
ワークショップ
本、雑誌掲載
お出かけのススメ
日々のはなし
髙木 剛
工房いろ絵や
森谷 和輝
荘司 晶
小塚 晋哉
飯島 たま
吉田 慎司
yuta須原 健夫
近藤 康弘
永田 美和子
叶谷 真一郎
石原 ゆきえ
松本 美弥子
平野 日奈子
沖原 紗耶
GREGORIO GLEAM
前田 美絵
勢司 恵美
橋本 晶子
瓜生(川上)ゆり
tsuyu.
波多野 裕子
上江洲 久実
清水 善満
只木 芳明
小川 麻美
奥主 悟
齋藤 有希子
永塚結貴
はしもと さちえ
岡 悠
土生 陽子
守崎 正洋
十場 天伸
津田 友子
小林 純生
川口 英利奈
小林達也(小林作右衛門木工舎)
中田 誠
尾崎 祥太郎
濵端 弘太
内海 仁美
佐々木 惠介
編組細工、産地の手しごとの品々
お手入れのおはなし
倉敷意匠
粋更/中川政七商店
nom/nomanga
古道具、雑貨、本など
坂田焼菓子店
ベッカライヨナタン/在庫
おいしい手しごと品
季節のギフト
EBI
若きつくり手からの贈り物展

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

大切なお知らせ ブログからI..
at 2017-08-25 21:40
入荷 近藤康弘さんのマグカップ
at 2017-08-13 16:47
入荷 近藤康弘さんの銅鑼鉢
at 2017-08-12 20:51
入荷 近藤康弘さんの白釉の湯呑み
at 2017-08-12 16:34
入荷 近藤康弘さんのオーバル皿
at 2017-08-11 18:49
臨時休業のお知らせ 8/7(..
at 2017-08-07 11:50
8月WSのお知らせ 「岡悠さ..
at 2017-08-04 11:01

最新のコメント

椀籠についてお問合せくだ..
by kougeihyakushoku at 19:55
コメントへのお返事がずい..
by kougeihyakushoku at 01:19
はじめまして。 小高さ..
by hibinosara at 08:14
鍵コメで旅へコメントして..
by kougeihyakushoku at 15:37
購入したいのですが ど..
by koma at 18:25
ハナさま、コメントありが..
by kougeihyakushoku at 00:01
はじめして。 こちらの..
by ハナ at 15:52
米とぎザルの在庫はまだあ..
by ERIKO at 04:16
Kojimaさま、森谷さ..
by kougeihyakushoku at 18:47
古い記事への コメントす..
by Kojima at 22:25

検索

画像一覧